ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

出張での2018年度 JALダイヤモンド達成 ダイヤモンドの内容を詳しく解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年も無事にJALのダイヤモンド会員資格を獲得することが出来ました。

出張にて飛行機利用が多いが故の達成ですので、会社に感謝するしかないわけですが、特に費用も考えずに国内線を乗り続けてのダイヤモンド達成の場合、どれほどの費用が掛かるかの参考にはなると思いますので、Fly On Point=FOPの単価などをまとめておこうと思います。

 

f:id:salesconsultant:20180917220557p:plain

 

JALのダイヤモンド会員資格とはどの様なステータスなのかを解説

正式名称は「JMBダイヤモンド」となります。

 

どの様なモノなのかというと、公表されている中では、

 

JALが用意している最高ランクの会員ステータスとなります。

 

達成条件としては以下のものが挙げられています。 

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗が以下に該当するお客さまにお届けします。

毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ONポイント(うちJALグループ便50,000FLY ONポイント)以上
または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ONポイント以上
※ご搭乗回数は、JMBのマイル積算対象運賃によるご搭乗が対象となります。
※「JALグローバルクラブ」と「JMBダイヤモンド」のサービスを重複してご利用いただくことはできません。
※サービス内容は予告なしに変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

出典:JAL公式HP

 

FLY ONポイントは飛行機に乗らないと貯めることが出来ない。

ダイヤモンド会員達成のためには、100,000FLY ONポイント(以下FOP)を一年で獲得しなければならないのですが、このFOPはマイルと異なり、「飛行機に乗る」しか貯める手段がありません。

毎年リセットされてしまいますので、ダイヤモンドステータスを確保するためには、毎年飛行機に乗り続けることが必要となります。

 

FOPはJALの飛行機か、グループの飛行機に乗って貯める必要がある。

FOPを貯めるための条件は、

①JALの飛行機に搭乗するか、

②JALが所属しているグループ「ワンワールド」に所属する航空会社に搭乗して、更にJALとしてFLY ONポイントを貯めていくことが必要となります。

 

JAL便だけ乗っている場合は問題ないですが、ワンワールドに所属している他の航空会社の場合は全て他の会社ではだめで、JALでのポイント加算が必要となります。

 

飛行機に乗りまくり年間100,000FOPを超えると、翌年度の会員ステータスをダイヤモンド会員にすることが出来ます。

 

 

このFOPは搭乗区間によって決まってますので、航空券の取得金額によって1FOP取得の単価が変わります。

 

出来るだけお得にサファイア、ダイヤモンドに到達するためにはとにかくFOPを獲得するのに効率的な路線を探す必要があります。

会員資格達成の効率を表す【FOP単価】

上級会員になるため如何に安価に修行を終えるか?

という観点で考えると、1FOPを取得するために掛かった費用が重要となります。

 

ネット情報を見ていると、FOP単価で最安な路線などは6円台のものもあるようです。ただ、これはかなり限定的なチケットになると思います。多くの方はFOP単価10円ほどを目指しながら飛行機に乗っているのだと思われます。

 

f:id:salesconsultant:20180912134450p:plain

 

JALのダイヤモンドメンバーになると様々な特典を得ることが出来ます。

ダイヤモンド会員になると、多くのサービスが付加されます。

一つ一つ確認し、自分に合うサービスがあるのかを確認してみてください。

 

■専用デスク

JALグループ便をご予約の際は、専用のダイヤモンド・プレミア予約デスクをご利用ください。

国際線の特典航空券の相談などにものってくれます。JALの所属しているアライアンスの「ワンワールド」に所属している他の航空会社の特典航空券を取りたい場合なども、電話で対応してくれます。

 

■予約時のキャンセル待ち

ご希望のJALグループ便が満席の場合、キャンセル待ちを運賃ごとに最優先でお取り扱いいたします。
ワンワールド アライアンス加盟航空会社各社のご希望の便が満席の場合、各社の予約センターにて優先的にキャンセル待ちをお取り扱いいたします。

ダイヤモンドメンバーの大きな特典です。

サファイアメンバーでもキャンセル待ちは出来ますが、ランクが異なります。

 

簡単に言ってしまうと、ダイヤモンドとプレミアのメンバーが優先されます。

 

どんなにサファイアのお客様がキャンセル待ちで並んでいたとしても優先されるのは、後から来たダイヤモンドメンバーとなります。

 

多くの飛行機に急ぎ乗ることの多いビジネスマンには、非常に価値ある特典となります。

 

 

■前方座席指摘サービス

 ホームページでもお電話でも、JALグループ便をご予約の際、前方座席を優先してご指定いただけます。

通常、飛行機の席はその会員のランクによって取ることのできる座席が決まっています。

 

ダイヤモンド会員になるとその制限なく、つまり最初は指定不可になっている前方座席も予約がすぐにできます。

 

■国内線先行予約サービス

国内線 先行予約サービス(日本地区会員のみ)
JMBダイヤモンド・JGCプレミア会員の方なら、通常の予約開始日より早く、ご搭乗日の「2週間+2カ月前」から先行予約を承ります。

