ゆらゆら。まったり。

出張をより楽しくするための情報サイト。ご当地グルメから元祖・発祥グルメのお店、飛行機のマイル情報から、お得な宿泊予約方法などをお伝えします。

高雄の高雄国際空港 プライオリティパスで使えるTHE MORE PREMIUM LOUNGE(ザ・モア)を体験してきました

台湾第三の都市である高雄(カオシュン、カオション)には、高雄国際空港という空港があります。

その高雄国際空港を利用する際に、プライオリティパスを保有していると使えるラウンジ 「THE MORE Business center & Premium Lounge」(ザ モア ビジネスセンター & プレミアム ラウンジ)があります。 

高雄国際空港を利用する際にはとてもおすすめのラウンジですので、ご紹介させていただきます。

f:id:salesconsultant:20190112163645p:plain

 

「THE MORE」(ザ モア)は保安検査場を出たら左折して約200mの場所に有ります。

プライオリティパスで利用できるラウンジ、「THE MORE」(ザ モア)は出国手続きを終えて、保安検査場を抜けたら左に曲がってください。

 

そこから約200m程歩くとでかでかとラウンジの看板が出ているのですぐに見つかると思います。

 

f:id:salesconsultant:20190115152018p:plain

 

 高雄国際空港には、エバー航空・チャイナエアライン、そして  「THE MORE」(ザ モア)と3つのラウンジがありますが、プライオリティパスで利用できるラウンジは「THE MORE」(ザ モア)だけとなりますので、ご注意ください。

 

ちなみに、JALの上級会員の場合にはチャイナエアラインのラウンジが利用できますので、該当する方はどちらかのラウンジでゆったりと過ごすことができます。

 

「THE MORE」(ザ モア)の利用条件は複数有ります。

「THE MORE」(ザ モア)を利用することができる方は、プライオリティパス保有者だけではありません。

資格が付与されたクレジットカードを保有しているだけでも利用できるラウンジです。

 

f:id:salesconsultant:20190112163808p:plain

 

「THE MORE」(ザ モア)の入室資格を持つカードたちは以下になります。

  • AmericanExpressのセンチュリオンカード
  • AmericanExpressのプラチナ・カード
  • 台新銀行の対象クレジットカード
  • ダイナースクラブのクレジットカード
  • Lounge keyの会員
  • プライオリティパスの会員

となります。

台新銀行のクレジットカードの年会費は不明ですが、日本でも発行できるクレジットカードに限って言うと、

  • AmericanExpressセンチュリオンカード 年会費 378,000円
  • AmericanExpressプラチナ・カード 年会費 130,000円
  • ダイナースクラブカード 年会費22,000円

と非常に高額な年会費を要するクレジットカードが対象となります。

 

このラウンジに、プライオリティパスを保有しているだけで入室できるわけですから、資格を保有している人はお得であることは間違いありません。

 

f:id:salesconsultant:20190112163838p:plain

 

「THE MORE」(ザ モア)は食事が充実しているラウンジです。豪華な内装の中で台湾グルメが堪能できます。

「THE MORE」(ザ モア)に入室すると、まず驚くのがいつの時代か?誰の趣味なのか?と思わず考え込んでしまう、豪華な家具や内装です。

 

f:id:salesconsultant:20190112163925p:plain

 

あまり座ることが無いような椅子なので、これはこれで面白いのですが、コンセントの設置などは無いので、機能面の部分では少し不満を覚えるかもしれません。

 

f:id:salesconsultant:20190112164000p:plain

 

私はチャレンジしなかったのですが、特別な椅子も用意されていますので、くるまれたい願望をお持ちの方は是非座ってみてください。 

 

f:id:salesconsultant:20190112164033p:plain

 

あまり広いラウンジではないので、利用者の状況によっては非常に混むことが想定されます。

私が利用した高雄ー成田のJALの飛行機の時間帯では利用者はあまりいなかったため、非常に快適に過ごすことが出来ました。

 

