ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【条件クリアしたら実はたくさん】LCC(ロー コスト キャリア)利用時の空港ラウンジ活用方法

格安航空会社とも呼ばれる、LCC(ロー コスト キャリア)を使っての出張や旅行を行う人も多数いると思います。

このLCCは他の航空会社と異なり、メリハリを利かせた機材運航やサービスの濃淡をつけることにより、料金をさげていますので、基本的には自社で用意している「ラウンジ」はありません。

LCCを使う際に空港のラウンジを使いたい場合は、国内であればクレジットカードラウンジ、海外であればプライオリティパスおよびラウンジキーのような、LCC発のサービス以外の選択肢を持っておく必要があります。

 

f:id:salesconsultant:20190616212226p:plain

 

LCC利用時に国内線にてラウンジを使いたい場合。ゴールドカード以上のクレジットカードを用意し、カードラウンジを利用します。

 

Jetstar、PeachなどのLCCを利用する場合は、JAL・ANAと異なりどれだけその航空会社を利用しようとも、航空会社が用意している専用のラウンジはありませんので、他の会社が行っているサービスを利用せざるえません。

 

日本国内の出張・観光旅行であれば、基本的には空港に用意されているラウンジを利用します。

このラウンジは1時間1,000円といった料金を支払う事でも利用できますが、クレジットカードのゴールドカード以上を保有し、当日の飛行機のチケットを持っていれば無料で利用できることから、クレジットカードラウンジ・カードラウンジなどの名称で呼ばれています。

 

日本国内に有るクレジットカードラウンジと、LCC及びMCCの発着の有無は以下になります。

 

エリア 空港名 ラウンジ名 LCC発着 MCC発着
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ
  函館空港 ビジネスラウンジ A Spring -
東北 青森空港 エアポートラウンジ -
  秋田空港 ロイヤルスカイ - -
  仙台国際空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東 羽田空港 T1 POWER LOUNGE CENTRAL
  羽田空港 T1 POWER LOUNGE NORTH
  羽田空港 T1 POWER LOUNGE SOUTH
  羽田空港 第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南)
  羽田空港 T2 POWER LOUNGE NORTH
  羽田空港 T2 POWER LOUNGE CENTRAL
  成田空港 T1 ビジネス&トラベルサポートセンター -
  成田空港 T1 IASS Executive Lounge 1 -
  成田空港 T2 TEIラウンジ -
  成田空港 T2 IASS Executive Lounge 2 -
中部 新潟空港 エアリウムラウンジ
  富山空港 ラウンジ らいちょう - -
  小松空港 スカイラウンジ白山 -
  中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
  中部国際空港 第2プレミアムラウンジセントレア
近畿 伊丹空港 ラウンジオーサカ
  関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 比叡
  関西国際空港 KIX AIRPORT LOUNGE
  神戸空港 ラウンジ神戸 -
中国 岡山空港 ラウンジマスカット - -
  広島空港 ビジネスラウンジ もみじ -
  出雲空港 エアポートラウンジ -
  米子空港 ラウンジ DAISEN - -
  山口宇部空港 ラウンジきらら -
四国 高松空港 ラウンジ讃岐 -
  徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス - -
  松山空港 ビジネスラウンジ
  松山空港 スカイラウンジ
九州 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
  北九州空港 ラウンジひまわり -
  長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
  大分空港 ラウンジ くにさき
  熊本空港 ラウンジ ASO
  鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
沖縄 那覇空港 ラウンジ華~hana~

※MCC=ミドルコストキャリア:スカイマーク・スターフライヤー・FDA・IBEX等を考慮しました。

 

上記の表に従えば、LCC及びMCC利用であっても、クレジットカードラウンジが使える空港がわかります。

 

注意点1 ターミナルビルが異なる場合は離着陸があったとしても空港内で遠いことが有る。 

成田空港が顕著な例ですが、大きな空港だとLCCの離着陸はターミナルビルがラウンジがある建物と異なるケースがあります。

その場合には、ラウンジがあったとしても使うためには長距離の移動が必要となることがあり、現実的ではありません。ご注意ください。

 

注意点2 クレジットカードラウンジは保安検査場を通過する前に有ることが多数ですので、検査締め切り時間に注意。

 

もう一つの注意点は「時間」です。

 

クレジットカードラウンジの多くは、保安検査場(荷物をチェックするゲート)よりも前に設置されていることがほとんどです。

ラウンジでゆっくりしすぎて、検査締め切り時刻を過ぎていた、、、という事態は避けなければなりません。

 

登場予定時刻の15分前には締め切られるはずですので、遅くとも20分~25分前にはラウンジを退出し、保安検査場に向かってください。

 