通常は二ヵ月前から予約できるのですが、それよりも二週間も早く国内線の予約を行う事が可能となります。

 

こういった予約の先行というのは本当に便利で私も活用しています。

 

■マイルUPボーナス

 

ダイヤモンドやサファイアという上級会員になると、飛行機に乗って貰う事の出来るフライトマイルと利用した運賃事の積算率を掛け合わせた、取得マイルに対して更にボーナスマイルを獲得することが出来ます。

 

ダイヤモンド会員のボーナスマイル加算率は、実に130%ととなります。

 

130%ですよ?取得できるフライトマイルたちよりも多いマイルがボーナスとして加算されます。

 

一度、上級会員になったうえでの総加算マイルに慣れてしまっていると、通常のフライトマイルだけでは物足りなくなってしまいます。他の航空会社への鞍替えを抑制する高価としては非常に強力です。

 

f:id:salesconsultant:20170702084204p:plain

 

■マイル有効期限の廃止

通常、積算されたマイルの有効期限は、ご搭乗日(ご利用日)から36カ月後の月末までとなりますが、JMBダイヤモンドの対象期間中は、お持ちのすべてのマイルの有効期限がなくなります。(対象期間中は、マイルが失効しません。)
※達成の翌月末に有効期限を迎えるマイルより、マイル有効期限廃止の対象となります。
※JMBダイヤモンドからほかのサービスに資格変更または、資格失効となった場合は、お手持ちのすべてのマイルの有効期限が、資格変更または、資格失効になった日の36カ月後の月末までとなります。

 

マイルを貯めている人にとっては、非常にありがたい特典です。

 

マイルの有効期限が無くなりますので、焦ることなくマイルを蓄積することが出来ます。

 

JALに限らずANAもそうなのですが、日本の航空会社のマイルの有効期限は36ヵ月=3年が一般的です。正直たった3年だとマイルを貯めきる前に有効期限が訪れてしまいます。

 

 

この特典はダイヤモンド会員である限りは実施されます。

 

仮にダイヤモンド会員から降格したとしても、そこから3年間の有効期限となるので、かなりの長期間マイルの有効期限が無いことになります。非常にありがたいです。 

 

■専用カウンターでのチェックイン

f:id:salesconsultant:20170702085111p:plain

JALのステータスですので、まずはJALが用意しているチェックインカウンターはほぼ利用できます。

 

具体的にはファーストクラス・チェックインカウンターやJALグローバルクラブチェックインカウンターです。

 

これは通常のお客様は利用することが出来ませんので、混雑時でも非常にスムーズにチェックインが出来ます。(見たことないですがVIP専用のチェックインカウンターなどがあるようです。もちろんそこは利用できません)

 

また、JALのダイヤモンド、そしてプレミアは所属いているアライアンス「ワンワールド」の中でのランクでは最高ランクのエメラルドに値しています。

 

という事で、JAL便で無かったとしてもワンワールド加盟航空会社利用時にも優先登場が出来たりします。これは国際線利用の人には非常に良い機能といえます。

 

 

■プライオリティバッゲージサービス

仰々しい名称ですが、簡単にいうと預入荷物が優先的に戻ってきます。

 

これも上級会員の中のランクでも格付けがあり、もちろんダイヤモンドは最高ランクとなります。赤いタグがついて荷物が出てきている人がいたらその人たちは最優先で荷物返却される顧客という事です。

 

 

 

■受託手荷物無料許容量のご優待

f:id:salesconsultant:20170702085732p:plain

預入荷物の重要についても特典があります。10Kgではなく、そこから更に20Kg追加まで無料で預入することが出来ます。国内線でこの重量はなかなか無いと思いますが、だからこそうれしいサービスの内容です。

 

■空港での優先空席待ち

JALグループ便ご利用時に、空港にてご搭乗当日空席待ちをされる場合、最優先でお取り扱いいたします。
また、ワンワールド アライアンス加盟航空会社便ご利用時に、空港にてご搭乗当日空席待ちをされる場合、優先的にお取り扱いいたします。

空港での当日対応も優先的に実施されます。

 

キャンセル待ちは基本的に前日に打ち切られますが、当日対応は空港カウンターにて行われています。その対応時の優先権ですね。上位のシートのキャンセル待ちなどもこれに該当し、ファーストクラスやクラスJのキャンセル待ちも優先的に実施されます。

 

■ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場

さきほど、チェックインカウンターのところでも少し触れましたが、ダイヤモンドとプレミア会員は専用チェックインカウンターを利用できます。

 

大体、そのチェックインカウンターの奥には、そのまま専用の保安検査場が併設されていて、そのまま専用保安検査場に進むことが出来ます。これも非常に空いているので混雑時にはかなり重宝するサービスです。

 

これに慣れてしまうと、地方空港などで専用のチェックインカウンター、保安検査場が無いと、非常に時間を要することからかなりイライラしたりもしますが、その時は「あるのが特別、無いのが普通」と念仏のようにとらえ、いつもサービスを享受できていることに対して感謝の気持ちを持ち、心を落ち着かせる必要があります。

