ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【異なる席での視点を解説】マカオで楽しむべき水上ショー 水舞間 The House of Dancing Waterの席ごとの見え方。

世界最大級のカジノ群を誇る「マカオ」 

カジノがある場所にはお金持ちが集まりますので、マカオは美味しい料理もたくさんありますますし、最高のエンターテイメントも用意されていたりします。

その中でも庶民でも楽しめて、かつ失敗の無いエンターテイメントのおすすめとしては、水舞間 The House of Dancing Waterがあります。

この水舞間 The House of Dancing Waterはあまりに良すぎて、すべての人におすすめしています。

席によって見え方も異なるので、センターよりの席と端の席で見え方を比較しました。チケット入手の参考にしてみてください。

f:id:salesconsultant:20190612182223p:plain

 

水舞間 The House of Dancing Waterは総工費20億円ともいわれています。大規模なリフトは初見必ず驚いてしまう。

 

何と言ってもこのショーの最大の見どころは「水」だと思います。大量の水をつかいながら、時には飛び込んだり時には潜ってみたりと水を使った縦方向の動きが他のショートは異なる楽しさだと思っています。

 

といっても、単純に水が入っている水槽を用意してはそれ以外のストーリーを進めることが難しいです。

 

水の奥行を駆使しながら、平面の劇も進めていく。そんな異なる座標軸の動きを可能にしているのが、総工費20億円かけたともいわれている、リフトです。

 

f:id:salesconsultant:20190612182003p:plain

上の画像のように水がたっぷりと満たされた水槽のような使い方もできるのですが、リフトによって足場を浮上させると、平坦なステージへと変貌します。

 

f:id:salesconsultant:20190612183810p:plain

まさか同じステージとは思えない光景ですが。同一のステージです。

 

時にはステージ自体を沈めて水槽にもなりますし、時には浮上させて人が動き回る場所へと変貌します。

 

f:id:salesconsultant:20190612184142p:plain

 

バイクが乗り入れても全く問題なく、劇中ではこのバイクを用いたアクロバットステージも展開されたりします。

 

一つの空間で、空中も平面も、そして水の中まで駆使した唯一無二のショーが展開される演劇なんです。

 

セリフが無いショーなので全く英語や外国語が分からなくても楽しめるショーです。

 

このショーはミュージカルやオペラなどと異なり、基本的にセリフがありませんので言葉がわからなくても全く問題ありません。

 

英語はもちろん、ポルトガル語も分からなくてもストーリー及びその顛末迄見ているだけで話が分かる内容となっています。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612191312p:plain

 

とにかく大量に噴出する水や、そこに合わせて動き回る人を追っていけばストーリーは問題なく理解できますので、外国語に自信がない人でも積極的に見て欲しいショーです。

 

チケット入手は予約しておいたほうが無難です。当日券も購入できましたが、人気のショーなので買えないことも有ります。

私もチケットは当日券を購入したことがあります。(初めて見たとき)

 

思い立って会場に赴きつたない英語で購入したのですが、購入できたチケットは2公演ある中での、遅いほうしか買えませんでした。

 

しかも、席は一番隅の人気が無いであろう場所しか残っていませんでした。

 

実はその席でも楽しめたのでハマってしまったのですが、出来たら予約して事前に購入しておいたほうが良いです。

WEBで購入できますので、ご自身のスケジュールに合わせて事前購入することをおすすめいたします。

 

www.thehouseofdancingwater.com

 

また、注意点としては基本的に火曜日と水曜日には公演されていません。時期によって多少イレギュラー日程がありますが、ここは最重要注意点です。見に行ってやっていないと涙しか出ませんのでご注意ください。

 

席はどこでも楽しいが、センターの席を確保すると奥行きを感じられる。しかし、それ以外は端の席でも楽しめるように演目は考えられています。

 

初めて、マカオで水上ショーにチャレンジという場合、どの席がよいのか?という点が気になると思います。

 

というのも、この水舞間 The House of Dancing Waterは円形のステージで上演されるため、確保した席により見え方が異なることが容易に想像できるからです。

 

 

 

f:id:salesconsultant:20190612183646p:plain

参考情報を手に入れようと公式HPを見ても、当たり前のことしか書いておらずまったく参考になりません。

 

お客様のお好みによります。例えば、劇場でいちばんの眺めをお望みでしたら、VIP席かA席がお勧めです。水しぶきをお気になさらない方や、パフォーマーをご覧になりたい方にはB席がよいでしょう。お金をかけずにショーを楽しみたい方にはC席が最適です。

出典:水舞間 The House of Dancing Water

 

 