とにかく台湾グルメが楽しめるのがうれしい「THE MORE」(ザ モア)の食事達

この「THE MORE」(ザ モア)は、食事が豊富でしかも台湾のグルメを堪能できるので、食事しながら飛行機を待ちたいという方には非常に良いラウンジといえます。

 

特に、朝の飛行機で高雄国際空港を利用する場合、空港内の飲食店もモーニングメニューだけの対応だったりして、満足いく食事がとれません。

 

そんな時には非常に便利です。

 

 f:id:salesconsultant:20190112164615p:plain

 

「THE MORE」(ザ モア)内にて食べることのできる食事達をご紹介します。 

 

台湾焼きいも

f:id:salesconsultant:20190115155905p:plain

台湾で販売されている焼きいもは、日本でいう「安納芋」のような芋を焼きいもにしています。

街中で専門店があるぐらい一般的なグルメの一つですが、その台湾の焼きいもも「THE MORE」(ザ モア)内で楽しむことができます。

 

肉燥及び肉燥飯

f:id:salesconsultant:20190115155949p:plain

肉燥とは、豚の赤身肉を醤油ベースで煮たものです。台湾ではこれをご飯にかけた肉燥飯も多くの飲食店で食べることができます。

この肉燥も電子炊飯器の中になみなみと用意されていて、ごはんをよそった上に好きなだけかけることができます。

高雄グルメを食べ歩きしまくってくると、このような一般的なグルメが食べ漏れてしまうことがありますが、空港のラウンジで補完できるのは非常にうれしいです。

 

饅頭系の食べ物

f:id:salesconsultant:20190115160030p:plain


日本のコンビニで肉まんを保管しているような器具には、饅頭系の食べ物たちが数種類並んでいます。

 

麺類

f:id:salesconsultant:20190115160157p:plain

「THE MORE」(ザ モア)の奥側に進むと、麺を提供してくれるヌードルバーも有ります。

ここでは、メニューに載っている麺をオーダーすることができます。

個人的には、「台湾グルメにて牛肉麺に外れ無し」という信条を持っていますので、おすすめは牛肉麺ですが、その他先ほどご紹介した、肉燥を麺にかけた肉燥麺も楽しめます。

 

おでん

f:id:salesconsultant:20190112165014p:plain

「Oden」という力強いワードと共に用意されています。

 

「THE MORE」(ザ モア)ではハーゲンダッツも食べ放題です!

航空会社系のラウンジでハーゲンダッツ食べ放題は見たことがありますが、プライオリティパスで利用できるラウンジでのハーゲンダッツ食べ放題は珍しいです。 

 

「THE MORE」(ザ モア)では、ハーゲンダッツを食べ放題で楽しめますので、アイス好きの人にはたまらないですね。

f:id:salesconsultant:20190112164902p:plain

 

無料なので、何も文句はないのですが、人気のフレーバーはすくう事が出来ないぐらい、品薄状態になっていました。 

 

f:id:salesconsultant:20190112164924p:plain

 

f:id:salesconsultant:20190112164946p:plain

といっても、たっぷり用意されているフレーバーもあるのでそちらを選べば全く問題はありません。

台湾グルメを楽しみまくって満腹な状態でもアイスは別腹で入りますので、せっかくなので楽しんでみてください。 

 

「THE MORE」(ザ モア)は食事の充実に比べて、ドリンクが弱い。ラウンジ利用がお酒を飲む事が目的の人には少し厳しいラウンジです。

 

非常に強力な食事系の用意に比べて「THE MORE」(ザ モア)はお酒を含めた飲料物のラインナップが貧弱です。

 

お酒を飲んで飛行機をゆったり待ちたい!という利用目的の人には少し残念なラウンジかもしれません。

 

ビールは、青島ビールのビールサーバーがありました。それ以外のビールの用意はなかったです。缶ビールなどもないので、ビールを楽しみたい場合には残念な状況です。

 

f:id:salesconsultant:20190112165222p:plain

ワインやその他リキュールなども、「有るといえば有りますね」状態です。

申し訳ない程度にラウンジの片隅に置かれているだけです。

 

