ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

岡山空港から一番近いホテル レスパール藤ヶ鳴に泊まってみた

空港に一番近いホテルに泊まってみようと思います。なぜなら、面白そうだから。今回は岡山空港に一番近いホテルと言われているレスパール藤ヶ鳴に泊まってみました。グーグルにて調べてみると距離は3.5km、車で約5分です。

f:id:salesconsultant:20170621221309j:plain

↑岡山城らしいですが本文とは関係無し

岡山県空港事情

岡山空港は住所で判断すると、「岡山県岡山市北区日応寺1277」と市内にありますので、岡山駅から近いのかな?と思いがちですが、かなり岡山駅からは距離があり移動に時間を見ておかないといけない空港の一つです。これまたグーグルに尋ねてみると、距離で18.6Km、車で約30分かかる距離と出ています。岡山駅から幾度となく岡山空港に移動してますが、岡山駅から出ているバスを利用すると760円、タクシーで移動すると約5,000円程かかります。このようなアクセスのあまり良いといえない岡山空港ですが、更に大変なのは朝の便に乗ろうと思うと非常に困る点です。市街地からのバスは朝6:00から出ていますが、例えば今回私が利用する7:10発の羽田行き乗ろうと思うと、朝一番の6:00発のバスに乗らないと間に合いません。(何度も言いますが、これは始発ですよ!)1本乗り遅れたら目当ての飛行機に乗れなくなります。非常にリスキーな移動計画となってしまうのが悩みの種でした。

岡山空港い一番最寄りのホテルに泊まってみようと思い立つ

朝の移動が厳しかったら、見たことは無いが空港最寄りのホテルに宿泊してみようという単純な考えで宿泊を検討、そして実際に宿泊してみることとしました。

グーグルにて調べてみると一番近いホテルがこちらのホテルでした。

www.resparle.jp

レスパール藤ヶ鳴。若干読みにくい。

このホテルに宿泊してみた記録です。出張が多い方は是非岡山空港周辺で宿を探す際の参考にしてもらえればと思います。

 なめている交通手段

 このホテル、相当強敵だなと感じたのはまず交通手段が有りません。岡山駅から送迎バスが出ていたらうれしいですがそんな事はあり得ませんので、まずは空港に行ってからそこから流石にあるであろう送迎バスに乗ろうかな?とおもっていたら、岡山空港からの送迎バスも存在しません。岡山空港から一番近いことを若干PRしていたりするのですが、それなのに送迎バスすら無いというのはどういう事でしょうか。しかし、それは文句を言っても仕方のないことです。このホテル様の方針なのですからね。今回は面倒なので市内からタクシーで移動しました。駅から若干離れた場所にいたので、約6,000円。

なめている車寄せ

このホテル強敵です。車寄せすら落とし穴が用意されています。なんとこのホテルの車寄せ、車が寄せられません。

f:id:salesconsultant:20170621224626p:plain

出展:http://www.jalan.net/yad305330/

画像見てもらうと奥のほうに三角コーンがあるのわかりますかね?あれでホテル正面に車が止められないように塞ぐ様に置いております。もっというとその前には鉄の棒が埋めてあるので、コーンが有ろうが無かろうが寄せることは出来ません。宿泊施設としての機能を無視しようとしております。

スーパー銭湯と間違えてしまうエントランス

結構驚きだったのが入口及びエントランスです。

f:id:salesconsultant:20170622121852p:plain

いきなり靴を脱いでロッカーに入れるように促されます。これはまさしくスーパー銭湯スタイル。温泉の匂いも相まって完全にスーパー銭湯にきたつもりになってしまいます。

f:id:salesconsultant:20170622121924p:plain

 

ちなみに温泉施設だけ利用したい人は入口正面のカウンターで手続き、宿泊する人は入って左側に進んだほうにあるカウンターにて手続きとなります。もちろんホテルでは有るのですが、雰囲気は完全にスーパー銭湯的なものなのでその点はご注意ください。

土足禁止なのでキャリーバック引いていいのか躊躇いましたが、持って歩いていたら宿泊施設側から大丈夫ですよ、と声掛けいただいたのでたぶん大丈夫なはずです。フロントでは入浴施設の番号札が配られます。これをお風呂に入るときには再度渡して、専用のロッカーのカギを受け取ります。エレベーターは柱の陰に一基用意されています。わかりづらいので、フロントのお兄さんに教えてもらうのが吉です。

ホテルの部屋はたばこくさい。禁煙の部屋は有ったのだろうか。

喫煙者の方、おめでとうございます。タバコを吸わない方、残念でした。部屋は強烈にたばこくさかったです。

f:id:salesconsultant:20170622122033p:plain

白いレースのカーテンはヤニで黄色かったです。なんだか部屋全体が少し粘つく感じがしたのですが、これはヤニだったのでしょうか。当方タバコは吸いませんでして、これは非常にきつかったです。禁煙の部屋があったかどうかは確認してませんが、禁煙の部屋があるのならそちらに泊まりたかったです。

部屋には風呂無し、トイレはウォシュレット無し、そして暗めのライト

部屋には風呂無しですので、必然的に1階にある大浴場に入る必要があります。まあこれは宿泊施設側の売りでもありますので、全然良いです。

トイレは便座が温かくなる機能はついてましたが、ウォシュレットはついていないです。このあたりは好みが分かれる点かと。

 

