ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【やはり銀聯が必要】広州のクレジットカード事情を徹底解剖

麻婆豆腐発祥の都市、そして大量のパンダと触れ合うこともできる魅惑の都市、中国の成都に遊びに行くならば、確実に持っておきたいクレジットカードをご紹介します。

 

f:id:salesconsultant:20190813161543p:plain

 

 

中国の広州に旅行に行くならば、「銀聯カード」があると安心です。

 

まず初めに結論をお伝えすると、中国の広州に遊びに行くならば、中国が発行している国際ブランドである、銀聯カード(ユニオンペイ)のクレジットカードを手元に一枚用意しておくことをおすすめします。

 

理由としては、他の国際ブランドである、VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress・ Diners Clubを利用できるお店がほとんどないため、中国で普及している銀聯カード(ユニオンペイ)を持っていないと使えるお店が限られてしまうためです。

  

 

 

世界のクレジットカード事情と異なる中国でのクレジットカード利用可能店舗。

 

通常、海外旅行に持っていくべきクレジットカードは実は結論が出ています。

 

VISAとMastercardの2枚を持っていけば、ほぼすべての国・ほぼすべてのお店で対応可能なため、この2つのマークが書かれているクレジットカードをそれぞれ持っていけば、困ることはほとんどありません。

 

参考までに、世界でのクレジットカードブランドでの年間取引量の表を見てください。

 

  2014 2015 2016 2017
VISA 58% 56% 54% 50.0%
Mastercard 26% 26% 26% 25.6%
Union Pay 10% 13% 15% 19.8%
American Express 3% 3% 3% 2.5%
JCB 1% 1% 1% 1.1%
Discover/Diners 1% 1% 1% 0.8%

 

f:id:salesconsultant:20190128120556p:plain

出典:https://www.nilsonreport.com/

 

 

これは、取引量なので、イコール利用可能店数とはなりませんが、取引が多いという事は利用できる店舗も多いとも言えます。

 

見てもらうとわかる通り、VISAカードが圧倒的な取引量を誇り、その次点としてMastercardが迫っていましたが、近年では中国の方々のクレジットカード利用も増え、銀聯カード(ユニオンペイ)の取引量が増えていることがわかると思います。

 

中国以外の国であれば、この表を見た上でもVISA・Masterのクレジットカードで十分すぎるほどに対応できるのですが、中国本土はそうはいきません。

 

 

 

世界シェアNo.1のVISAでも、「なんですか?これは?」と受け付けてくれないことが有ります。

 

その時に必ず言われるのは、「UnionPay?(ユニオンペイ?)」と銀聯カードは持っていないか?と聞かれるわけです。

 

北京や上海ならいざ知らず、成都のような巨大都市でもまだまだVISAカードの普及がなされていないのが現状です。

 

2017年末のデータでは、銀聯カードとVISAカード。中国での加盟店数の差は

 

銀聯カード「2,800万」 V.S VISA「37万」 

 

その差が約75倍も離れています。世界最強のVISAでも中国では話が異なるわけですね。

 

郷に入っては郷に従えではないですが、中国の地方都市に遊びに行くならば、やはり銀嶺カードを持っていて間違いは無いようです。

 

 

 JCB AmericanExpress Diners Clubは、ほとんど使えませんので注意してください。

反対に、持って行ってもあまり活躍の機会が無いクレジットカードは、JCB AmericanExpress Diners Clubのクレジットカードです。中国の成都ではほとんど使えませんでした。

 

広州では宿泊したマリオット系列のホテルでも使えませんでした。

 

やはり、中国を旅行する際には、メインカードを銀聯カード(ユニオンペイ)にして、予備でキャッシング用に、VISA・Mastercardを持っておく、さらに予備でプリペイドカード型のカードを持っていくというのが安心なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

中国旅行の際には一枚は持っておきたい銀聯カード。持っていると安心感が半端ないです。