ソフトドリンクも貧弱です。

f:id:salesconsultant:20190112165046p:plain

f:id:salesconsultant:20190112165200p:plain

ドリンクバーでよく見るタイプの器具と、冷蔵庫の中に数種類のソフトドリンクの用意があるだけです。

食事系の充実に対して、飲料物の貧弱ぶりは非常に目立つラウンジです。

 

海外旅行に年1回でも行く人は、プライオリティパスがあると便利です。

 

プライオリティパスがあると便利!という声は多く聞きますが、どんな方にプライオリティパスは向いているかを少しお伝えさせてもらいます。

  • 一人旅が多い人。
  • マイナーな国々への旅も好きな人。
  • 年1回でも海外に行く人

個人的には、上記のうち1つでも該当してれば、プライオリティパスを保有していて損は無いと思います。

そしてプライオリティパスを保有したいなら、直接プライオリティパスに申し込みをするよりも、資格が付与されるクレジットカードを作るのが、日本だとお得となります。

 

 

 

プライオリティパスに直接申し込む場合は、非常に高額なお金が必要。

 

プライオリティパスは、一番グレードの低いスタンダード会員でも年会費が$99かかるという代物です。

 

f:id:salesconsultant:20190115151010p:plain



スタンダード会員だと、保有していても無料でラウンジを利用することは出来ず、利用のたびに$32費用がかかります。

数多く空港利用する人であれば役立つかもしれませんが、あまり魅力は感じません。

 

日本人だけの特権。楽天プレミアムカード発行でプライオリティパスが発行できます。しかも最高ステータス。 

今回、私はプライオリティパスの利用で「THE MORE」(ザ モア)を利用しました。

 

といって、高額な年会費を払ってプライオリティパスというサービスに直接会員になっているわけではありません。

 

日本人だけに許された特権として、楽天が発行しているクレジットカード「楽天プレミアムカード」を作成し、その楽天プレミアムカードの特典としてプライオリティパスを発行しています。

 

しかも、会員ステータスは一番上位のプレステージ会員、年会費$429支払わなければなることのできない、ステータスが手に入ります。

 

↓年会費1万円なのに、楽天スーパーポイントをこんなにくれて大丈夫なのでしょうか。

 

この楽天プレミアムカード発行による、プライオリティパス入手は超有名な方法ですが、まだの人は確実に行っておきたいサービスです。

 

最近楽天ゴールドカードのラウンジ利用に制度改正がありましたし、既存のサービスだからと言って、いつまでもある訳では無いと思います。

 

明らかに$429の年会費のサービスが、10,000円/年で手に入るのは、異常です。

制度が変わる前に入手しておくことをお勧めします。

 

↓海外に年1回でも行くなら保有しておきたいカードです。

 

ロシアのウラジオストクでもイルクーツクでも空港にプライオリティパス利用のラウンジは完備されていました。

 

すごくないですか?

 

ロシア旅行でも役に立つサービスが手に入るなんて。

 

韓国の釜山空港では、航空会社の上級会員が利用するラウンジよりも「良い」ラウンジを利用できました。

 

 

今回は台湾の高雄国際空港ですが、プライオリティパスが利用できるラウンジが無い空港のほうが珍しいので、その他の多くの場所であなたを助けてくれるカードになるはずです。

 

楽天市場などでも活用できますが、私はこのプライオリティパスが欲しいために楽天プレミアムカードを発行しました。

また、楽天プレミアムカードは利用付帯になりますが海外旅行保険も充実していますので、プライオリティパス発行以外にも海外旅行と親和性の高いカードと言えます。

 

以前は、海外ATMでのキャッシングが自動リボというデメリットもありましたが、それも無くなり、使いやすさが向上しているクレジットカードです。

 

 

高雄国際空港は大きな空港ではないので、お土産購入後は時間をつぶす場所があまりありません。プライオリティパス保有者であれば、THE MOREで台湾グルメを食べながら時間を調整できますので、安心ですね。