 

■ファストセキュリティレーンのご利用

f:id:salesconsultant:20170702132505p:plain

成田空港の第2ターミナルからの出国の場合は、ファーストセキュリーティーレーンという専用の通路が使えます。

 

■空港での優先搭乗

ダイヤモンドカードとご搭乗券をご提示いただくことにより、JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗時に、一般のお客さまに先駆け、優先的にご搭乗いただけます。

飛行機に優先的に乗ることが出来ます。

 

飛行機の定時運行を考えるなら後方の人や窓側の人から絶対に入れるべきですが、とにかくお手伝いが必要な方の次には上級会員が飛行機に乗ることが出来ます。

 

 

■ラウンジサービス

これこそ、上級会員の真骨頂とも言うべきサービスかもしれません。

JAL国際線では

  • ファーストクラスラウンジ
  • サクララウンジ

の利用が可能となり、

JAL国内線では

  • ダイヤモンドプレミアラウンジ
  • サクララウンジ

の利用が可能となります。

JALマイレージバンク - JMBダイヤモンド:ラウンジ

国際線ラウンジでは、カレーが食べられたり、寿司が出てきたり、鉄板焼きがふるまわれたり、お酒が飲み放題だったり、食事に困ることは有りません。

 

国内線ラウンジではビール飲み放題だったり、カレーパンが食べられたり、結構なベネフィットが得られます。

また、電源の確保も容易であるため、仕事をするにも非常にはかどる空間を手に入れることが可能です。この、航空会社でのラウンジを堪能するために、権利を手に入れるために、上級会員を目指す方も多いです。

 

■ワンワールド アライアンス加盟航空会社でのエメラルド対応

 

分かりにくいと思いますが、

 

JALの上級会員の資格も鉱石でまとめられていますが、所属するアライアンスのワンワールドの会員資格も鉱石でまとめられています。

 

f:id:salesconsultant:20170702134747p:plain

 

 

JAL最高ランクのダイヤモンドはワンワールドでのエメラルド会員資格に該当します。

 

 

従いまして、他のワンワールド加盟の航空会社の飛行機に乗る場合は、エメラルド会員資格を維持したまま上級会員的な扱いをしてもらえます。

 

■国際線機内販売事前予約

JAL国際線欧米線、およびそのほかの一部路線において、JMBダイヤモンド、JGCプレミア会員限定商品など、厳選された品目につきまして、予約を承ります。

 

JALの国際線でビジネス以上のシートでは機内販売で高級焼酎の森伊蔵が定価で購入できます。(期間など定めがありますが)

 

 

■国際線Wi-Fiキャンペーン

国内線と異なり、国際線のWi-Fiは無料ではありません。

 

ダイヤモンド、プレミア会員については、事前に申し込みをして番号を取得しておけば、機内でのWi-Fiが40回分無料で利用できるクーポンが貰えます。

有料サービスにて活用しようとすると、約1,000円ほど料金がかかりますので、こちらもうれしいサービスとなります。 

 

■FLY ON アップグレードパッケージ

f:id:salesconsultant:20170702135739p:plain

 

■JALとっておきの逸品 限定商品

ご好評いただいている「JALとっておきの逸品」にダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア会員限定商品をご用意しております。

 

簡単に言うと、マイルを使って様々なものと交換できます。会員限定でのログインとなるので、なかなか中身を見ることもできないのですが、一部どのようなものがあるかを貼り付けておきたいと思います。

f:id:salesconsultant:20170702135420p:plain

かなり高級なものが手に入りますね。

 

上級会員且つマイルを大量にお有している人からすると楽しい交換サイトのようなものになると思います。こちらも上級会員限定のサービスです。 

 

■パイロット体験 航空教室

30,000マイルを使う事によって、パイロット体験航空教室を利用することが出来ます。30,000マイル!!って相当なマイル数だと思うのですが、人気があるという事から利用している人も多いのだと思います。まだ私はその境地に到達できていません。

 

どうでしたでしょうか?様々な特典があることが確認できたと思います。同じ料金を払っているのにもかかわらず、所謂上顧客に対してはこれほどまでのサービスが付加されます。せっかく飛行機に乗る私達であればこの特典を享受しないわけにはいきません。

 

【参考情報】出張利用でのJALダイヤモンド会員達成FOP単価は22.2円でした。

搭乗日の一週間以内にチケットの手配をすることが多く、特割がメインです。

その様な場合、2018年JALダイヤモンド会員達成のためのFOP単価は22.2円でした。

  2017年 2018年
サファイア達成FOP単価 22.7円 24.4円
ダイヤモンド達成FOP単価 21.4円 22.2円

 

会社員の方(出張族、サラリーマン)の方は、全額会社負担にてダイヤモンド会員を達成した場合、約222万円程の価値を提供してもらっている事になります。

非常にありがたいですね。

 

 

サファイア以上の会員資格に8年連続でなることが出来ました。

JALの飛行機にこれからも乗り続けてみたいと思います。