普段だった食事は二階の「やまびこ」で。

地図を見てもらうとわかるのですが、このホテルの周辺、本当に何もありません。気持ち良くなるぐらい山です。食べるものが無かったらどうじようかな?と思っていましたが、食事処が用意されてました。

f:id:salesconsultant:20170622122721p:plain

↑予約制の店などもあり、やまびこを強く勧められた

カレーやラーメン、そして定食などがあり幅広くメニューは対応してくれていそうでした。私は唐揚げ定食を食べましたが、いたって普通、それがまた良し。でした。

宿泊客だけでは無く、お風呂だけ利用している人も食事処として利用している要でした。地元の人からすると入浴施設としての利用が多いと思います。

そのほか、カップラーメンの自動販売機などもありましたので、チェックインが遅くなり食事処がやっていなかったとしても食べる物が無い。という最悪の自体は無さそうでした。

 

 

最大の楽しみは風呂

というより、部屋に風呂がついていないので大浴場に入るしかないですね。ただ、あまりこういった施設を利用しない私からすると非常に良かったです。

露天風呂もあり非常に気持ち良かったですし、サウナは通常のサウナとは別に塩サウナの用意もありました。塩サウナの中の壁は本当にボロボロでしたが、それもまた味があってよいです。珍しくサウナに入って塩をこれでもかと体につけ、我慢の限界とともにシャワーで一気に塩を落とせば肌はかなりつるつるになっているでしょう。

設備はぼろいが楽しめるお風呂だったと思います。そして、この入浴施設最大の良い点が、施設の大きさに比べて利用している人がとにかく少ないのがうれしい所です。そもそもホテルとしての客室数も少ないですし、山の中にあるこの施設に来る人も少ないのでしょうか、非常にすいてました。お風呂は非常にゆっくり楽しめるロケーションでした。一点注意しておくと、洗い場のシャワーの水圧は過去最強レベル。ウォーターカッター涙と思います。水圧高めが好きな私としてはうれしい仕様です。ただし、温度設定が難しい(というより無理)です。お湯と水をどのように混ぜ合わせているかは不明ですが、交互に熱い、冷たい、熱い、冷たいと出てきたりするので、苦戦します。

そして風呂上りにはこいつが待ってます。

f:id:salesconsultant:20170622124801p:plain

蒜山のジャージー牛の牛乳です。通常の牛乳でもおいしいのに地域の特産品的牛乳が楽しめるなんて、非常によいです。瞬間で飲み干してしまいました。

チェックアウトへ。がっくり、送迎バスが無い。

最大のやる気のなさを感じるのは、空港最寄りのホテルと銘打っておきながら、送迎バスが無いことです。ただ、客室数を見ると仕方が無いのかなとも思います。送迎するほどの人数を宿泊させるキャパシティーが無いですから。

という事で、岡山空港までの移動は自分で確保しなければなりません。タクシーの利用を考えると思いますが、必ず、タクシーは前日に呼んでおいたほうが良さそうです。フロントの人いわく、朝に呼んでも約30分ほどかかる可能性もあり、非常に危険という事です。タクシーは前日に呼ぶ。ぜひ覚えておいてください。ちなみに、ホテルから岡山空港まではタクシー代金1,300円でした。大体このぐらいの金額かかると参考にしてください。

 

朝ごはん食べられなかったのですが・・・

予約の関係でいつもつけない朝ごはん付きになってましたがが、私はAM7:10のフライトで羽田に帰る予定でしたので、食べている時間なしという状態でした。こちら側からは頼んでもいないのに、フロントのお兄さんからお弁当にして置いておきましょうかという提案を受けましたので、それならばとお願いしておきました。

チェックアウトするときに、そのお弁当を渡してくれまして、しっかりと空港で食べました。イメージとしては当日の朝に用意してくれる・・・お米あたたかい、おかずもあたたかい、といったイメージをしてしまっていたのですが、渡されたお弁当はかなり冷たく、たぶん前日に作っておいてくれていたと思います。勝手に間違った想像をしておいてなんなんですが、なんだか少し残念な気持ちになりました。人間って欲深いですね。

f:id:salesconsultant:20170622124537p:plain

ただ、朝食会場は6:30から空いてますので、15分ぐらい食事してそこからタクシーで空港に向かっても十分間に合いましたね。距離と時間に余裕を持たせすぎました。次回からは朝食会場で朝食をとってみたいと思います。

結局どうだったか?料金は?

料金は7,000円でした。朝ごはん込み、温泉付きならまあありかなレベルだと思いますが、設備の古さなどから考えると結構高めな印象を受けなくもないです。とにかく私は部屋がたばこくさくなかったら全然良かったですが、かなりヤニでべたべたしていた気がするので、評価を下げざるをえません。

といっても、他のホテルたちは岡山駅近くにあるわけですから、空港までの移動はバスに乗ってから30分かかるわけです。その前にバス停に行ったりなどの時間を考えるとかなり急ぎの移動が要されるわけです。そういった観点から考えると、このホテルは「あり」です。事実、私も朝7:10の飛行機に乗るのに、6:00まで寝ていることが出来てましたので。最大のメリットは「距離」なのだと思います。

という事で、次回も朝の岡山空港移動であれば積極的に利用してみようと思うほてるでした。

 余談

窓の外には岡山空港が広がっています。止まっている飛行機はもちろん、着陸・離陸もバッチリと見えます。とても良いポイントだと思います。また、22:50着の謎の飛行機や、JAL便も時間外の便なども見ることが出来て楽しかったです。いろいろ調べても出てこなかったのですが、是非内容確認してみたい飛行機たちでした。音も聞こえて最高のロケーションです。

 

飛行機とその周辺情報、出張、ビジネスホテルについて書いてます。