クレジットカードラウンジの利便性は千差万別。お酒が飲み放題のラウンジも有れば、電源確保すら難しいラウンジもあります。過度な期待は禁物です。

LCCでも利用できる国内空港のクレジットカードラウンジは玉石混淆です。

 

とても使いやすく最新のラウンジも有れば、とても古く椅子には座れるけどそれ以外は特にめぼしいサービスは無い。というラウンジも有ります。

 

 

f:id:salesconsultant:20170807215621p:plain

↑羽田空港のPOWER LOUNGE 広い空間がとても気持ち良いです。早朝の利用だとクロワッサンの提供も有ります。

 

f:id:salesconsultant:20170520163241p:plain

↑広島空港のカードラウンジ「もみじ」 はっきりいって広島空港のJALのサクララウンジより良いと思っています。

 

f:id:salesconsultant:20170917115508p:plain

 ↑セントレアのプレミアラウンジ2 複数種類のビールが飲み放題です。そして乾きものですがおつまみも数種類用意されています。

 

この他にも、九州の空港にあるカードラウンジは焼酎が飲み放題だったり、青森空港ではリンゴジュースが飲めたりと、地方ならではのサービスが満載のラウンジも有りますが、、、

 

そうでないラウンジも有ります。過度な期待をしないほうが当たりでも外れでも心が揺らぎません。

 

 

とはいえ、搭乗予定時刻近くまで椅子に座りながらゆったりできるのはカードラウンジのメリットです。

ゆったりソフトドリンクを飲みながら、携帯などの充電をしっかりと行い飛行機搭乗前にリラックスできますので、LCC利用時にも積極的にクレジットカードラウンジを利用することはおすすめです。

 

 

↓国内のラウンジが2名無料になるのはアメックスの強み。同行者がいるときはおすすめ。

アメックスの利点 国内クレジットカードラウンジに同伴者も無料で招待できる - ゆらゆら。まったり。

 

LCC国際線利用時は、プライオリティパス・ラウンジキーなどのサービスに加入している必要があります。

 

LCC利用時のラウンジというと、国内の空港ではクレジットカードラウンジの利用がほとんどですが、海外の空港ではごく一部の空港を除いてクレジットカードラウンジはありませんので、LCC利用時には少し困ってしまいます。

 

LCCでの海外旅行時に空港ラウンジを使いたいのであれば、2つの方法があります。

 

一つ目は、AmericanExpressやダイナースのクレジットカードを保有するです。

 

上記の二つは、多くの海外の空港と提携しており、保有しているだけでラウンジを使えることが有ります。

 

f:id:salesconsultant:20190618103158p:plain

出典:AmericanExpress

 

公式の発表をみると、

 

ダイナース:世界850ヵ所

AmericanExpress:世界1,200ヵ所

 

の空港ラウンジを利用することが出来るようです。

 

f:id:salesconsultant:20190617235719p:plain

↑釜山の空港でもダイナースクラブのカードを保有してればラウンジが使えました。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612172339p:plain

↑空港ラウンジの他にもAmericanExpress専用のラウンジもあります。ただしカードステータスはプラチナ以上のクレジットカードに限定されていました。(シドニー空港)

 

 

特に個人観測の中でいうと、ダイナースのクレジットカードはラウンジ利用の条件でよく見ることが有りました。(発表の数とはずれますが)

 

どちらにしても、LCC利用でもダイナース・AmericanExpressのクレジットカードを保有していれば、多くの空港ラウンジを利用することは可能です。

 

ただし、ダイナースもアメックスもカードの年会費は高額な部類に入りますので、わざわざ準備するという事は現実的ではありません。

 

たまたま持っていたから利用した。海外によく行くから作っておくか。ぐらいの間隔のほうが良いと思います。

 

 

f:id:salesconsultant:20190112163808p:plain

 

  

海外空港でのラウンジ 二つ目の方法は、プライオリティパスやラウンジキーなどの専用のサービスの会員となっていれば、LCC利用時にも海外の空港にてラウンジを使うことが出来ます。

 

日本国内にはほぼ対応ラウンジが無いため馴染みがないかたが多いですが、海外の空港では、空港ラウンジを利用することが出来るサービスとして、

 

・プライオリティパス(Priority pass)

・ラウンジキー(Lounge key)

 

などの専用サービスが存在します。

 

LCCで海外旅行する際にも、これらのサービスの権利を保有していればチケットに関係なくラウンジ利用できるため大変便利です。

 

プライオリティパス(Priority pass)とラウンジキー(Lounge key)を引くすると、

 

