ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

人生の3年を飛行機で過ごしている男 Tom Stuker (トム・スタカー)の記録がすごい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 ユナイテッド航空をこよなく愛する、世界一(と思われる)飛行機乗り、 Tom Stuker (トム・スタカー)さんの記録は、飛行機が好きな人は確実に憧れてしまう数字です。

100万マイルと言った次元ではなく、なんと1,800万マイルもの距離を飛行機で移動しています。

 

出典: https://www.cnn.co.jp/business/30003349.html

 

2017年4月に1,800万マイル達成。恐ろしい距離を飛行機で移動

Tom Stuker (トム・スタカー)さんは元々、飛行距離1,000万マイル越えの有名なマイラーでしたが、1,000万マイルで飽きることなく、そこから更に記録を伸ばされていたようです。

無事に2017年6月段階の記事にて1,800万マイルを突破したことが取り上げれていました。

 

This past April, business traveler Tom Stuker became the world’s most frequent flyer, logging 18,000,000 miles of air travel on United Airlines over the last 14 years.

出典:theconversation

 

なんと、14年かけての総飛行マイルが「18,000,000 miles」と常人には確実に達成できない数値に到達したようです。

 

そして、このTom Stuker (トム・スタカー)さんが特筆される点としては、この大記録はユナイテッド航空のみで樹立されたものであり、単一エアラインにて達成されている「18,000,000 マイル」です。

最強の飛行機乗りの一人と言えるのではないでしょうか。

 

2011年1,000万マイル⇒2017年1,800万マイルの非日常性

Tom Stuker (トム・スタカー)さんの飛行記録は2011年にユナイテッド航空での1,000万マイル達成時に脚光を浴びました。

5,962回!!のユナイテッド航空への搭乗で、ライフタイムマイルにて1,000万マイル達成というのは本当にとてつもない記録だなと、「当時」は感じた訳ですが、今にして思えば、Tom Stuker (トム・スタカー)さんからすると、通過点だったという訳ですね。

そこからも飛行機に乗り続け、現在では1,800万マイルです。

 

約7年間で800万マイル飛行機に乗っている。1年で100万マイルは余裕で達成。

2011年⇒2017年の7年間にて、Tom Stuker (トム・スタカー)さんの飛行マイルは800万マイル増えています。

単純に考えて、年間100万マイル以上もの距離を飛行しているわけですが、この100万マイルという数字は、一般的な飛行機が大好きでとにかく乗りまくりたいんです!という人でも、到達できない人の方が多い数値です。

その100万マイルという数字を年間で達成してしまう事が如何に恐ろしい数字なのか分かっていただけると思います。

 

飛行機の中で過ごした時間は約32,727時間 3年間飛行機の中で暮らしたことになります。

1,800万マイルという驚異的な飛行距離になるためには、一体どれほどの時間が必要なのでしょうか。

実際の時間は分かりませんが、飛行機の速度と飛行距離から概算での飛行機内時間が計算されていました。

 

It depends entirely on how much time he has spent in the air. Assuming an average flight speed (550 mph), Stuker’s 18,000,000 miles would translate into 32,727 hours (3.7 years) of flight time.

出典:theconversation

 

この計算によると、トム・スタカーさんは実に 32,727時間・約3年間もの時間を飛行機内にて過ごしている事になります。

 

嘘か本当か分かりませんが、世の中には一万時間の法則というモノがあります。どのような分野でも一万時間熱意をもって取り組めば、その分野のエキスパートになれるというモノです。

エキスパート養成に必要な一万時間を余裕で上回る三万時間を飛行機内で過ごしたトム・スタカーさんは、図らずとも飛行機に乗るエキスパートになっています。

 

 

ライフタイムマイル100万マイル。という数字が本当にかわいく感じてしまうような数字ですが、この方と自分の飛行記録は比較してはいけないです。

世界トップレベルというのは本当に飛び抜けているなと痛感する次第です。