ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

JCBに新ステータス プラチナ追加でどうなるザ・クラス

ちょっと古い話ですが、我らが世界に誇るJCB様に新たな動きがありました。それは、新たにプラチナステータスを追加するという事が、ある種、公になったという事です。

f:id:salesconsultant:20171011144617p:plain

 

既に登録もされているので、確定的な動きなのでしょう。

f:id:salesconsultant:20171011144558p:plain

個人的には、JCBのカードは現在は持っていませんが、AMEXを使っているという事はJCBの決済ルートを拝借しているという事です。

JCBが頑張ってくれて決済範囲を世界で拡大してくれれば、私にも恩恵があるという訳ですね。

海外で高級店以外AMEXとかマジで使えないので。。。本当に切実なる願いです。 

JCBのカード階層は少しわかりづらい

f:id:salesconsultant:20171016075202p:plain

これまでは、

一般 < ゴールドカード < JCBザ・プレミア < JCBザ・クラス

というランクでした。(それにしてもカタカナが正式名称なのでカタカナで書くと、ちょっと印象変わりますね。)

名称の問題は有るとしてもある種、これはこれで完成していて、ゴールドカードの上にあるJCBザ・プレミアをプラチナカード扱いとして、JCBザ・クラスをその上の扱いにすれば、一応他の会社達と足並みをそろえられたと思います。

ただ問題となってくるのが年会費が「安すぎ」問題です。

  年会費
JCBザ・クラス 50,000
JCBザ・プレミア 15,000
JCBゴールドカード 10,000
JCB一般 1,250

※ JCBザ・プレミアはゴールドカードの年会費が10,000円、ザ・プレミアの年会費が5,000円、合計で15,000円という計算。年間100万円(税込)以上のショッピング利用でザ・プレミアのサービス年会費5,000円(税別)が無料が無料となるようです。

ゴールドカードまではまだいいとして、上級カードの年会費が安すぎるため、いつまでたってもカードのランクが上がり切らないと勝手に思ってます。 

今回のプラチナカード追加で

一般 < ゴールドカード < JCBザ・プレミア < プラチナ < JCBザ・クラス

となり、JCBザ・クラスを一段押し上げる形となると思います。このプラチナカードのポジショニングにより、JCBがJCBザ・クラスをどうしていくのかが見えてくるはずです。

一番つまらないのは・・・JCBプラチナ法人カードと同じ、年会費30,000円に収まる事。その結果、 JCBザ・クラスの年会費が据え置き50,000円のままな事。

f:id:salesconsultant:20171016081120p:plain

f:id:salesconsultant:20171016081138p:plain

これは何の意味もなし。と思ってます。もっと尖った金額設定を期待します。

 

個人的且つ素人見解で考えると。

競争地位戦略のポジショニングで考えるとリーダーはVISA、チャレンジャーはMastercardになると思います。

シェアで言ったら疑う事のないぐらい格付けは済んでしまっているわけですから、AmericanExpressもJCBも同じ路線で勝負しても既に勝てないですよね。

↓圧倒的シェアのVISA。JCBは出る幕無し。

 

AmericanExpressはそのあたりを理解していてセンチュリオンや、そもそもで言うとゴールドカードという分野を作ったりとニッチャーとしてシェア拡大の戦略を打っているように見えます。(マスターカードのLuxuryCardはAmericanExpressを好む層を取りに来た同質化戦略ともみえます。まあMastercardが仕掛けてるかはわかりませんが)

 

我らがJCBはどうでしょうか。あまり理解しないままにVISA、Mastercardと同じような戦略を取っているように見えます。カードの階級も後発ですし、特段すごいコンシェルジュデスクを用意しているわけでもないですし、なんだか非常にやることが似ている、二番煎じ的な感じがする。つまりフォロワー的な戦略なんですよね。

これでは拡大市況でのシェア増加は有りますが、本来的なシェアの開拓は未来永劫無理です。

どうせならこのプラチナ投入により、JCBザ・クラスは一段上に上がるわけですから、更に上を行って飛び抜けた存在としてしまって、ニッチャー的な戦略を取ってほしいですね。

↑でも書きましたが、今は最高峰カードであるJCBザ・クラスが中途半端です。年会費50,000円は安すぎる。

会費100万円などにして、ホルダーにふさわしくない人を振るい落としてしまい、本当のお金持ちしか持てないカードにしたら、保有したい人は増えるしそういう人は更にブランドの価値を高めてくれるのではないでしょうか。

適当に考えると、ディズニーランドでのルーム33の抽選ではなく、予約を復活させるとか、同じ流れで世界各地のテーマパークの通常は入れないところに入れるようにするとか、他の国際ブランドの最高峰カードをにていれても実現できないような特典を付けてほしいです。

という妄想をしています。

まとめ

  • JCBという国際ブランドを保有していることは本当にすごいことらしいです。他の国に負けないようにJCBには世界制覇を願いたい。
  • プラチナカード追加で今後のカード会費がどうなるかが見もの。
  • 会費100万円のカード出してくれたら一生をかけて狙いに行く人も出ると思う。それぐらいステータス的なものを出しても良いと思う。
  • 逆に最高峰のカードが50,000円!という事でライト層の獲得を狙っている!という事であれば私が浅はかでした!