ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

ウルル(エアーズロック)でのクレジットカード事情。持って行ったほうが良いクレジットカードもご紹介。

ウルル(エアーズロック)に旅行でのクレジットカード利用が不安でしたが、問題なく各種カードが利用できました。

利用の際の注意点などをまとめました。

 

f:id:salesconsultant:20190516204917p:plain

 

 結論

  • ウルル(エアーズロック)観光の際には、ほとんどのクレジットカードが使えます!
  • VISA・Mastercardだけではなく、JCBやAmericanExpressも問題なく利用できます。
  • 手数料がかかるので、そこを気にするならVISAカードがやはり最強。

  

ウルル(エアーズロック)周辺のお店はクレジットカード利用問題無しです。

海外旅行の際に不安になるのは、お金が足らなくなったらどうしよう。といった資金面の不安が多いと思います。

 

特に不安になるのは、都市部ではなく地方に行く際です。現金が無く、そして手持ちのクレジットカードが使えなかったら旅行計画自体を見直さなければなりません。

 

オーストラリアの一大観光地であるウルル(エアーズロック)は、観光地といえども大都市シドニーやメルボルンなどの都市から2,000km以上離れている田舎ともいえる場所です。

 

不安です。

 

私も実際に現地を訪れてみるまでは、クレジットカードの利用状況は分かりませんでした。

 

しかし、訪れてみるとそんな不安は杞憂でした。

 

VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpressと日本でも多くの人が持っているクレジットカードブランドは問題なく利用できました。

 

 

特にうれしいのはJCB・AmericanExpressが問題なく使えた点。多くの海外の都市では使えないことが多いので、非常に安心感を持ちました。

 

JCBやAmericanExpressをメインに使われている人も、ウルル(エアーズロック)観光の際には、比較的安心だと思います。

 

f:id:salesconsultant:20190520173701p:plain

↑エアーズロックリゾート内に有るスーパーにもJCBやAmericanExpressのステッカーが貼ってあるので、安心感が有ります。 

私が保有していないのでDiners Club(ダイナースクラブ)は、確認できてません。保有しているdiscoverのステッカーも見なかったので、もしかしたらあまり使えないかも。

 

ウルル(エアーズロック)に行かれる際には、お手持ちのクレジットカードで使用については事足りると考えられます。

 

手数料に気を付けよう。オーストラリアでは手数料を利用者負担にすることが合法です。

 

ウルル(エアーズロック)を含めたオーストラリア全般ではクレジットカード利用が問題ないわけですが、日本と少し違う部分もあるので注意が必要です。

 

それは、カード利用時に「手数料」という名目で利用金額に対してフィーをとることが合法となっています。

 

つまり、手数料の徴収がされるという事です。

 

f:id:salesconsultant:20190520223346p:plain

 

といっても、利用者から取っても取らなくても良い。となっているので、利用者負担ではないお店も多数有りますが、取られるときには取られます。

 

旅行において取られやすい場所としてはタクシーやホテルが代表的です。

 

ところ変われば法律も変わるわけなので、これは仕方がないとあきらめましょう。

 

 

やっぱり強いのはVISA・Mastercard、JCBやAmericanExpressと比べて手数料率が低いことが多い。

注意点としては、使っているクレジットカードのブランドによって手数料率が異なることです。

 

多くのお店で、

VISA・Mastercard ⇒ 手数料低い

JCB・AmericanExpress ⇒ 手数料高い

 

という結果でした。

 

お店ごとに異なるので一概には言えませんが、

 

VISA・Mastercard ⇒ 0.4%ほど

JCB・AmericanExpress ⇒ 1.4%ほど

 

の手数料がかかるという記述を見ました。

 

手数料を極限にまで抑えたいのだ。という方であれば、VISA・Mastercardの利用を積極的にしたほうが良さそうです。

 

日本国内でクレジットカードを利用していると、あまり世界のクレジットカードシェアなど気にならないと思いますが、下の表と画像を見てもらうとわかる通り、世界の国々ではVISA・Mastercardの利用が圧倒的シェアを取っています。

 

  2014 2015 2016 2017
VISA 58% 56% 54% 50.0%
Mastercard 26% 26% 26% 25.6%
Union Pay 10% 13% 15% 19.8%
American Express 3% 3% 3% 2.5%
JCB 1% 1% 1% 1.1%
Discover/Diners 1% 1% 1% 0.8%

 

f:id:salesconsultant:20190128120556p:plain

出典:https://www.nilsonreport.com/

 

そして実は日本でもお店側が負担している手数料はVISA・Masterが安いのでお店的にはクレジットカード支払いであるならば、VISA・Mastercardが好ましい。という考えのお店も存在します。

 

どうせクレジットカード払いするなら、安いほうが良いと思いますので積極的につかうのはVISA・Mastercardが良いです。

 

 

AmericanExpressホルダーの人はアジア旅行では感じることのできない安心感とステータス感を持つことが出来る。

 

手数料だけ考えたらVISA・Mastercardが良いわけですが、オーストラリアはAmericanExpressの普及も進んでいる国でした。

 

ウルル(エアーズロック)に行かれる際に、日本からの直行便は無いのでシドニーやメルボルンを経由することになるのですが、シドニー空港にはAmericanExpress Loungeがあります。

 

これはすごく珍しいです。

 

AMEXホルダーの方は是非利用してほしいラウンジですので、ウルル(エアーズロック)旅行にはアメックスのクレジットカードも持っていくべきかと思います。

f:id:salesconsultant:20190520154631p:plain

 

f:id:salesconsultant:20190520173542p:plain

 

