ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

AmericanExpress(アメックス)のプラチナカード メタルの材質はチタン(たぶん)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AmericanExpressのプラチナ・カードには金属製のカード(メタルカード)が用意されています。

このアメックスのメタルカードの重量を測定したところ「18グラム」でした。

金属製のクレジットカードとして双璧をなす、Luxury cardの重量は23gという情報も有り、なんとなく重さで負けていると重量感が無く残念な気持ちになってしまうかもしれません。

AmericanExpressのプラチナカードメタルの素材について考察しました。

f:id:salesconsultant:20181225210135p:plain

 

クレジットカードの体積を計算して、使われている金属を推察してみました。AmericanExpressのプラチナメタルはチタンが使われていると思われます。

検証の結果、AMEXのプラチナメタルの材質は「チタン」です。(たぶん)

Luxurycardの材質がステンレスと公表されているのですが、チタンとステンレス。重量が負けていても、十分にうれしい結果ではないでしょうか。

※結果についてはあくまで推測ですのでご留意ください。

 

以下計算を進めた内容を記述していきます。尚、多くの方が馴染みのある、イメージしやすい単位で書いているので、SI単位系で統一していないのです。

理系の人は気持ち悪いかもしれませんが、ご容赦ください。

 

クレジットカードのサイズは規格が決まっているので、面積及び体積は計算できる。

 

クレジットカードの面積の計算

 

クレジットカードのサイズは、各社が自由に設定しているわけでなく、「ID-1」という国際規格に適合したサイズになっています。その国際規格である、「ID-1」を見てみるとAmericanExpressのメタルカードの正式なサイズが分かります。

 

「ID-1」

【縦53.98mm 横85.60mm 厚さ0.76mm 角の丸みの半径を3.18 mm】

 

ID-1は、

大きさが 85.60 × 53.98 mmであり、銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどに採用されている。今日では多くの国で自動車運転免許証のサイズとしても使われている。また、会員証のプラスチックカードなどもこのサイズが多い。この形状は、縦横が黄金比になっている。

出典:Wikipedia

 

 

単純に縦×横で面積を計算しても正確なクレジットカードの表面積は計算できません。

クレジットカードには、角丸の処理がされていますので、その部分の面積を考慮しないと、正確な面積及び体積が分からず材質の推定が出来なくなってしまいます。

 

クレジットカードの角丸処理は3.18mmですので、この半径で描いた角丸処理された部分を計算しなければなりません。

 

角丸を考慮した計算は面倒だな。。と思っていたところ、素晴らしいサイトを発見したので、そちらで計算してもらいました。

 

f:id:salesconsultant:20190106212850p:plain

出典:keisan

 

結果、クレジットカードの表面積は

SI単位系でいうと、「0.004612平方メートル」

多くの方が馴染みのある、平方センチメートルで表すと、

「46.12平方センチメートル」となりました。

 

クレジットカードの体積の計算

合っているか分かりませんがクレジットカードの面積が計算できました。

次は、体積の計算ですがこれは簡単です。厚さを掛け合わせるだけです。

しかし、ここで大きな問題が発生するのですが、クレジットカードの厚さの規定で0.78mmと決まっていますが、AMEXのプラチナメタルカードの厚さが本当に、0.78mmであっているのかどうかが不明です。

心なしか少し厚い気がします。

 

しかし、長さ(厚さ)を図ることのできる「マイクロメーター」「ノギス」は流石に持っていないので、正確な厚さを図ることなく、暫定値として規格で決まっている厚さ0.78mmを使用することとしました。

f:id:salesconsultant:20190106213628p:plain

出典:モノタロウ

 

クレジットカードの面積 46.12平方センチメートル × 厚さ 0.78mm を掛け合わせると、

 

クレジットカードの体積は「3.50513cm3」となっています。

 

各金属の比重を掛け合わせて重さを計算してみると、チタンが一番近い数字となる。

 

体積がわかったので後は金属の比重をかけ合わせれば、目的であった「重さ」を求めることが出来ます。

多くの金属がこの世の中にはありますが、たぶん使うとしたらこの辺り。。。という金属に絞って計算しました。

 

候補として、残したのは

  • チタン合金
  • ステンレス
  • アルミニウム 

 の3種類です。

 

結果的には、以下のとなります。

金属 比重 重さ(g)
チタン合金 4.43 15.53
ステンレス 7.8 27.34
アルミ 2.6989 9.46

※ステンレスの比重は、7.7~7.9との事だったので、7.8にしました。

※小数点第二位で四捨五入しています。

 

どの材料も、ぴったりとした数値にならずに非常に気持ち悪い結果に!

 

アメックスの公式HPに開示されている「重さ」に一番近い金属を正解としました。

アメックスのメタルカードの18gもラグジュアリーカードの23gとも、計算結果が異なり、どうしたものかと思いましたが、AMEXの公式HPが出している数値に近い金属を正解とすることで納得しました。

 

↓公式HPに掲載されているAmericanExpressメタルカードのカード情報

[Specification]

Metal Weight : 15g

Height : 54mm

Width : 85mm

Thickness : 1mm 

出典:AmericanExpress公式HP 

 

凄くアバウトに情報開示してくれていますが、公式情報だと「15g」となっています。

この公式リリースの情報に一番近い数値は、チタン合金の15.53gですので、材質はチタン合金で計算してリリースしたのだと推測します。

 

 

結果、不本意な計算結果ですがアメックスメタルの材質は「チタン合金」であると思われます。

(純チタンの比重で計算したほうが、18gに近づきますが純チタンで作らないだろうと勝手にチタン合金にしています。)

 

 

 

ラグジュアリーカードと比較して、材質が良いような気がしてちょっとだけ気分が良いです。