ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

ロシア連邦イルクーツクにて使えるクレジットカード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロシア連邦のイルクーツクは、周辺に世界遺産でもあるバイカル湖もあり、観光として訪れたい!と考えている人も多くいると思います。

他の国とは違い、ロシア連邦ではクレジットカードの利用はもう少しだけシビアに考えておく必要があるので、イルクーツクで使えるクレジットカードをご紹介したいと思います。

f:id:salesconsultant:20180604202929p:plain

クレジットカードの国際ブランドを覚えよう。

クレジットカードは色々と種類がたくさんあるので、何がいいのかわからない!!と混乱してしまっている人もいますが、実はクレジットカードの種類というのは、そんなに多くは無いです。

日本国内で一般的に使っているのは、

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners

の5種類ではないでしょうか。

多くの方が勘違いしているのは、例えば「楽天カード」を保有していたとすると、楽天カードが海外で使えるか?と考えますが、実はカードの名前は重要ではありません。

重要なのはカードの表面に書いてある上記5種類のどの決済ルートを使うカードなのかが重要になります。

例えば、楽天VISAカードをお持ちであれば、そのクレジットカードを利用する際にはVISAの決済ルートを使います。

同じ楽天カードでも楽天JCBカードを持っていれば、JCBの決済ルート利用になります。

もし、お店に行ってVISAカードはOKだけど、JCBは使えないよ。というお店であれば、同じ楽天カードに見えても楽天VISAカードは使えるけど、楽天JCBカードは使えない。という事になります。

大事な事なのでもう一度伝えます。重要なのは、どの国際ブランドのクレジットカードなのかどうかです。

 

イルクーツクで使えるクレジットカードは、VISA・Mastercardだけと思っていて間違いありません。

基本情報を理解したうえで、本題です。ロシア連邦のイルクーツクにて使えるクレジットカードは何かと聞かれたら、答えはVISAカードとMasterCardの2つという答えになります。

この、VISAとMastercardというのは、クレジットカードの国際ブランドの二大巨頭です。最強タッグのこの二つはロシア連邦でも使う事が出来るお店が多く存在します。

これはイルクーツクだけの話ではなく、世界的に見てもこの二つのブランドが強いんです。

  2014 2015 2016
VISA 58% 56% 54%
Mastercard 26% 26% 26%
Union Pay 10% 13% 15%
American Express 3% 3% 3%
JCB 1% 1% 1%
Discover/Diners 1% 1% 1%

↑世界でのクレジットカード、デビッドカード利用シェア

 

ですので、イルクーツク旅行にもっていくクレジットカードはVISAカードか、MasterCardにしておくことが安心です。

お店によっては、時々ですがVISAが使えなくてマスターカードが使える。反対にマスターカードが使えるけど、ビザカードが使えない。というような場合も有りますので、出来れば、VISA、MasterCardの2種類のクレジットカードを持っていくことをお勧めします。

まだVISA・Mastercardを持っていない場合は以下のカードがおすすめです。

エポスカード

海外旅行用にクレジットカードを新しく作るなら、エポスカードをお勧めします。

理由は2点

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険がなんと自動付帯

からです。

↓海外旅行にクレジットカードを考えている人はこちらへ

年会費が無料

クレジットカードは年会費が積みあがっていくと結構な金額になってしまいます。海外旅行だけのためにクレジットカードを持った場合、そのクレジットカードに年会費がかかってしまっていては、もったいない事態となります。

その点年会費が無料なエポスカードなら保有していてもコストがかからないため、保有枚数を増やしたとしても安心です。

海外旅行保険がなんと自動付帯

最大にうれしいのは、持っているだけで海外旅行保険が自動付帯してきます。

f:id:salesconsultant:20180217132501p:plain

まあ、海外で使うので自動付帯でなくても良いかもですが、万が一利用する前に事故等に遭った場合にも自動付帯なら保障されます。安心感が違います。

是非検討ください。

VISA、Masterを持っていなかったらおすすめと書きましたが、実は持っていても更にエポスカードを持っていれば、年会費無料で海外トラブルに対しての保険が付きますので、非常に安心なんです。

正確に言うと、VISA・Masterのクレジットカードを持っていても持っていないくても、海外旅行の予定があるなら、エポスカードはもっていないと損をする。でしたね。

 

海外利用のクレジットカードの注意点は

個人的には海外旅行用のクレジットカードは短期の海外旅行であれば、限度額を低くしておくことをお勧めします。

これは万が一スキミング等の犯罪に有ったり、紛失・盗難してしまった場合、被害を最小限に食い止めるためです。

私も海外旅行用にエポスやセディナカードを持っていますが、限度額は20万円にしています。

 

対して、あまり利用できないカードは残った3つです。JCB、AmericanExpress、Dinersは、ほぼ使えません。というより、使える場所は極端に限定されてほぼ無駄な持物になってしまう可能性が高いです。

海外旅行では、スキミングの被害が多く発生することもあり無駄なクレジットカードをもっていかないという事も重要です。 

 

ロシア連邦のイルクーツクでは、VISAとMaster以外は完全にプラスチックのカードになり下がります。アメックスはホテルに入っているレストランでも使えなくて、絶望的になりました。海外旅行ならVISAかMasterです。