ラウンジを利用できるカードの中には、日本発行だとセンチュリオンとプラチナカードしか券面の紹介は無いですが、

 

個人ブログを読んでいると、AMEXのゴールドカードやSPGAMEXカードでも利用できたという人がいますので、チャレンジしてみても良いと思います。

 

 

街の中にもAmericanExpress利用可能のステッカーや、AmericanExpressが出している広告も多数あり、普及具合がわかります。

 

f:id:salesconsultant:20190520173801p:plain

 

f:id:salesconsultant:20190520173625p:plain

 

オーストラリアは、安心してアメックスが使える国の一つですし、それはウルル周辺でも同様でしたので心配なく旅行できると思います。 

 

 

 

使用は問題ないので、あとは海外旅行傷害保険の充実をしておくと安心感が高まります。

ウルル(エアーズロック)周辺では、VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpressであれば不安なく過ごせることがわかっていただけたと思います。

 

お手持ちのクレジットカードで「利用」は問題ないわけですが、もう少しだけ気にしておくべきポイントとしては、クレジットカード付帯の海外旅行生涯保険の額だと思います。

 

多くのクレジットカードは、利用付帯=利用したら適用 もしくは自動付帯=持っているだけで適用、と二つには分かれますが海外旅行傷害保険がついているケースが多いです。

 

 万が一の事故の時には補償されるわけですから、しっかりと準備しておいて損は無いです。

 

JCB・AMEXをメインカードにしていて、VISA・Mastercardを持っていない場合は以下のカードがおすすめです。

 

日本国内でJCBをメインカードにしている場合は、不安の少ないオーストラリアとはいえVISA・Masterのどちらかは予備で持っていたほうが無難です。

 

海外旅行保険が「自動付帯」のエポスカード

海外旅行用にクレジットカードを新しく作るなら、エポスカードをお勧めします。

理由は2点

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険がなんと自動付帯

からです。

 

↓海外旅行にクレジットカードを考えている人はこちらへ

 

エポスカードは国際ブランドがVISA

世界最大シェアのVISAが国際ブランドになりますので、圧倒的に利用できる店舗が多くて安心です。

 

エポスカードは年会費が無料

クレジットカードは年会費が積みあがっていくと結構な金額になってしまいます。

 

海外旅行だけのためにクレジットカードを持った場合、そのクレジットカードに年会費がかかってしまっていては、もったいない事態となります。

 

その点年会費が無料なエポスカードなら保有していてもコストがかからないため、保有枚数を増やしたとしても安心です。

 

使わなくてもうれしい特典。海外旅行傷害保険がなんと自動付帯。

最大にうれしいのは、持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯してきます。

 

f:id:salesconsultant:20180217132501p:plain

 

海外で使うので自動付帯でなくても良いかもですが、万が一利用する前に事故等に遭った場合にも自動付帯なら保障されます。安心感が違います。

 

反対に、お手持ちのクレジットカードの海外旅行傷害保険が「利用付帯」であれば、利用しないと保険が適用されませんので、ご注意ください。

 

年会費無料で海外旅行傷害保険を手に入れるべく、是非検討ください。

 

 

エポスカードはゴールドカードもお得で、年間50万円以上使えば翌年以降年会費無料など、恐ろしいゴールドカードだったりします。

 

f:id:salesconsultant:20190520224428p:plain

 

普通のエポスカードを作って、利用実績を積みゴールドカードのインビテーション(招待)が来た場合は、50万円使わなくても年会費が永年無料という太っ腹です。

 

一枚保有しておいて、海外旅行時に使ってもいいですし、持っているだけでも良いですし、メインカードにして年会費無料のゴールドカードにするのも良いですし、多くのメリットがあるカードです。 

 

 

海外旅行傷害保険を最大限に手に入れたいなら、AmericanExpressゴールドカードも強力な選択肢の一つ。

 

また、海外で利用する用途ではなく海外旅行傷害保険に絞って考えるなら、AmericanExpressゴールドカードも強力なクレジットカードです。

 

このカードは、クレジットカードというよりは手厚い海外旅行傷害保険を手に入れるためのクレジットカードとも言えます。

 

 

旅行代金の支払いなどに使用した場合は、最高一億円

 

利用していない場合は、最高5,000万円

 

という驚異の金額の保険です。

f:id:salesconsultant:20190224132809p:plain

 

家族のためにも作っておくと万が一の時に強力なのがAmericanExpressゴールドカード

 

 

 

 

AmericanExpressのゴールドカードでもシドニー空港のAmericanExpress Loungeが利用できるという情報も出ています。

シドニー経由でウルル(エアーズロック)に向かう人は更にありがたいカードになると思います。

 

シドニー空港はプライオリティパス利用でのラウンジが無く、飲食店利用がほとんどなのでラウンジが利用できるようになるのは最高にうれしいです。

 

海外利用のクレジットカードの注意点は

 

個人的には海外旅行用のクレジットカードは短期の海外旅行であれば、限度額を低くしておくことをお勧めします。

 

これは万が一スキミング等の犯罪に有ったり、紛失・盗難してしまった場合、被害を最小限に食い止めるためです。

 

私も海外旅行用にエポスカード(VISA)やセディナカード(Mastercard)を持っていますが、限度額は20万円にしています。

 

年会費無料であれば海外旅行時に持っていて損は無いのがクレジットカードですので、安心を手に入れてみてください。

 

 

 

海外旅行時に手持ちのクレジットカードが問題なく使えるだけで安心します。ウルル(エアーズロック)はその立地から行くまで心配していたのですが、行ってみたら全く問題なく各種カードが使えてとても安心しました。