ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

平成も終わるので平成の内に搭乗した飛行記録を集めてみた

平成最後の日、2019年4月30日。

平成ではたくさん飛行機に乗った覚えはあるのですが、いったいどれほど飛行機に乗ったのか確認してみたく、各航空会社の飛行記録を集めてみました。

 

といってももちろん、各社によって仕様が異なるため、過去に遡り搭乗記録を見ることが出来る航空会社もあれば、一年間だけ見ることのできる会社、トータルでの飛行マイルだけ確認できる会社など様々です。

 

切りの良いタイミング?なのかはわかりませんが、ご自身の飛行記録を集めてみて令和に向けての基準となるポイントを探ってみてはいかがでしょうか?

 

f:id:salesconsultant:20190429155725p:plain

各航空会社でわかるモノと、わからないモノは概算で登場回数出してみました。

 

JALの飛行機への登場回数は557回(国内線537回、国際線20回)でした。

いつもお世話になっており、そして調べれば調べるほどに搭乗記録においては他の国内航空会社を圧倒するJAL。

JALは他の航空会社と異なり、一年間だけでなく過去の搭乗記録を保管および閲覧できる状態にしてくれています。

 

この一点は確実にライバル会社であるANAのサービスを圧倒しています。

 

JAL対ANA 過去の記録をしっかり保管してくれているのは・・・ - ゆらゆら。まったり。

 

 

私は平成になってからJALのマイレージプログラムに参加していますので、WEB上の数値がそのまま平成でJALに搭乗した記録となります。

 

確認してみたところ、JALへの登場回数は557回(国内線537回、国際線20回)でした。

 

f:id:salesconsultant:20190429140145p:plain

 

特典航空券や他社のマイルで獲得したJAL便はカウントされていないはずなので、純粋にお金を払って飛行した記録となります。

 

飛行機に乗り出したのが、2012年からですので約7年の間に飛行した記録ともいえるわけですが、なかなかJALにはお世話になったと思います。

 

記録には、生涯マイル・生涯搭乗回数そしてなぜか地球何周分、月までの往復距離での計算、総搭乗時間も教えてくれる。

 

もう行き過ぎている、そして確認するのが個人的に楽しい記録もJALは記載してくれているから好きです。

なぜか、

も計算して記載してくれています。

 

f:id:salesconsultant:20190429143749p:plain

 

謎ですが、見ていて楽しいので目的は達成しているのでしょう。この不必要なまでの心配り、JALっぽくてたまりません。

 

生涯獲得ステイタスも確認できる。注意点は終了時のステータスでカウントされるという点。

また、さらにご丁寧に生涯獲得ステータスも表示されます。

 

f:id:salesconsultant:20190429143855p:plain

 

私の場合は、7年間の飛行記録の内、興味なく飛行機移動していた前半4年がSAPPHIRE(サファイア会員)

飛行機乗るの面白いなと思い始めた後半3年がDIAMOND(ダイヤモンド)会員になることが出来ました。

 

前半の4年についてもCRYSTAL(クリスタル会員)で終わることなく、そのままサファイアを達成してしまったため、終了時のステータス基準のこの表記ではCRYSTALに星がついていません。

 

万が一★をコンプリートしたいんだ!という人がいるならば、調整して終了時ステータスでクリスタルを獲得しないといけませんのでご注意ください。

 

JAL GLOBAL CLUB(JGC)に加盟している人の場合は、この生涯獲得ステイタスの文字の横に獲得しているタグが並びます。

 

1,250回の登場で現時点で公表されているタグの最多数タグである通称黒亀を獲得できるので、1,250回を達成したら一気に貰ってみようかな?という野望を抱いております。

それまで、JGC加盟せずに楽しみたいと思います。

 

それにしてもJALはやはり振り返りが出来るので楽しいですね。

 

どこかにマイルや特典航空券はカウントされないのでそこだけ注意が必要。

 

f:id:salesconsultant:20190429153757p:plain

 

もうこれでもかと手厚いJALなのですが、特典航空券で登場した場合だけ世知辛いです。

生涯マイルには加算されません。

これは、どこかにマイルも同様です。

 

 

国内線搭乗のカウントもされないはずなので、純粋にお金を払って登場した数になります。

 

どこかにマイルと特典航空券ひっくるめて特典利用は14回有りました。

 

British Airways(ブリティッシュ エアウェイズ)で遊んだ搭乗記録はほとんどJALにつけていたの。20回利用している様子。

JALと同じアライアンスに所属しているBritish Airways(ブリティッシュ エアウェイズ)のマイル=アビオスを利用して、JALの国内線に搭乗するのは有名な方法です。

 

JALのマイルよりも少ないマイル=アビオスで国内往復の航空券を手配できるからです。

 

British Airways(ブリティッシュ エアウェイズ)のアビオスで航空券を手配した場合、British Airways(ブリティッシュ エアウェイズ)側で処理するか、JAL側に登録しなおして登場するか選ぶことが出来ます。

 

JALに登録しなおして登場した場合、前述したJALの総搭乗記録にも記載されます。

 

 

f:id:salesconsultant:20190429153051p:plain

↑直近の記録も表示されます。

 

f:id:salesconsultant:20190429153307p:plain

↑過去の記録も表示してくれます。

 

ただし、マイルの獲得も生涯マイルへの加算もありません。

 

このBritish Airways(ブリティッシュ エアウェイズ)のアビオスでの特典航空券確認できる内容で、20回飛行機に乗っていました。

 

なんだかもっと利用している気もしますし、確実に利用した飛行記録も無い気がするのですが、記録としては20回利用させてもらっています。

 

