ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

2019年1月7日から適用 出国税1,000円徴収決定 日本人は喜ぶべきことかも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出国する際に税金を掛ける。という事が決定してしまったようです。飛行機に乗り出張や修行をする人たちからすると気になる一報ではないでしょうか。

f:id:salesconsultant:20180414202846p:plain

まとめ

  • 2才以上から一人あたり1,000円の出国税が2019年1月7日より適用されます。
  • 正式名称は国際観光旅客税。観光をしない出張族、修行僧にも適用。
  • 「快適な旅行のための環境整備」「体験型観光の満足度向上」「日本の魅力に関する情報発信強化」の3分野の発展、その他WiFiの整備等に使われていく。
  • 日本人旅行者というよりは外国人向けの課税とも言える。かも。

【目次】

 恒久的な国税としては27年ぶりの税金。まさか海外旅行に適用するなんて

もう決定してしまった事なので仕方ないのですが、この出国税:国際観光旅客税は国税としては27年ぶりの施設税金のようです。いろいろと項目があるなかで、ダイレクトに海外出国への徴収という事態は多くの主張族・修行僧の方には小さな打撃といえます。

 

実は主な徴収対象は訪日外国人だという事実。

メディアの報道によると財務省は年間430億円税収増加を見込んでいるとのことでした。

財務省は年間430億円の税収を見込む。

https://www.asahi.com/articles/ASL4C54W6L4CULFA01P.html

430億円を見込むという事は、課税対象が4,300万回と同義になります。

この4,300万回という数は、日本人の旅行者数からかんがえると全く足らない数値です。

法務省入国管理局が毎年発表している、日本人出国者数を見てみますと、日本人の外国への出国数は1,788万人という事です。

平成28年(2017年) 1,788万人
(出典:法務省入国管理局「日本人出国者数」)

法務省:平成29年における外国人入国者数及び日本人出国者数等について(速報値)

新税の国際観光旅客税は2才以下には適用されませんが、赤ちゃんを連れての海外旅行は数的にも少ないだろうとして勝手に無視して1,788万人を数値そのものとして考えても、日本人だけの税収では178億円/430億円しかないのが実情です。

年々増加する訪日外国人数、東京オリンピックは関係ない

これに対して、訪日外国人数は既に日本人の国外観光客数を大きく上回っています。

・  外国人入国者数は約2,743万人で,前年比約421万人増加し,過去最高
 ・  日本人出国者数は約1,789万人で,前年比約77万人増加

法務省:平成29年における外国人入国者数及び日本人出国者数等について(速報値)

 

現在日本は観光大国となるべく、観光立国推進計画の内容を変更し更なる訪日外国人の獲得を目論んでいます。

目標値は

2020年:4,000万人

2030年:6,000万人

となっています。この法案が閣議決定された2012年時点では、訪日外国人数が約861万人でしたので、そこから考えると2017年までの5年間で3倍以上に増えており、更に年々増加することが見込まれています。

 

2016年までですが、訪日外国人の増加数をグラフにしております。

f:id:salesconsultant:20180414204239p:plain

これが2017年は2,743万人(若干発表数値との整合性が取れないのはご愛敬)となっていますので、順調に目標数値に向かい数を伸ばしている事が分かります。

勘違いされるのが東京オリンピックの影響。訪日外国人が増えているのはビザの緩和

よく東京オリンピックまでは訪日外国人が増えるという意見を目にしますが、訪日外国人数が伸びている本当の理由はビザの緩和とも言われております。

 

平成25年7月に実施した「タイ」「マレーシア」のビザ免除による効果

f:id:salesconsultant:20180415003117p:plain

f:id:salesconsultant:20180415003208p:plain

ロシアのウラジオストクのビザが緩和されたことにより旅行がぐっと楽になったことと同じように、他の東南アジアの方々もビザ緩和により日本への旅行が本当に楽になっているようです。

ということで、2020年の東京オリンピック終了後も、訪日外国人はあまり減らないのではと予想できますので、この外国人を対象とした新しい税金は一定の税収を生み出し続けていきますし、その金額は増加トレンドにあるとみて間違いないと思います。

 

1,000円徴収されるのは、人数だけで見ると日本次向けというよりは外国人旅行者への課税とも言える状況ではないでしょうか。

 

得られるベネフィットのほうが大きいのかも?

外国人の方の負担のほうが大きいのであれば、その金額で国内への設備投資がされるなら、もしかしたら私達にとっては国際観光旅客税によって得られるベネフィットのほうが大きいのかもしれません。

 

マイルで旅しているのですからいいじゃないですか。

そもそも、航空会社のマイルを貯めている人は、多くの機会でマイルによる特典航空券にて旅していることが多いのではないでしょうか。(もしくは貯めたマイルをJAL:eJALポイント、ANA:スカイコインに換えて利用)

高額な航空券が既に格安で取得できているのですから。1,000円ぐらいいいじゃないですか。

Wi-Fi整備や観光資源へ投資されるわけですから。個人的な意見ですが。

 

 

私の例で恐縮ですが、年間通して海外に行くのって3回~4回なので、まあ1,000円/回ぐらいいいかな。という感想です。

マイルでいつも得しているわけですし、その分ぐらい還元しても良いかなと思っています。

また、施策としては増加が確実視されていてる訪日外国人向けの課税だと思っているので、そんなに目くじら立てなくてもいいじゃないですか。

 

 

 

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。