ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【実は日本発祥】プリンアラモード発祥のお店で人生初のプリンアラモードを食べた

実は日本発祥のデザートの一つに「プリンアラモード」があります。

このプリンアラモードは、ドリア・ナポリタンも作り出した横浜にあるホテルニューグランドが作り出したメニューとして有名です。

実は、私はプリンアラモードというものを食べたことが無かったのですが、人生初のプリンアラモードを元祖・発祥のお店で食べることが出来ました。

まだ、プリンアラモードを食べたことが無い人も、無類のプリンアラモード好きも食べに行ってみてはいかがでしょうか。

 

f:id:salesconsultant:20190222182656p:plain

 

創業1927年。歴史あるホテルニューグランド内にある「the CAFE」(ザ カフェ)にてプリンアラモードは生まれました。

 

プリンアラモードが生まれた地は、神奈川県の横浜市にある創業1927年のホテルニューグランドです。

 

今も、建設された当時のままの建物を使用しており、その歴史ある建物は1992年には横浜市認定歴史的建造物となり、また2007年には経済産業省が選ぶ、近代化産業遺産の認定を受けています。

 

そのホテルニューグランド内にあるコーヒーハウスthe CAFEにて、日本発祥のデザートである、プリンアラモードを食べることができます。

 

 

プリアラモードは進駐軍米兵の婦人達のために作られたデザート。量が足らなかったと思われる視点が体格の違いを表している。

 

プリンアラモードをホテルニューグランドが考案したのは、日本人のためにではありません。

時は遡り戦後の進駐軍にホテルニューグランドが接収されていた時代、進駐軍米兵の婦人たちに満足を得てもらうために考案されたメニューとなります。

 

 

f:id:salesconsultant:20190222182821p:plain

 

~アメリカ人将校夫人たちを喜ばせたいと考案した一品~

「見た目にも華やかで、満足できるボリュームのデザートを」とパティシエが考案した一品。

プリンをアイスクリームや生クリーム、そして果物で飾ったこのデザートは、そのボリューム故、従来のデザート皿にはのせることができず、コルトンディッシュという特殊な器にもりつけて供されました。

この洗練されたスタイルから、このデザートは”プリン・ア・ラ・モード"と呼ばれるようになりました。

出典:「the CAFE」(ザ カフェ)店内メニュー 

 

おもしろいのは、「見た目にも華やかで、満足できるボリュームのデザートを」の部分です。

きっと、戦後進駐軍と共に日本に入ってきていた奥様方は日本のレストランで提供されるデザートのみでは量がたらなかったのでしょう。だからこそ、「満足できるボリュームのデザートを」という発想が生まれたのだと思います。

 

 

また、引用させてもらった「the CAFE」(ザ カフェ)店内メニュー 内に書かれている「コルトンディッシュ」というお皿は、もともとはオードブルを提供する際に使用されていたお皿のようです。

 

プリン ア・ラ・モードに使われているコルトンディッシュは、もともとはオードブルを載せていた食器。ニューグランドとともに80年以上の歴史を刻むアンティークもの

出典:Allabout旅行

 

新しいメニュー考案時に今あるモノで代用したエピソードは、戦後の物資が少ない時代背景を感じさせるものです。

プリンアラモードは、歴史あるデザートメニューだと思います。

 

 

そもそもプリンアラモードを知らない人のためにプリンアラモードとは何たるかを調べてみました。

 

私も全然偉そうなこと言えないのですが、人生においてプリンアラモードという文字をメニューに見ることが有っても、オーダーしたことありませんでした。

そもそも、プリンアラモードというものがどういうものか知りませんでした。

 

調べてみると、

 

  • プリン・ア・ラ・モード (pudding à la mode) とは、カスタードプディングを中心に、様々な甘味を飾ったデザートの盛り合わせである。
  • カスタードプリンを中心として、乳製品・フルーツ・シロップ・香草が飾られる。
  • 「ア・ラ・モード」は「最新の流行の」「洗練されたもの」を意味するフランス語から取られている。

出典:Wikipedia 

 

との事でした。

 

プリンとアイスとクリームとフルーツと香草が一度に並び、そこにシロップがかかっている。これがプリンアラモードの正体です。呼び方を変えると、プリンとアイスとフルーツの盛り合わせ。という事になります。

 

そして正式名称は、「プリン・ア・ラ・モード」。ちょっと気恥ずかしくて普通にプリンアラモードと呼んでしまいますが。

 

 

プリンアラモードは別々に食べても美味しいモノがワンプレートにのっているから、そりゃあ美味しかった!

 

はじめてプリンアラモードを食べてみた感想は、、、

プリン、アイス、そしてフルーツ。別々に食べておいしいモノが一つのお皿にのっているので、そりゃあ美味しいよね。という感想です!

 

f:id:salesconsultant:20190222184318p:plain

 

シロップが全体にかけられていて、それにより全体の調和を図っている!という事があるのであれば、それは「調理」になると思うのですが、少なくともホテルニューグランド・「the CAFE」(ザ カフェ)のプリンアラモードは、良い意味でシンプル、悪く言うと盛り合わせ!というものでした。

しかし、間違ってはいけないのは食べておいしいから、レストランの提供するものとして「有り」ではあるのです。

 

その点を鑑みて、元祖・発祥のプリンアラモードを食べてみてください!

 

 

 

人生で初のプリンアラモードが、まさか元祖・発祥のお店で食べられると思わなかったので、感慨深いです。山下公園近くのお店なので、横浜出張・観光の際には食べてみてください。