何回かこの水上ショーを見ていますが、個人的な見解ではどの席でも楽しめる。と思っていますが、やはり気になると思いますので、画像と共にどのような見え方だったかをお伝えいたします。

 

水舞間 The House of Dancing Water センター付近での見え方

あまりにはまってしまい、この水舞間 The House of Dancing Waterが中央で見られる日程でマカオ旅行を企画したことが有ります。

ネットで何とか中央の席を予約し、楽しんできました。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612183128p:plain

 

VIP席は高くて買わなかったですし、何より水に近いほうが楽しいと思っているので、購入した席は上記画像にて〇がついているあたりです。センター席だと勝手に思っています。

 

センター席の最大のメリットは、舞台の奥行を感じながら楽しめる点に尽きます。

 

f:id:salesconsultant:20190612193054p:plain

センターの席からみて奥の方には幕がかけられており、時にはスクリーンとして利用したりしますので、ここが見えることがセンターの席を確保する一番の理由になります。

 

 f:id:salesconsultant:20190612191312p:plain

多くのシーンで背景が映し出されたりするので、ショーの内容をすべて見たいんだ!という場合にはセンターよりの席を確保していないと一方向で楽しめないです。

 

f:id:salesconsultant:20190612182223p:plain

 

 

f:id:salesconsultant:20190612193300p:plain

上の画像のシーンがわかりやすいのですが、一方向ですべて視界に収まるのは見ている中でめんどくささがありません。

 

これがセンターの席を確保する最大の理由だと思います。

 

 

水舞間 The House of Dancing Water 一番端での見え方

初めて水舞間 The House of Dancing Waterを見たときは、当日に思い立ち当日券を購入したので、一番端の席しか確保できませんでした。

 

下の画像に〇をつけてある場所で観覧しています。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612183603p:plain

 

端の席で一番の難点は、中央にあるスクリーンが見にくいという点です。

 

ショーの序盤でスクリーンが見えにくいと、少しだけストーリーを追うのが困難になります。

 

あとは、リフトが上昇し平面を使った場面になると、舞台の奥から出てくる人やモノがあるのですが、それが横からしか見えない。という点は少し見にくいと感じました。

 

f:id:salesconsultant:20181212113801p:plain

↑ステージ奥から出てくるシーンはとても見にくい。中央よりまで出てきて初めて理解できる。

 

また、大きく見え方が異なるのは「バイク」のシーンも挙げられます。

 

バイクのシーンは、下の画像の矢印方向にジャンプを繰り返しますので、ステージ正面に位置していると、バイクのジャンプを横から眺めることが出来ますが、端の席の場合は、見え方が異なりますのでご注意ください。

 

f:id:salesconsultant:20190612193610p:plain

 

ただこれはデメリットだけではなく、バイクがこちらに飛んで突っ込んでくるという見え方とも捉えることが出来ます。

 

f:id:salesconsultant:20190612191231p:plain

私は、バイクだけに限れば端の席のほうが迫力があったように感じています。

 

正面の席でなくても、水を使った場面と空中の場面は問題なく見ることが出来るので安心してください。

ではセンターよりの席でないと楽しめないかというとそうでないのが考えられている点です。

 

ステージの奥行を使った場面と、バイクの場面以外は正面の席でなくてもそれほど見え方は違わないかな?と感じています。

 

演者の人を円形に配置してくれていたり、空中のシーンは皆がそれを見上げる形で成立しているからです。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612181851p:plain

↑水シーンは円に使い形で演者が配置されているので、どの方向に座っていても盛り上がる。

 

f:id:salesconsultant:20190612183413p:plain

↑水のなかからいきなり登場してきたりして楽しい。

 

f:id:salesconsultant:20190612182328p:plain

どの席に座っていても楽しめるように、演目自体が練られているのだと思います。

 

 

f:id:salesconsultant:20190612191159p:plain

↑空中のシーンは皆が見上げるので席によっての差はそれほどありませんでした。

 

並べて画像で比較してみても、席が最前列かどうかの違いはありますが、演目への理解自体は変わらないと思います。

f:id:salesconsultant:20190612195904p:plain



料金も異なるため、それぞれメリットデメリットあるなかでの選択となりますが、お伝えしたい点は一点。とにかく見たほうが良い。という事です。

 

f:id:salesconsultant:20190612200140p:plain

 

感動のフィナーレを是非会場で体験してください。

 

 

 

マカオには、カジノとバカリャウを食べるのと、この水上ショーを見に通っています。世界遺産もたくさんありますし、何より日本から近いですし是非遊びに行ってほしい都市の一つです。