ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

羽田空港で文房具を買うなら、「南青山 Shosaikan」が本格的な取り揃え

羽田空港には、高級文房具店として知られる、青山にある書斎館のお店が出店しています。その「南青山 Shosaikan」では、空港にある文房具屋さんとは思えないラインナップ達がお客様を出迎えてくれます。

 

文房具を購入しない場合でも、空港にあるお店ならではの飛行機柄を取り入れたレザークラフトなども有りますので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

f:id:salesconsultant:20181226221934p:plain

 

青山の書斎館はボールペン、万年筆を取り扱っている高級文房具屋

羽田空港の「南青山 Shosaikan」を知るためには、大元のお店である書斎館自体がどのようなお店なのかを知っておくとよいと思います。

 

書斎館は青山にお店を構える、高級文房具のお店として有名です。文房具のお店なのですが、自らをブティックと称していますので、どのようなお店なのかは判断付くと思います。隣は、書斎館自体が運営し得ているカフェですし。

 

店内には、約3,000本ほどのボールペン、ローラーボール(ペンの一種)、万年筆などを取り揃えており、高級なものになると1本200万円を超えるようなペンも置いてあります。

 

 

f:id:salesconsultant:20181226232512p:plain

私も、この青山の書斎館では自分の好きな文房具ブランドである「ペリカン」のスーベレーンシリーズをボールペン、万年筆共に購入しています。20代のころに購入したので、少し、というよりはかなり背伸びして購入したのが良い思い出です。

 

書斎館で文房具購入したいな。というのは、(軽くではありますが)文房具好きの人は一度は思う事なのでは無いでしょうか。

 

書斎館の特徴は、無調整・試し書き有り。自分の相棒に出会えるかがとても重要。

ボールペンやローラーボールではあまり関係のない話ですが、万年筆を購入するときには、実は店選びから熟考してしまうほど悩む買い物です。

 

同じ商品であれば、すべて同じか書き心地かというとそんなことは無く、万年筆は個体によって千差万別書き心地が変化します。

 

主には繊細なペン先の形状によってなのですが、そのペン先をしっかりと調整してから提供するタイプのお店と、書斎館のように無調整で並べる店に分かれるので、悩むのです。

 

プロが調整しアドバイスをくれるお店で購入するのか?

 

はたまた、無調整のままに購入し、奇跡の相棒に出会う楽しみを優先するのか?

 

f:id:salesconsultant:20181226232705p:plain

 

書斎館は基本的には無調整と聞いていますので、後者のお店となります。その分、しっかりと試し書きもさせてくれますので、安心して購入できる点は、どちらも同じです。

 

参考情報となりますが、調整済みの万年筆を購入したい場合は、東京都内だと金ペン堂やフルハンターが有名です。

 

 

羽田空港にshosaikan(書斎館)は3つありますが、国内線第2ターミナルにあるshosaikan(書斎館)のほうが商品が充実しています。(たぶん)

 

実は、羽田空港には書斎館は3つのお店を出しています。

 

一つ目は、国内線第1ターミナルにあるshosaikan(書斎館)

二つ目は、国内線第2ターミナルにあるshosaikan(書斎館)

三つ目は、国内線第1ターミナル保安検査場後にある、shosaikan(書斎館)アネックス

 

となります。

 

全ての店をチェックしていますが、一番文房具の取り扱いが多いのは、国内線第2ターミナルにある、shosaikan(書斎館)だと個人的には思いました。

 

 

羽田空港の「南青山 Shosaikan」には、高級文房具が並んでいます。お気に入りのブランドを探してみてはいかがでしょうか。

 

「南青山 Shosaikan」では、目測で約300本ほどのボールペン・万年筆が並んでいました。

f:id:salesconsultant:20181226222004p:plain

 

ラインナップとしては、文房具ブランドとして有名どころのモノを並べていると感じました。本格的に購入したい人であれば、本店に赴くはずですので、とても良いブランドでそろえていると思います。

 

私が個人的に好きな「ペリカン」は別棚を用意されていて並んでいたので、それだけで大満足です。 

f:id:salesconsultant:20181226222131p:plain

 

どのペンも、「空港の空き時間でちょっと見てみるか、買ってみるか」とはなりにくい価格帯ですが、書斎館のラインナップの一部を堪能するのには十分すぎる商品構成ですので、お気に入りのブランドを探すのにはとても良いと思います。

 

羽田空港の「南青山 Shosaikan」ではお求めやすい価格帯の文房具やその他商品も扱っていました。

 

空港で高級文房具を求めている人は限りなく少ないと思いますが、それでも一度は羽田空港の「南青山 Shosaikan」は見てみると楽しいと思います。

 

本店のランナップには無いような、文房具屋小物類がたくさん置いてあるので、セレクトショップとしても、素晴らしい商品構成になっているからです。

 

f:id:salesconsultant:20181226222218p:plain

 

空港という立地柄、バックなどの用意もあり万が一バックが故障した時なども利用できるお店となっていました。 

 

画像には収め忘れましたが、質の良いノートなども置いてあり、旅行中に良いノートが欲しい時なども重宝すると思います。

 

f:id:salesconsultant:20181226222037p:plain

 

羽田空港の「南青山 Shosaikan」は文房具だけではない。空港のお店ならではの飛行機をデザインに使った各種商品が購入できます。

特に私が良いなと思ったのが、飛行機の柄をデザインにつかっている小物やバックなどの充実です。

 

レザークラフトの飛行機は非常に精緻にできていて、お土産でも喜ばれますし、飛行機が好きな方であれば、自分用に購入しても満足すると思います。

 

f:id:salesconsultant:20181226222102p:plain

そのほかにも、携帯ケース、ハンカチ、小銭入れ、財布など青山の書斎館では並ばないようなグッズが、書斎館の選択眼でお店に並んでいるのは非常に面白いです。

文房具だけではない書斎館を楽しめ、新しい一面を発見できるお店だと思います。

 

 

羽田空港の書斎館は、文房具が好きな方・興味がある方にとって入りやすいですし気兼ねなく文房具を見ることができる良いお店だと思います。また、それ以外の商品も充実しているので、文房具に興味なくても面白いです。