ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

成田空港で国会仕様の牛丼を食べる 吉野家の限定メニューは超高額

スポンサーリンク

スポンサーリンク

成田空港の第2ターミナルサテライト側に牛丼チェーンで有名な「吉野家」さんが有ります。

この成田空港の吉野家では、日本でも3ヵ所でしか味わう事が出来ない、限定メニューが有りますので、成田空港を利用する肉好きの方は是非堪能してほしいメニューとなります。

 

f:id:salesconsultant:20180818105207p:plain

 

 

 

吉野家とは思えない高額価格設定。2,000円の牛重は日本一高い(たぶん)

目当ての牛重を食べるために店を訪れると一番驚くのはその価格設定だと思います。

なんと、「2,000円」

通常吉野家で一人2,000円使おうと思うと至難の業ですが、この成田空港店では簡単です。一品頼むだけですから。

 

f:id:salesconsultant:20180818105646p:plain

 

f:id:salesconsultant:20180818105847p:plain

驚異の吉野家2,000円メニュー。なかなか無い光景です。

 

スペシャルな牛重は国会、羽田空港、成田空港で食べることが出来ますが、成田空港が多分一番高い。

吉野家店舗限定メニューの牛重はご紹介している成田空港だけでなく、国会議事堂、そして羽田空港国際線ターミナルでも食べることが出来ます。

 

しかし、値段比較してみると成田空港の牛重が一番高額です。しかも群を抜いて。これは、「定食」だからという理由も有りそうですが、成田空港店で単品での牛重が見つからなかったです。

 

色々な理由があるのでしょうが、No.1という事は何事も気持ちがいいものです。今回は気持ちよく吉野家さんにお金を払ってきました。

ありがとう。NO.1を体験させてくれて。

  1. 成田空港 吉野家 牛重セット 2,000円 NO.1 !!
  2. 羽田空港 吉野家 牛重 1,240円
  3. 永田町一丁目店 吉野家 牛重 1,240円

成田の牛重 肝心の味は・・・普通の牛丼のほうがうまいなという感想

早速牛重をオーダーしますが、注意点としてはこのメニューとても待ち時間が長いです。いつもの牛丼のつもりで、「フライト迄のわずかな時間でサクサクっと牛丼でも食べるか!」という訳にはいきませんのでご注意ください。

 

出てきた牛重セット。お値段2,000円。

f:id:salesconsultant:20180818105344p:plain

 成田空港は牛重セット(Premium beef box)ですから、セットメニューとして

  • お新香
  • 味噌汁
  • 豆腐
  • サラダ

が付いてきます。これが他店舗の牛重との差額760円の理由だとしたら、た、高い。

 

成田空港吉野家にて牛重を食べる際の注意点。ネギは生です。

今回食した牛重に添えられている長ネギが相当な生状態で、その後の飛行機の中も苦しめられたのですが、他の人のレビューなども見てみるとやはり生の事が多いようです。

本当に飛行機の中で自分の息の匂いに苦しめられますので、最初から大きな一口で食べるのではなく、確認しながら食してみてください。

3本ある長ネギの内、1本に私の場合はやられました。

 

和牛の肩ロースを使っている肉はうまいが脂がきついかも。

吉野家高額商品、牛重で利用している肉は和牛の肩ロースとのことでした。最初の一口目は、「これが吉野家なのか?」と思うほどのおいしさですが、牛重全体で考えると少々重いです。

味については個人の感覚はそれぞれなので難しいところですが、私が改めて思ったのは、通常の吉野家の牛丼ってクオリティ高いな。という事です。

何事もバランスが大事ですね。

 

もう一つの特殊メニュー「ふかひれラーメン」も併せて実食 値段は1,800円

成田空港第2ターミナルサテライト店では、なにも牛重だけが特殊メニューではありません。

通常の吉野家では見ることのできない、「らーめん」が。しかも、高級食材であるふかひれを使用した「ふかひれラーメン」も食べることが出来ます。

 

f:id:salesconsultant:20180818120439p:plain

調子に乗ってふかひれラーメンもオーダーいたしました。

吉野家で3,800円の食事をするのは初めてでしたので、特殊メニューたちの戦闘力の高さが際立ちます。

 

ふかひれラーメンも時間がかかります。もしかしたら牛重ではなく、ふかひれラーメンの方に時間を要していたのかもしれません。

 

ふかひれラーメン(1,800円)の全貌がこちらです。

f:id:salesconsultant:20180818120304p:plain

 

f:id:salesconsultant:20180818121049p:plain

ふかひれがラーメンにのっているだけです。

 

こちらについては、激しくおすすめしません。ラーメンにふかひれ乗っているだけですので。

ご存知の通りふかひれ自体には味ってほとんどないため、食感及び料理の味付けを絡めて食べられることに意義があると思うのですが、ラーメンはラーメンで且つあまり、、、というラーメンという事で、ふかひれもそこまでおいしく食べることは出来なかったです。

牛重に2,000円出費するのは個人的には全然有りですが、ふかひれラーメン1,800円は相当に高いなという感覚でした。

 

吉野家 成田空港第2ターミナルサテライト店利用時の注意点 21時で閉店です。

利用時の注意点としては、営業時間となります。

どうしても私達は「吉野家」と聞くと24時間営業しているのではないか?と脳内で変換されてしまいますが、営業時間は20:30ラストオーダー・21:00閉店となります。

 

f:id:salesconsultant:20180818105235p:plain

夜遅くのフライト予定の方は利用できませんのでご注意ください。

 

吉野家の通常タイプの牛丼も有り、そちらも少し値段が高かったです。

f:id:salesconsultant:20180818131402p:plain

牛丼の並盛が420円という事ですので、単価の低い商品としては一大事なぐらいの値上げ幅です。

牛重の2,000円と牛丼の420円、二つのメニューの高額化からみに、テナント料が高いのだと思います。

 

吉野家というよりは、フードコートにて吉野家の変わったメニューを提供しているという感じで、場所柄外国人のお客様も多かったです。

f:id:salesconsultant:20180818131322p:plain

 

 

空港ならではの食事風景という感じで非常に楽しいです。

ラウンジでゆったりというくつろぎ方も良いですが、たまには高額牛重にチャレンジしてみてはいかがでしょうか