有難いです。

 

ANAの搭乗記録は一年間。それ以外はライフタイムマイル(LTマイル)のみ確認できる。ANAには97回搭乗という事にしました。

 

ANAはJALよりももう少しさっぱりしていまして、過去一年分の搭乗記録が確認できるのと、それ以外はライフタイムマイルという事で、通算した飛行マイルの記録を見ることが出来ます。

 

ライフタイムマイルはANAのWEBサイトから簡単に確認できます。

 

f:id:salesconsultant:20190429140425p:plain

↑平成31年4月30日段階でのライフタイムマイルは46,933マイルでした。

 

ANAには極力乗っていないので個人的にはこんなにあるんだなという印象。しかし、飛行機に乗った回数が確認できないのが悲しいところです。

 

ANAのライフタイムマイルから登場回数を概算で計算してみた。

これは概算になってしまいますが、JALで取っていた記録にて1フライト当たりの飛行マイルを計算したものがあったので、それをANAにも当てはめ、概算の飛行回数を計算してみました。

 

↑世界最強の飛行機マイラートムスタカーさんの記録との比較で計算しました。

 

国内線がメインという事も有り自身の平均飛行マイルは、「480マイル」でした。

(本当は、JALは九州出張に利用しているので、ANAよりも大きい数字になっているはずですが、計算無理なので割愛。)

 

この480マイルを用いて、ANAのライフタイムマイルである46,933マイルから登場回数を計算すると、

 

ANAの登場回数は約97.77回⇒97回 となりました。

 

という事で、平成の内にANAは97回ほど飛行機に乗っていたことにしておきます。

 

思えば、ANAではプラチナ会員になった年も有りましたし、ブロンズ獲得で終わった年も有りますし、JALに固め打ちしだしたのは、最近だったのだなとまとめながら気づきました。

 

JALのJGCはいらないのですが、ANAのSFCは取っておけばよかったと少しだけ公開しております。

 

ANAのダイヤモンド会員獲得回数の表示の仕方は素晴らしくかっこよい。

私は表示されたことが無いですが、ANAのアプリ上でのダイヤモンド会員の表示方法は素晴らしく良いなといつも思っています。 

 

これまでの獲得ダイヤモンド会員年数が、まるで撃墜マークのごとく増えていくのです。

f:id:salesconsultant:20190429150754p:plain

出典:ANA公式HP 

 

上記の参考画像の場合、7年ダイヤモンド会員であることがわかります。さらに右下にはミリオンマイラーの証も表示。この人は赤色なので300万マイルは飛行機乗っていることがわかります。

 

↑300万マイルの上には400万マイルもあります。まさに異世界。

 

これ良いですよね。

 

JASの記録は見つかるはずが無く撃沈。スカイメイトでよく利用していました。

 

f:id:salesconsultant:20190429151915p:plain

 

JALと統合となったJAS。この航空会社には大学時代によくスカイメイト運賃にてお世話になっていました。

 

既にWEBサイトも無いですし、そもそもJASのマイレージプログラムに参加していたかも最早不明です。

 

JASの飛行機に搭乗した数は確認することが出来ませんでした涙。

 

現在のJAL好きの礎になっているのは、JASが好きだったからなので残念無念です。

 

スカイマークは通算記録という概念が無い。マイレージプログラムが無いので仕方なし。

 

スカイマーク航空はマイレージプログラムを行っていませんので、そもそも通算での飛行機搭乗回数や獲得マイルという概念がありません。

 

それでも、飛行機搭乗回数を確認しようとすると、個別に検索する形で過去一年間の飛行機への搭乗は、「搭乗記録」という形で確認できるようです。

 

 

f:id:salesconsultant:20190429140606p:plain

出典:スカイマーク公式HP

 

めんどくさい。そして一年だとやる気にならない。

 

飛行機によく乗り出した時にスカイマークにて羽田-神戸-長崎という謎の一度下ろされる路線で良く乗っていたりしたのですが、その時の記録も無くなってしまい残念です。

 

スターフライヤー・ソラシド・FDA・AIR DOその他割愛。

それぞれJAL・ANAの共同運航便以外で各航空会社に料金支払って登場した覚えも有りますが、あってもそれぞれ片手ほどの回数なので割愛。

 

デルタ航空やユナイテッド航空、S7航空などの搭乗記録ももはや分からない。

同様に、初めてタイに行ったときに搭乗したデルタ航空もグアムに遊びに行ったユナイテッド航空もイルクーツクに行った際のS7航空も、もう確認できないです。

これは、マイレージプログラムに参加していれば防げたのかもしれませんが、もう分からないので思い出の中にとどめておきます。

 

 

結果としては、

JALの有償での搭乗が557回

JALのマイルでの搭乗が14回

JALへ他社マイルでの搭乗が20回

ANAは概算で97回

JASは不明ですが、たぶん20回ほど。

スカイマークは不明ですが、たぶん30回ほど。

スターフライヤーその他は割愛。

 

少なくみても、「平成」ではに700回は飛行機に乗れたのだと思います。

 

 

まだまだ趣味としだして日が浅く、この界隈にはモンスター級の搭乗記録を誇る方も多数いるので、早くその境地に立てるように令和ももっと飛行機に乗れたら良いなと思っています。

 

 

 

みなさんも平成の総括として、どれだけ飛行機乗ったかまとめておくと楽しいと思います。

たくさん乗ったから良いのではなく、飛行機内そして目的地含めてどれだけ楽しいことをしたかが重要ですが、まあ飛行機に乗る自体が楽しいのでまとめておくと後で振り返って楽しいです。