ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【安すぎる】鹿児島空港では奄美名物の「鶏飯」をバイキングでお腹一杯楽しむ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鹿児島空港には激安且つご当地グルメという非常にうれしい空港グルメがあります。鹿児島県で多く食べられている、「鶏飯」(けいはん)を格安の料金で食べ放題で楽しめるお店があり、鹿児島に来た際には確実に食べておきたい空港グルメとなります。

f:id:salesconsultant:20181013194700p:plain

 

鹿児島空港で食べるべき鶏飯(けいはん)とはこんなグルメ

 

鹿児島県の郷土料理である鶏飯は、日本各地に有る「とりめし」とは同じ漢字ですが読み方が異なり、「けいはん」と呼びます。

「鶏飯=とりめし」が炊き込みご飯に近いタイプの食べ物であるのに対して、「鶏飯=けいはん」は出汁茶漬けの様な食べ物です。

 

元々は奄美大島で古くから食べらえており、当初は現在の様な鶏のスープではなく、野鳥などを材料に鶏飯は作られていたようです。本土の役人をもてなす際には野鳥ではなく、鶏が使われそのまま鶏での鶏飯が残っていったようです。

 

1945年に奄美市に有る「旅館みなとや」の主が現在のスタイルで提供を始め、そのまま定着したと言われております。

 

まあ、言ってしまうと鶏スープをかけた出汁茶漬けなのですが、具材の素朴な味わいと共に、鶏スープの優しい味わいが重なりなんとも言えない郷土料理に仕上がっています。

 

鹿児島空港で鶏飯が食べられるのは「大空食堂」

鹿児島空港で名物料理である鶏飯を食べることが出来るのは、「大空食堂」さんになります。看板に書いてある777の数字が空港の食堂であることを強調してきますね。

 

f:id:salesconsultant:20181013195957p:plain

この大空食堂さんの場所は、鹿児島空港での通常のレストラン街である「3階」では無いので注意が必要です。

大空食堂さんは鹿児島空港国内線ビルの「2階」にて営業していますので、お間違え無い様にしてください。

 

f:id:salesconsultant:20181013200327p:plain

↑3階に上がっていくエスカレーターの後ろ側にあります。大空食堂は鹿児島空港の2階ですので気を付けてください。

 

大空食堂さんでは勿論、鶏飯以外のメニューも充実しています。

f:id:salesconsultant:20181013200507p:plain

f:id:salesconsultant:20181013200638p:plain

↑焼酎は100銘柄以上も用意されており、流石鹿児島の空港食堂という感じがします。

 

他のメニューにて気になるのは、薩摩豚汁定食などのメニューが気になりますが、ここは初志貫徹、空港で食べるご当地名物という事で鶏飯をオーダーするようにしましょう。

 

大空食堂での鶏飯バイキングのオーダー方法から作り方までを解説します

鶏飯バイキングの注文方法

鶏飯バイキングのオーダーの仕方は簡単です。メニューに書いてありますので、そのまま注文してください。 

驚くべきはその提供方法です。

空の器がトレイに並べられて出されます。飲食店で空のお皿が出される経験は中々無いと思いますので、少し驚きます。

 

f:id:salesconsultant:20181013200846p:plain

左が鶏飯用の容器で、右がサラダ用の容器です。鶏飯バイキングをオーダーするとサラダバイキングも付いてきますが、「サラダ」と言ってもこれはキャベツのバイキングの事ですので、ご注意ください。

 

大空食堂での鶏飯の作り方

空の容器が用意出来たら、その器をもって店舗入り口方面に行きましょう。鶏飯バイキングは店舗入り口付近に有るバイキングコーナーで作ることが出来ます。

f:id:salesconsultant:20181013201845p:plain

 

器にまずはご飯を入れ、その上にトッピングをしていきます。

トッピングの材料は

  • シイタケ
  • 錦糸卵
  • 紅ショウガ
  • 漬物
  • ゴマ

が一般的です。ホテルの朝食などで他の鶏飯も食べたことは有りますが、上記の5種類の場合が多いので大空食堂の鶏飯も一般的なトッピングが揃っていると言えます。

 

f:id:salesconsultant:20181013201920p:plain

「漬物」は鹿児島市内で鶏飯を食べると、たくあんであることが多いですが、奄美大島ではパパイヤ漬けが多いようです。

注意点としては、ご飯をたくさん入れすぎるとこの後に投入するスープが入れづらくなります。ご飯の量は適度に半分ほどの量がきれいに盛り付けられると思います。

f:id:salesconsultant:20181013202425p:plain

盛り付けが終わったらここに鶏のスープをかけて完成です。

 

f:id:salesconsultant:20181013202448p:plain

このスープを入れる際の注意点は、鶏の肉が沈殿しており何も考えずにスープを取ってしまうと、上積み部分しか取ることが出来ません。しっかりとスープをかき混ぜて下に沈んでいる鶏の肉をすくい上げることが必要です。

コツは均等に沈殿しているわけでなく、鶏の肉は固まって沈殿しています。そのカタマリをお玉で探し当て、スープ内に攪拌されるように混ぜることが重要です。

f:id:salesconsultant:20181013194700p:plain

↑お好みでノリをかけても良いと思います。

 

大空食堂での鶏飯バイキングは驚異の580円 この値段でご当地名物が食べられるのは嬉しい。

この鶏飯バイキングですが、大空食堂さんは驚異の値段設定で提供してくれています。なんと、料金は580円です。レジでの支払いは580円ぽっきりでしたので、万が一お財布の中に580円しかなくても食べることが出来ます。

おそろしい価格設定です。

どうしても空港グルメは値段が高いお店が多いのですが、この鹿児島名物の鶏飯は大空食堂さんのおかげで580円で食べられる至高の空港グルメと言えます。

 

朝10時迄は鶏飯バイキング+朝食バイキングで800円で提供しています。

一つだけ注意点は、大空食堂さんでは朝の10時まではモーニングメニューをしており、その際には鶏飯バイキング580円ではなく、朝食バイキングとして鶏飯+朝食が食べ放題で800円にて提供されています。営業時間は驚異のAM6:40~なので、朝一の飛行機の方も利用できる可能性が高いです。

正直鶏飯だけを食べたい場合が多いのですが、メニューであるので仕方ありません。AM10:00迄に利用する場合は、朝食バイキング800円になる点を了承ください。

 

と言っても、800円だとしても鹿児島県名物を食べることが出来ると思えば非常に安いのではないでしょうか。

 

 

空港で食事を済ませるという事は出張・旅行でも多くあることだと思います。折角なその土地でしか食べられないモノを食べたいです。この大空食堂での鶏飯バイキングはメニューの珍しさ、そして料金と言う事なしの空港グルメだと思います。