  • プライオリティパス(Priority pass) 世界1,200ヵ所
  • ラウンジキー(Lounge key) 世界1,000ヵ所

となっていますので、プライオリティパス(Priority pass)のほうが有名ですし使える空港ラウンジも多いです。

 

経験則でもマイナーな空港に行けば行くほどプライオリティパス(Priority pass)対応しかしていないラウンジが多いので、もしどちらか作るのを考えているのであればプライオリティパス(Priority pass)を保有していたほうが便利でだと思います。

 

 

f:id:salesconsultant:20180506224521p:plain

↑ロシアのイルクーツクに旅行した時にもイルクーツク空港のラウンジはプライオリティパスのみ対応していました。

 

プライオリティパスの加入には$99~$429のお金がかかる。ただし、日本だとクレジットカード発行でプライオリティパスの最高ランク(プレステージ会員)が手に入るので安心。

 

プライオリティパスは、一番グレードの低いスタンダード会員でも年会費が$99かかるという代物です。

 

回数制限なく、何度でも海外の空港ラウンジを利用しようと思うと、プレステージ会員になる必要があり、料金はなんと$429/年会費 もかかってしまいます。

 

f:id:salesconsultant:20190618104036p:plain

出典:Priority pass

 

海外の空港ラウンジの利用料金を調べてみると、1回当たりだいたい3,000円~6,000円かかりますので、ご自身の海外渡航回数と照らし合わせてサービスを申し込んでみるのは有りだと思います。

 

しかし、それよりももっとお得な方法は、クレジットカードを発行しプライオリティパスを獲得してしまう方法です。

 

 

日本人だけの特権。楽天プレミアムカード発行でプライオリティパスが発行できます。しかも最高ステータス。 

 

 

日本人だけに許された特権として、楽天が発行しているクレジットカード「楽天プレミアムカード」を作成し、その楽天プレミアムカードの特典としてプライオリティパスを発行ができます。

 

しかも、会員ステータスは一番上位のプレステージ会員、年会費$399支払わなければなることのできない、ステータスが手に入ります。

 

↓年会費1万円なのに、楽天スーパーポイントをこんなにくれて大丈夫なのでしょうか。

 

この楽天プレミアムカード発行による、プライオリティパス入手は超有名な方法ですが、まだの人は確実に行っておきたいサービスです。

 

明らかに$399の年会費のサービスが、10,000円/年で手に入るのは、異常です。

制度が変わる前に入手しておくことをお勧めします。

 

 

 

楽天プレミアムカード以外のクレジットカードでプライオリティパス獲得するのは、年会費がお高めですが、是非比較してみてください。

もちろん、楽天プレミアムカード以外にもプライオリティパスを獲得できるクレジットカードは有りますが、年会費の視点で楽天がとても良いです。

 

私はAmericanExpressが好きで、ゴールドカード⇒プラチナカードと保有しましたが、年会費29,000円のゴールドカードでも、プライオリティパスのプレステージ会員はついてきません。

 

年会費130,000円のプラチナ・カードになって初めて、プレステージ会員の資格が手に入ります。(さすがに13万円なので、同伴者無料の特典もつきますが)

 

楽天プレミアムカードLCCの国際線利用でラウンジを利用したいのであれば、非常に良いカードです。

 

 

実際にフル活用している人に出会いました。世界中でサーフィン旅行している際に飛行機はLCCメイン、空港ではラウンジ活用。ご飯もラウンジで済ますという猛者がいました。

 

楽天プレミアムカード付帯のプライオリティパスをフル活用している人にも出会ったことが有ります。

 

その方は、誰もが知っているであろう会社を辞めて、世界中の海に行く!とサーフィン旅行を計画し実行されました。

 

旅費は極力抑えるためにLCCをメインに移動を続け、世界中の空港ではプライオリティパスを活用してラウンジでくつろいでいたそうです。

 

国内のラウンジは「ご飯」の用意は無いのですが、海外の空港ラウンジの多くには、食事も用意されているので、その人は空港のラウンジで食費を浮かせていたようです。

 

 

f:id:salesconsultant:20190618121211p:plain

 

f:id:salesconsultant:20190618121231p:plain

 

作っただけだと何ら意味はないですが、この人のように最大限活用したり少なくとも2度でも海外旅行でラウンジ使う機会があるのであれば、それだけで年会費分はペイされます。

 

LCCで旅行代金は押さえて、現地で楽しみたい!という人は保有されていても良いのでは無いでしょうか。

 

↓海外旅行が好きなら保有しておきたいカードです。

 

 

 

LCC利用でも、条件さえ理解してクリアしておけば、国内でも海外でも使えるラウンジは複数有ります。座ってゆっくりできて、飲物があって、更にご飯まで食べられるのであれば、活用しない手は無いですね。