ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

ウィンナーコーヒー日本初上陸 神保町のLADRIO(ラドリオ)は古き良き空間が広がります

東京の神保町にあるLADRIO(ラドリオ)は、日本で初めてウィンナーコーヒーのスタイルでコーヒーを提供したお店といわれています。

神保町という街と融合したこのお店は、ウィンナーコーヒーを楽しむだけではなく古き良き空間を感じることが出来る素晴らしいお店でした。

そんなラドリオをご紹介いたします。

f:id:salesconsultant:20190717173926p:plain

元祖・発祥グルメを食べ歩いている中で、海外の料理などを日本で初めて登場させたお店も取り上げています。

 

店内には音楽と本と煙草の紫煙と、、昭和を思い出す素晴らしい空間がラドリオには残っています。

 

日本で初めてのウィンナーコーヒーを求めてラドリオを利用しましたが、素晴らしい空間に心が躍りました。

レトロな雰囲気は内装が出しているものだではなく、コーヒーと煙草の煙の匂いと音楽が奏でている空気感は、出そうと思って出せるものではなくお店の歴史が、感じさせるものなのだと思います。

f:id:salesconsultant:20190717174647p:plain

煙草の煙は苦手なほうですが、お店が広く席が混み合っていないので隣の席でタバコを吸っていてもそれほど気になることは無かったです。

神保町という立地柄からなのか、レジ前には本棚があり気になる本を読むこともできるようです。

回転率など無視したこの施策はとても良いですよね。ゆったりと座りながらコーヒー飲んで本を読む。そういった過ごしかたが出来るお店です。

 

 

縁あってラドリオで勤務経験がある方から、ウィンナーコーヒー誕生の話を聞くことが出来た。

このラドリオを知るきっかけになったのは、お店で勤務経験がある人と話す機会があり、私が元祖・発祥グルメを食べ歩いていると伝えたところ、であればラドリオのウィンナーコーヒーは是非飲んでください!とすすめられたからでした。

 

聞いたラドリオの話としては、

・採用は基本的に女性スタッフ。一度男性で痛い目を見たことが有るらしい。。。

・ウィンナーコーヒーは初代のママさんが長時間本を読む人が多いた、生クリームでフタをしている冷めにくいコーヒーを求めて提供し始めた。

という内容でした。

 

たしかにラドリオを利用すると、女性スタッフを中心にてきぱきと働いていますし、居心地の良い空間のため、長時間居座ってしまいそうです。

 

上記の話を知った上だと更に楽しく利用できます。

 

ウィンナーコーヒーは生クリームたっぷり。そびえたつクリームが気持ち良い。

 

ラドリオのウィンナーコーヒーは、誰もが想像できるオーソドックスなスタイル。

 

そびえ立つ生クリームは迫力があります。 

 

f:id:salesconsultant:20190717174920p:plain

ウィンナーコーヒーってどうやって飲んでよいモノかわかりにくいですが、調べてみると正式な飲み方は特に無いようです。

ご自身が好きなように飲むのが良いとの事ですが、一応スプーンがついている場合は、生クリームをスプーンで適量とり食べて、そして飲んでというスタイルが良いようです。

 

また、長時間利用に対応したサービスもありました。

 

f:id:salesconsultant:20190717174733p:plain

 

ウィンナーコーヒー、ブレンドコーヒー、アイスコーヒーをご注文のお客様に限り、2杯目からブレンドコーヒー200円です。

 

ウィンナーコーヒーを飲み終わった後も、ブレンドコーヒーを200円で頼むことが出来ます。

 

本などを読みながら長時間利用したい人には非常にありがたいサービスです。

 

f:id:salesconsultant:20190717174818p:plain

 

これが日本初のウィンナーコーヒーか~、と歴史に思いをはせながら飲むウィンナーコーヒーは格別でした。

東京出張などで神保町にお立ち寄りの際には、最高の空間を堪能してみてください。

 

 

 

田舎育ちなので、テレビや小説で出てくる「喫茶店」というモノに憧れます。現在ではカフェが主流となりなかなかお目にかかることが出来ない、勝手にイメージとして出来上がっている喫茶店、ラドリオではそのイメージが実体化していて最高に良い空間でした。ウィンナーコーヒーに興味が無くても利用してみて損はないと思います。