ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【初心者注意】GARBAGE(ガービッヂ)ステッカーはキャリーバックに貼ってはダメです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近ホテルに宿泊すると用意されているGARBAGE(ガービッヂ)の文字が書かれたステッカー。

知ってか知らずか、ご自身のキャリーバックに貼ってしまっている人を見つけましたので、GARBAGE(ガービッヂ)ステッカーの意味をお伝えしたいと思います。

 

長期の休み(ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み)などで旅行に行った際に、間違えて使ってしまい悲劇になることが無いように注意してください。

 

f:id:salesconsultant:20180722095821p:plain

 

GARBAGE(ガービッヂ)とは、「ゴミ」「ガラクタ」という意味

そもそも、このGARBAGE(ガービッヂ)という言葉の意味を知らないと、なぜ貼ってはいけないかわからないと思います。

 

GARBAGE(ガービッヂ)とは、ゴミやがらくたの意味で使われています。

garbageとは

(台所から出る食物の)生ごみ、残飯、ごみ、がらくた、廃物、つまらぬもの、くだらぬ考え、不要データ

 出典:

↑発音の音声データもあるので、英語全くダメな私にはありがたい

 

という事で、このステッカーはゴミ、ガラクタに貼るために用意されているステッカーという事です。

確実に自分の私物には貼ってはいけないモノなのです。

 

ホテルにGARBAGE(ガービッヂ)ステッカーを置いてあるのは、廃棄して良いバッグかの確認

 

最近になって何故、ホテルにGARBAGE(ガービッヂ)ステッカーが用意されるようになってきたのでしょうか。

それには、管理・清掃に関連する重要な問題が関わってきています。

 

旅行者のキャリーバック詰め替え後の放置が問題となっていた。

観光大国日本を目指し、外国人旅行客の取り込みに精力的な状況ですが、目標値としては、東京オリンピック開催の2020年度には「4,000万人」、2030年度には「6,000万人」を政府は目指しています。

 

目標進捗は順調に進んでおり、多くの外国人の方達が日本に遊びに来てくれるようになりました。

f:id:salesconsultant:20180722100930p:plain

出典:観光庁データから

 

訪日外国人数は4年間で約3.7倍(2012年→2016年)となっていますから国策は非常にうまくいっていると言えます。

 

アジア圏内で見てみると、中国からの訪日外国人数がトップであることが分かります。

f:id:salesconsultant:20180722101328p:plain

※訪日外国人数は、2015年の外国人入国者数 

出典:

法務省「出入国管理統計」

 

2015年のデータですが、450万人もの観光客が日本に遊びに来てくれていて、お金を落としていってくれている訳です。

非常にありがたいですね。

しかし、観光客激増の裏側では多くの問題も発生してきました。その中の一つに新しいキャリーバッグを日本で購入し、古いキャリーバッグ、スーツケースを捨てていくという問題が有ります。

これは、ホテルだけでなく空港でも問題となっており、廃棄された(というよりは置いて行かれた)キャリーバッグ、スーツケースの処分に対応している方々は頭を悩ませているわけです。

 

ホテルは「確実にゴミとわかるもの以外」基本的に保管している。

ホテルの悩みどころは、置いて行かれたキャリーバッグ、スーツケースが果たしてゴミなのかどうか?判断がつかないところです。

勝手にゴミと判断して処分してしまうと、後で「実はゴミではなかった」と言われた際に非常に困ってしまいます。

 

そして、ホテルによっての若干の運用の違いはあれど、基本的にはゴミと確実視されるもの以外は記録して保管を余儀なくされているという実態が有ります。

 

f:id:salesconsultant:20180722104724p:plain

出典:https://twitter.com/tsukiya_i/status/895561384523481088/photo/1

 

ですので、スーツケース・キャリーバッグを部屋に放置されていると、あの大きなバッグをホテル側は一定期間保管しなくてはならないようで、これには大きなコストが発生すると予測できます。

出来るだけ、

ゴミなのかゴミじゃないのか教えてほしい!

