ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【日本で12空港だけ】グーグルマップで空港を検索すると出てくる紹介文

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グーグルマップにて日本国内にある「空港」を検索すると、ある空港には簡潔な説明文・紹介文が出てくるのに、他の空港では説明文・紹介文が出てこないことがあります。

国内にある空港全てグーグルマップ検索をかけた結果、国内の空港は2018年9月現在、12空港には説明文・紹介文が付いていることが分かりましたので、ご紹介いたします。

f:id:salesconsultant:20180913183409p:plain

 

国内の空港では全12空港が説明されています。意外な空港が選考漏れ。 

全85空港を調べた結果、国内の空港では12の空港に説明文が付加されていました。

説明文が付加されていた空港は以下の空港になります。

  1. 新千歳空港
  2. 仙台空港
  3. 成田国際空港
  4. 東京国際空港(羽田空港)
  5. 中部国際空港(セントレア)
  6. 大阪国際空港(伊丹空港)
  7. 関西国際空港
  8. 神戸空港
  9. 福岡空港
  10. 宮崎空港
  11. 長崎空港
  12. 鹿児島空港

以上の12空港は選ばれし空港という事で、説明文が付加されていました。

 

交通機関に焦点が当てられた説明文。当たり前の内容が続く中、鹿児島空港だけ良い感じ。

12空港の説明文は簡潔にまとめられているのですが、主に交通アクセスに紐づけて説明しているモノが多く、いまいちどのような空港か分かりにくいです。

その点、鹿児島空港だけは空港の特徴を表していて、一つだけ光っています。 

 

新千歳空港:数多くの施設が整備された空港

f:id:salesconsultant:20180913174501p:plain

新千歳空港は一日では回り切れないほどのお店が充実した空港として有名です。

その特徴を見事に表した簡潔な「概要」だと思います。

 

仙台空港:東北地方のハブ空港

f:id:salesconsultant:20180913174938p:plain

仙台空港の概要は、そのものずばり東北空港のハブ空港というそのままの概要となっています。

 

羽田空港:鉄道でアクセス可能な首都圏の空港

f:id:salesconsultant:20180913175001p:plain

 

成田空港:鉄道でアクセス可能な首都圏の空港

f:id:salesconsultant:20180913175027p:plain

 

羽田空港と成田空港は全く同じ概要でした。鉄道でアクセスできることがそれほど重要な価値かは分かりません。また同じ説明分ですが、一応千葉県も首都圏ですが羽田空港の立地と比べてしまってよいのかという疑問は残ります。

 

 

セントレア:鉄道でアクセスできる中部地方の空港

f:id:salesconsultant:20180913175051p:plain

中部地方にある!というのが価値ある情報ですね。

 

伊丹空港:鉄道サービスのある国内便の拠点空港

f:id:salesconsultant:20180913174437p:plain

伊丹空港も鉄道押し。国内便の拠点空港であることは間違いないです。国内線しか飛んでませんので。

 

関西国際空港:直通電車でアクセスできる大阪都市圏のハブ空港

f:id:salesconsultant:20180913175114p:plain

関空には「直通電車でアクセスできる」というもう一段深堀した情報が付加されています。

 

神戸空港:街を見渡せる地方のハブ空港

f:id:salesconsultant:20180913175136p:plain

神戸空港は街を見渡せると書いてあります。確かに神戸空港の立地は素晴らしくロケーションが良いですが、眺めることは出来ても見渡すことは結構難しいと思うのですが。

 

 

福岡空港:展望デッキがある国際空港

f:id:salesconsultant:20180913174525p:plain

福岡空港はまさかの展望台押しです。他の空港にも展望台がある空港は複数あります。それでも展望台を持ってくるあたりに、強い意志を感じます。

 

 

宮崎空港:直通列車も乗り入れる南日本の空港

f:id:salesconsultant:20180913175157p:plain

宮崎空港も直通電車押し。カレーの事やグルメの事など書いてほしかった!という願望が出てしまいます。

 

長崎空港:連絡船が運航する海上空港

f:id:salesconsultant:20180913174548p:plain

世界初の海上空港と言われる長崎空港も選ばれています。長崎空港から長崎市方面に移動する際には、要もないのに連絡船に乗ることが多いです。

空港からの船移動だとセントレアなども有りますが、ほぼ漁船に近いサイズの船に揺られて海を渡ることが出来る長崎空港独自の特徴を捉えています。

しかし、これも交通機関系。

 

 

鹿児島空港:足湯のある南九州の空港

f:id:salesconsultant:20180913175219p:plain

鹿児島空港の外には足湯があることが有名ですが、そのユニークな点を取り上げた唯一の概要なのかな。と思っています。

 

 

意外なのは「那覇空港」の落選です。搭乗人数・県としての特徴なを考えても那覇空港は説明されてもおかしくないと思いましたが、結果は落選です。

 

地図上の説明文はグーグルの編集者によって付加されている。「概要」という呼ぶらしい。

折角のこの素晴らしい機能を全ての空港に適用したい!と思い、個人が書き込めるならしっかりとした空港の概要を追記したいと考えました。

調べてみると、概要を書き込んでいるのはグーグル側の編集者のようです。

 

Google マップ上に表示されるビジネスの説明には、編集者による概要とクチコミ抜粋の 2 種類があります。

編集者によって書かれた簡潔な説明で、人気のあるお店やサービスの情報が一目でわかります。これらの概要はフレーズや文(上記の地図の例では「モダンなスタイルのメキシコ料理」)で構成され、マップ上のお店やサービスをクリックすると表示されます。

出典:Google マイビジネス ヘルプ

 

残念ながら記入や追記は出来ないようです。

 

グーグルマップに選ばれているのはやはり搭乗人数が多い空港に偏っています。

今回グーグルマップに選ばれ、概要が追記されている12の空港は、やはり年間の搭乗人数が多い空港達でした。

 

2016年空港別年間搭乗客数 ※20位迄抜粋

順位 空港名 国内線 国際線 合計
1 羽田空港 64,935,063 15,186,617 80,121,680
2 成田国際空港 7,004,576 29,574,269 36,578,845
3 関西国際空港 6,476,193 18,652,594 25,128,787
4 福岡空港 17,004,302 4,990,675 21,994,977
5 新千歳空港 18,732,019 2,579,899 21,311,918
6 那覇空港 16,744,343 2,927,503 19,671,846
7 大阪国際空港(伊丹) 14,923,678 0 14,923,678
8 中部国際空港 5,658,437 5,184,299 10,842,736
9 鹿児島空港 51,79,727 193,234 5,372,961
10 仙台空港 2,922,997 187,366 3,110,363
11 宮崎空港 2,980,213 94,575 3,074,788
12 熊本空港 2,941,421 45,265 2,986,686
13 長崎空港 2,942,489 24,932 2,967,421
14 松山空港 2,858,063 36,723 2,894,786
15 広島空港 2,533,441 318,073 2,851,514
16 神戸空港 2,695,934 233 2,696,167
17 石垣空港 2,383,518 38,011 2,421,529
18 高松空港 1,642,872 201,646 1,844,518
19 大分空港 1,746,223 66,416 1,812,639
20 函館空港 1,543,735 200,945 1,744,680

 

表を眺めてみると、やはり那覇空港の落選が目立ちます。また、16位の神戸空港よりも上位にいる、熊本空港・松山空港・広島空港には是非頑張っていただきたいものです。

 

 

是非、グーグルマップの編集者には鳥取空港のコナンについてなど言及してほしい。