ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

天草エアライン イルカを見ながらゆったり飛行 超便利な航空会社

天草エアラインという会社をご存知でしょうか。たった1機の飛行機しか保有していない、第三セクターの航空会社ですが、愛くるしいイルカをペイントした飛行機と、その独自の運営方針、そして何より飛行機だからこその便利な路線を確保している、日本国内で考えると稀有な航空会社です。

f:id:salesconsultant:20180317183234p:plain

 まとめ

  • 機材が一機しか無いという、すごく珍しい航空会社。それだけで乗る価値有り。
  • JALとのコードシェア便としても飛んでいるので、JAL便名で乗ることもできます。回数を稼ぎたい方やFOPを求める方にも優しいです。
  • 手作り感を感じるサービスは、他の航空会社では感じることのできない雰囲気が有ります。とてもおすすめ。

【目次】

 

機材はたった一機だけ。とてもユニークな航空会社、天草エアライン。

天草エアラインの最大の特長は、所有している機材がたった一機しかない航空会社だという事です。

この一機にて毎日天草ー熊本 熊本ー福岡 熊本ー伊丹という路線を飛び回っております。こういった航空会社は世界的にも珍しいようで、この一点だけでも飛行機に乗ることが好きな人は一度は体験しておかないといけない航空会社といえると思います。

 

 

1998年に誕生した会社ですが、一度は債務超過寸前まで追い込まれたようですが、JALから新社長として奥島透さんが就任し、2009年には黒字に復活するなど劇的な回復をとげ、この復活劇は中小企業の復活ケーススタディとして利用されたりしております。

JAL出身組が社長という事もあり、現在でもJALとの関係性は深く、コードシェア便を各路線で飛ばしております。

機材はATR 2014年から新機材として活躍中

今の機材は2014年に新しくなった飛行機です。飛行機全体は、かわいいイルカをイメージしたペイントがされていて、見るだけで楽しい飛行機となっております。

f:id:salesconsultant:20180319203034p:plain

 ↑イルカが超かわいくて癒される。

 

天草エアラインの飛行機にはJAL便名で乗ることが出来ます。

もちろん、天草エアラインの公式HPから航空券を購入することは出来ますが、一部の方にうれしいのは、飛行路線のフライトはJALの公式HPからも予約することが出来ます。

f:id:salesconsultant:20180319201914p:plain

↑うれしいJAL便としての予約画面。JALの予約サイトから予約できます。

 

という事で、エアライン修業としてJGC修業にいそしむ方達などであれば、JALのFOP(フライオンポイント)を貯めたり、飛行回数にカウントすることが可能です。

効率だけを追い求めるのであれば意味ないですが、JGC修業を旅行と組み合わせて最大限に楽しむ方であれば候補に入る路線ではないでしょうか?

 

JALとのコードシェア便、JAL経由購入であればラウンジ利用も可能。

JAL便という事になりますので、福岡空港や熊本空港、伊丹空港のJALのラウンジも利用できます。

それぞれの会員ステータスに依存しますが、ダイヤモンドプレミアランジにもサクララウンジにもアクセスできます。

上級会員である証明は、チケットに手書きをしてくれます。

f:id:salesconsultant:20180317183750p:plain

↑チケットに手書きされたJMLMの文字。FDAはスタンプでしたが、天草エアラインは手書き。

チケットは昔懐かしの「もぎり」です。国際線では当たり前ですが、国内線でもぎりをされるのは、なかなかにありません。そういった観点からも最高にテンション上がります。

 

注意する座席はここ。知らない人と向かい合わせてのフライトになります。

そういった趣味の人であればヨダレものの席ですが、一般的には少し恥ずかしい席が天草エアラインには有ります。

一番前の右側の席は、向かい合わせて座るタイプとなります。これは良くあるCAさんと向かい合わせに座るというモノではなく、一般のお客様通しで向かい合わせになるという、非常にチャレンジングな席な訳です。

f:id:salesconsultant:20180319203758p:plain

万が一、そういう趣味でない方は、好みが分かれると思いますのでご注意ください。

 

機内の雰囲気も他の航空会社では、なかなか味会えない。

無事に席に着席すると、気づくはずです。何にというと、よく乗るレガシーキャリアとは、もっというとLCCとも違う雰囲気にです。すべてが手作り感に包まれており、なんだか暖かい気持ちになってしまうのです。

 

言ってしまうと100均で購入できるであろう、クリアファイルには手作り感満載の各種情報が並べられています。

 

f:id:salesconsultant:20180319205438p:plain

↑天草の空サポータークラブの入会申込書。

f:id:salesconsultant:20180319205508p:plain

↑広告は激安の10,000円。申し込み多数の場合は熊本県の企業が優先されるようです。

f:id:salesconsultant:20180319205530p:plain

↑本の貸し出しも行われています。ここでも小山薫堂さん登場。JALとの絡みが多いので、その流れでしょうか。

 

f:id:salesconsultant:20180319205203p:plain

↑CAの方のパーソナルな情報ものっていたりする。搭乗した飛行機に一人は乗っているはずなので、いま救命胴衣の説明をしてくれているCAさんがどんな人なのかも知ることが出来る。だからなんだと言われればその通りです。

 

f:id:salesconsultant:20180319205628p:plain

↑機内で配られるジュースはもちろん熊本産。銘菓も配布。うれしい。

 

f:id:salesconsultant:20180319204309p:plain

とても狭い機内ですが、着陸して降りるときには名残惜しくなっているはずです。

今回私が登場した熊本ー伊丹でも約1時間ほどのフライト時間という事で、楽しい時間はすぐに過ぎるという言葉通り、あっという間に終わってしまいます。またすぐに乗りたくなってしまいますね。

 

 

折角飛行機に乗るなら、いろいろな航空会社に乗りたいタイプです。天草エアラインであれば、JALのマイルやFOPを貯めながら、いつもと違った空の旅を楽しむことが出来ますので、個人的にはすごくおすすめです。

 

 

 

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。