という気持ちになるのは切実な問題なんです。

 

 

絶対に自分のバッグに貼ってはだめですよ

GARBAGE(ガービッヂ)ステッカーの意味、役割についてお伝えしてきましたが、ここまで読んでくれた方は絶対に自分の利用しているバッグには貼らないと確信しています。

そもそも、そんな事言われなくても、こんな事すぐにわかるよ。という方は良いのですが、あるホテルでチェックアウトしようとしていた際に、実際にステッカーを貼っている人を見たことがあるのです。

流石に荷物が入っているキャリーバッグを捨てるという事は無いとおもいますが、万が一という事も有りますし、少しだけ恥ずかしい気もしますので、十分にご注意ください。

 

 

旅行に持っているキャリーバッグ、スーツケースがそもそも小さいと考えているのなら・・・

キャリ―バッグ詰め替え問題は、そもそも利用しているスーツケースが小さいことが原因です。

旅行先のお土産などを入れたり、旅行開始時にはうまくパッキング出来て収まっていた荷物が、使用したことにより量を増していき、バッグが小さいという問題に行き当たります。

少し大きめのキャリーバッグを利用すると捨てる問題は解決できます。

 

しかし、マンションに複数のスーツケースを持っている私からすると、スーツケースって邪魔でしかないんですよね。

 

旅行や出張の期間によって必要な大きさが変わるので複数持っていますが・・・邪魔です。

 

それであれば、購入しないでレンタルというのも私は知人には進めています。

 

というのも安いの買うと壊れるし、高級なスーツケースを買っても家でオブジェとなっているぐらいなら、割り切ることのできる人はレンタルしてしまったほうが最新の高級ブランドスーツケースを安価に使えるからです。

 

姉などにスーツケースで相談を受けた際などはレンタル進めて感謝されました。

姉は家族で年間2回ほど国内・海外に遊びに行きますが、旅行期間が毎回異なるため購入するキャリーバッグ、スーツケースのサイズで悩んでました。

 

大は小を兼ねる!といってもあまりに大きな海外旅行用で国内2泊3日に行くのも、かっこ悪いし。。。と思っていたようです。

 

レンタルならば都度お金はかかりますが、家に置いておくこともありませんし、何より最新の高級スーツケースが利用できる点に惹かれたようです。

 

 

一万円程のスーツケースを購入するのであれば、利用頻度にもよりますがやはりレンタルを使ったほうが、良いスーツケースが使えるので気分がいいです。

  • RIMOWA  リモワ
  • Samsonete サムソナイト
  • PROTECA プロテカ
  • ZERO HALLBURTON ゼロハリバートン

などのスーツケースを購入する金額の1/10程で利用できます。

f:id:salesconsultant:20171224004018p:plain

既に多くの方が、年間2~3回ほどの利用ならレンタルを利用しているようで、かなりサポート体制も充実しています。

  • 即日発送
  • 往復送料無料
  • 決済方法が複数
  • 充実の補償
  • 多数の在庫

など、利用のしやすさは折り紙付きのようです。

 

子供の成長に合わせてバッグも大きくできる。

また私には無かった視点ですが、子供は親の真似をしてキャリーバッグを欲しがるようですが、その都度子供のサイズに合わせて購入しようと思うと、泣けてくるようです。

 

レンタルなら気に入ったものを自分で選ばせて、サイズ感も併せながら利用できるようです。流石主婦の目線。そういうもんなんですね。

 

無駄な荷物を家に置きたくない。

最新のスーツケースを毎回利用したい。といった人は是非レンタルも検討してみてください。姉曰く、とても良いですよ。

 

 

 

80Lを超えたサイズのキャリーバッグなんて邪魔でしかないですよね。

詰め替えて捨てていく気持ちはわかりますが、その際にはしっかりとゴミであることをステッカーを使ったり、紙を貼ったりしてわかるようにしておいてあげるのが良いですね。

まあ、そもそもホテルに捨ててはだめですけどね。

 

 

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。