ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

羽田空港限定のお土産購入 国内線第2ターミナルのインスタントラーメン自動販売機で限定お土産購入

スポンサーリンク

スポンサーリンク

羽田空港の国内線第2ターミナルには、お手軽に購入できる羽田空港限定のお土産が販売されています。

お値段なんと、250円。

定額で東京出張、観光・羽田空港お土産を購入したいときには便利です。

本当に羽田空港でしか買えないので、希少性もあると思います。 

 

f:id:salesconsultant:20181212184218p:plain

 

羽田空港限定のお土産は、自動販売機で買う「空港限定インスタントラーメン」場所はANAがメインの第二ターミナルですのでご注意ください。

 

羽田空港の限定お土産を購入できる自動販売機は、国内線第2ターミナルにあります。第1ターミナルには、無いのでご注意ください。

第2ターミナルをメインで使っている航空会社はANAになりますので、ANAをよく使う人は利用しやすいと思います。JAL利用が多い人で、どうしても限定インスタントラーメンが欲しい人は、歩いて連絡通路を渡るか、連絡バスを使って第2ターミナルに向かうしか方法はありません。

 

第2ターミナルの出発フロアのほぼ中央に近いところに、自動販売機があります。

 

地図を貼っておきますが、近くに行けばすぐにわかると思います。

 

f:id:salesconsultant:20181212190557p:plain

とにかく目立つ自動販売機ですので。

 

わずか250円で、羽田空港限定のお土産が購入できるのは、気分が良い。エアポート羽田空港ラーメンでサクッとお土産を購入してしまいましょう。

 

限定品にも関わらず、驚異の値段であるエアポート羽田空港ラーメンはわずか250円にて購入できます。

 

f:id:salesconsultant:20181212184254p:plain

 

自動販売機にもポップが貼ってありますが、本当に他では買えないようですので、お土産に非常に向いた商品といえます。 

 

エアポート羽田空港ラーメンは江戸前しょうゆ味。袋のデザインも空港ならではのデザインでとてもうれしい。

 

エアポート羽田空港ラーメンの味は、「江戸前しょうゆ味」ということで、ここでも東京らしさが醸し出されています。 

 

f:id:salesconsultant:20181212184420p:plain

 

袋のデザインも、飛行機や東京タワー、スカイツリー、浅草の雷門そして富士山など、関東・東京にちなんだものが多数並ぶかわいらしいデザインです。

「東京行ってきました!」というお土産としてはとても良いのではないでしょうか。

 

デザインで気になるのは、何故か「きりん」がいることですが、袋の後ろ側を見るとその理由がすぐにわかりました。

ラーメンの監修にはキリマルラーメンが入っているとのことでした。

 

f:id:salesconsultant:20181212184502p:plain

 

キリマルラーメンは愛知県碧南市の製粉会社が手掛けていたインスタントラーメンで、以前は「キリンラーメン」という商品名で展開していました。

1958年からキリンラーメンの名前で地元の人には愛されていたようです。

それが、2010年に全国展開してから問題が発生してしまい、あのキ〇ンさんから、名前の部分で商標の問題があるとご意見をいただくこととなってしまい、仕方なく2018年に名称変更をしています。

→変更後の名前がキリマルラーメンです。

 

商品のキャラクターは変更なく、かわいい「きりん」が使われているのですが、そのきりんさんがエアポート羽田空港ラーメンのパッケージにも登場していたというわけです。

 

エアポート羽田空港ラーメンを購入した時には、世知辛い世の中のことを少し思い出してしまいますね。

 

エアポート羽田空港ラーメンを発売しているやかん亭はインスタントラーメン専門店

 

キリマルラーメンと共に、エアポート羽田空港ラーメンの袋の後ろに名前があるのが、「やかん亭」さんです。

 

やかん亭さんは、インスタントラーメン専門店として、そしてインスタントラーメンを使ったフランチャイザーでもあります。

 

f:id:salesconsultant:20181212184702p:plain

 

この二つの企業によってエアポート羽田空港ラーメンは作り出されているようです。

 

羽田空港のインスタントラーメン自動販売機は、エアポート羽田空港ラーメンだけでは無い。日本各地の「変わった」インスタントラーメンも取り揃えています。

 

羽田空港限定のお土産目当てで自動販売機を訪れている人には関係ないですが、変わったインスタントラーメンが欲しくて自動販売機を訪れている人には、この羽田空港の自動販売機は宝箱です。

 

なぜなら、日本各地の変わったインスタントラーメンが販売されているからです。

 

f:id:salesconsultant:20181212184325p:plain

 

あくまでもエアポート羽田空港ラーメンは一商品で、それ以外のラーメンの割合のほうが多いです。

こちらはやかん亭さんが自動販売機自体もプロデュースしているようですので、ラインナップには間違いがないものになっていると思われます。

 

個人的に気に入っているのは、秋田県の比内地鶏白湯ラーメン

なんどか、変わったインスタントラーメンを購入しているのですが、個人的に気に入っているのは、秋田県のインスタントラーメンである、比内地鶏白湯ラーメンです。

 

味も良いのですが、キャッチコピーが秀逸です。

 

「おいしい秋田をぐっと飲み干す」 

 

なんだか、とてもおいしそうに感じてしまいます。
f:id:salesconsultant:20181212184532p:plain

 

 こちらのイメージキャラクターは「うま美さん」です。

f:id:salesconsultant:20181212184611p:plain

 

これ以外にも恐ろしいインスタントラーメンから、キャラ物のインスタントラーメンまで幅広くそろっていますので、エアポート羽田空港ラーメン購入に合わせて気に入ったインスタントラーメンを購入しても面白いかもしれません。

 

 

羽田空港には変わった自動販売機がたくさんあるのですが、このインスタントラーメンの自動販売機は一つ抜けています。

羽田空港の限定土産と銘打たれているものは多いですが、これほどに安価で運びやすいお土産もないので、検討してみてはいかがでしょうか。