ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

台湾 高雄で食べる「ガチョウ肉」フォアグラの主であるガチョウがまずいわけがない

世界各国に旅行した際の楽しみといえば、なかなか日本では味わうことが出来ない「肉料理」達との邂逅です。

台湾の高雄に遊びに行った際に、日本ではあまり食べることがない「ガチョウ肉」を楽しんできました。

このガチョウ肉、ビールと最高に合う珠玉の台湾グルメの一つといえます。 

 

f:id:salesconsultant:20190115203736p:plain

 

 

ガチョウは世界各国で食べられている一般的な肉です。肝臓を肥大させたフォアグラは世界三大珍味の一つ。

 

ガチョウ肉と聞くと、日本ではあまり食べる機会がないため多くの方が少し構えてしまうようですが、世界各国を見渡してみると、多くの国々で一般的に食べられている食材の一つです。

ガチョウは、雁を家禽化したものと言われています。飛ぶ力はほとんど無くなっており家畜として非常に重宝されています。

 

賛否両論ありますが、ガチョウに餌を大量に食べさせて肥大化させた肝臓が「フォアグラ」となり、フォアグラ自体は世界三大珍味の一つに数えられる食材となります。

 

そのフォアグラの主であるガチョウがまずいわけがありません。

 

高雄でガチョウ肉を食べるなら、阿國鵝肉(阿国鵝肉)にまずは行ってみましょう

台湾全土で食べられているガチョウですが、高雄(カオシュン、カオション)にてガチョウを食べるのであれば、まずは阿國鵝肉(阿国鵝肉)に行ってみることをおすすめします。

この阿國鵝肉(阿国鵝肉)は高雄にてガチョウを食べる際に非常に有名なお店ですが、有名なお店を利用するのには大きなメリットがあります。

 

有名になっているお店はやはり理由があり、値段が手ごろ、サービスが良い、観光客慣れしているので日本語が通じる、そして味が良い。というような要素を複数クリアしているからこそ、有名になっています。

f:id:salesconsultant:20190115233144p:plain

 

高雄にある、「阿國鵝肉(阿国鵝肉)」もそういった条件をクリアした、利用しやすいお店だからです。

値段は安かったですし、日本語が少しだけ理解できるスタッフもいましたし、味も大変良かったです。

 

f:id:salesconsultant:20190116114036p:plain

 

 

阿國鵝肉(阿国鵝肉)には2種類の味付けのガチョウ肉があります。好みが分かれますが私はスモークされたガチョウ肉が好きです。

 

阿國鵝肉(阿国鵝肉)にてガチョウ肉をオーダーするときに、迷ってしまうのが「どういった味付けのガチョウ肉があるか?」という点だと思います。

阿國鵝肉(阿国鵝肉)だけでなく、多くのガチョウ肉のお店では、代表的な二つの味付けのガチョウ肉が楽しめます。

 

  • 煙燻鵝肉
  • 鹽水鵝肉

この二つの文字が意味する内容を覚えておくとオーダーの際に便利だと思います。

 

煙燻鵝肉 → スモークされたガチョウ肉

f:id:salesconsultant:20190115203830p:plain

 

煙燻鵝肉は字でなんとなく予想ができますが、燻製のようにスモークされたガチョウ肉となります。

皿についてきている塩と大量に乗っている生姜を合わせながら食べます。

 

 

鹽水鵝肉 → 塩味のガチョウ肉

f:id:salesconsultant:20190115203857p:plain

鹽水鵝肉は塩で味付けをされているガチョウ肉です。

こちらの鹽水鵝肉は煙燻鵝肉に比べてもさらに一般的な食べ方となり、ほぼすべてのガチョウ肉のお店で見ることができます。

鹽水鵝肉はすでに塩味がついていますので、お好みに合わせて生姜と共に食べたりします。

 

好みは完全に個人個人で別れると思いますが、私は「煙燻鵝肉」が好きです。

出来れば二つ食べ比べてみて、ご自身のお好きな食べ方を探すことをおすすめします。

 

一皿で何度でも美味しい。ガチョウ肉は様々な部位が出てくるから楽しいです。

ガチョウの半身を中華包丁でたたき切って提供されますので、様々な部位が一皿に含まれているのが楽しいです。

 

骨付きの肉も有れば、切り身となっている肉も有ります。

f:id:salesconsultant:20190115224928p:plain

f:id:salesconsultant:20190115225026p:plain

 

部位ごとによって味わいが全く異なるのは、どの肉でも共通することですが、もちろんガチョウでも同様に楽しめます。

ご自身のお気に入りの部位を探してみてください。

 

阿國鵝肉(阿国鵝肉)の注意点 サイズは「小」で十分。小でもとても大きいガチョウが出てきます。

 

阿國鵝肉(阿国鵝肉)での注意点としては、量が半端ではない。という嬉しい悲鳴が上がることです。

 

今回ご紹介しているガチョウ料理の画像はすべて「小」となります。

小と聞くと足らないんじゃないかな?と思われますが、実際には2人ほどの人数であれば、一皿で十分事足りると思います。

私はどうしてもどちらの味を食べたいので両方頼みますが、一般的には1料理で良いと思います。

頼みすぎて食べられない!という事態にならないように、量には気を付けてオーダーしてください。

 

ガチョウ肉を食べる際の注意点。小骨が確実に入っていますので勢いよく噛むと場合によっては、大変なことになります。

 

ガチョウ肉を初めて食べる人にお伝えしたい注意点があるのですが、それは台湾出会食べる、ガチョウ肉・アヒル肉は確実に肉の中に小骨が入っていますので、勢いよく噛むと大変なことになることがあります。

 

ガチョウ肉を切り分けるときに使用する包丁は、大きな中華包丁でありその中華包丁を使って、骨ごとたたき切ります。

したがって、肉の中には裁断された骨の破片が残ることとなり、さらに鋭利な刃物で切断された骨は、これまた鋭利な状態で残っていたりします。

 

これを知らずにジューシーなガチョウ肉を思いっきり咀嚼したりすると、骨を噛んでしまい人によってはダメージを受けたり、鋭利な骨が歯茎や頬の内側に刺さったりすると、大惨事となります。

くれぐれもガチョウを食べる際には、勢いよく食べずに骨の存在を確認してから噛むことをおすすめします。

f:id:salesconsultant:20190115213631p:plain

 

 

食べ終わるころには、ガチョウ肉の虜になっているはずです、ビールと相性最強のガチョウ肉を台湾の高雄で楽しんでみてはどうでしょうか。

f:id:salesconsultant:20190115203925p:plain

 

 

 

ガチョウというと、ニルスの不思議な旅を見ていた世代なので、主人公と一緒に旅していたガチョウのモルテンを思い出してしまいます。

モルテンよ、君はこんなにも美味しかったのか。。。