ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

羽田空港国際線ターミナルにある本屋「改造社書店」は海外旅行に必要な本がたくさんあります。

羽田空港国際線ターミナルビルにある本屋さんに、「改造社書店」があります。海外旅行に便利な本も多数取り揃えている本屋さんなので、海外旅行前に情報収集及び、抜け漏れない準備を改造社書店にて実施してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:salesconsultant:20190122150015p:plain

 

改造社書店の羽田空港店は保安検査場前にある本屋なので、どなたでも利用可能です。

 

羽田空港の国際線ターミナルにある、改造社書店はターミナルビルの4階にあります。

この場所は、出国手続き前に立ち寄れる場所ですので、どなたでも利用が可能な書店となります。

 

 

f:id:salesconsultant:20190123194726p:plain

羽田空港の江戸小路エリアにありますので、お店の外観もそれに合わせた形となっており、ユニークな一見本屋とはわかりづらい外観となっています。

 

海外旅行に便利な本が多数あります。地球の歩き方、指差し会話帳は渡航エリアによっては確実に持っておきたい本です。

 

改造社書店自体は、都内や長野県、そして成田空港などで複数店舗営業している本屋です。

 

f:id:salesconsultant:20190126154034p:plain

↑長野県松本市 松本駅にある改造社書店 一般的な外観の本屋です。

 

 

 

しかし、この羽田空港にあるお店は流石空港にある本屋です。

これから、旅に出る人にとって便利な本が複数置いてあります。

 

ガイドブック系でいうと、「地球の歩き方」が多くの国を網羅する形で置かれております。

 

f:id:salesconsultant:20190122150053p:plain

 

最近では、電子版の他のガイドブックなどに押されているようですが、渡航する区によっては、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを外で他の人に見える状態で使っていること自体が危険だったりします。

本タイプの地球の歩き方は重量の問題はありますが、わざわざこのガイドブックを盗んでいく人はあまりいないですので、そんな国に遊びに行くときには重宝したりします。

 

もちろん、圧倒的な情報量がウリですので、その点もうれしい本です。

 

出国前に改造社書店に立ち寄って、ご自身が行かれる国を再度調べておくと良いかもしれません。勿論気に入ったら購入できますので。

 

ロシアやアジアの田舎に行くときに便利な指差し会話帳もあります。

 

英語圏以外に遊びに行く際に重宝するのは、なんといっても「指差し会話帳」だと思います。

観光地はつたない英語でも会話が通じたりしますが、英語圏でない例えばロシア連邦に遊びに行ったりするときや、アジアでも田舎のほうに行くとその国の母国語しか通じないことのほうが一般的です。

そんな時、この指差し会話帳をもっていれば、単語も理解できますし、何より例文も豊富にあり、会話を成り立たせることも可能です。

 

f:id:salesconsultant:20190122150123p:plain

 

私も、英語通じない国に行くときにはボディーランゲージと指差し会話帳を駆使して乗り切ります。

一冊あればその国は次回以降も利用できるため、結構購入しています。

こちらも、最近ではグーグル翻訳をつかったり、そもそもアプリでの利用も可能なんですが、やはりデバイスの盗難リスクがあるので、人前ではなかなか使いたくない場合など、やはり本は便利です。 

 

ひまつぶしに最適な本も多数あります。バッテリー残量を気にしなくてよい紙の本はやはり旅の最高の友です。

 

もちろん、改造社書店には旅関連の本以外も多数取り扱いがあるので、ご安心ください。

 

f:id:salesconsultant:20190122150150p:plain

 

個人的には、荷物になっても旅行・旅には紙の本を1冊は持っていくことにしています。これは、バッテリー残量を気にしなくても良い娯楽として利用するからです。

最近は電子書籍も購入しますが、やはり長時間の移動が絡んでくる海外への旅の際には、どうしてもバッテリーが気になることが多くあります。

出来るだけ、現地についてからの情報収取などで困らないように余力を残したいため、紙の本で機内を過ごすことも多いです。

 

旅のお供を改造社書店さんで購入してから、海外に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

国際線は長時間にわたる飛行があるので、念には念を入れて準備しておいて損はないです。また、現地で困らないことを想定した準備も重要です。