ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【肉】OKA-SIN修行に行くなら肉骨茶(バクテー)を喰らうのが正解

ライフワークとして、旅の際には世界の肉料理を喰らう。というものがあります。前回もYAKINIQUESTにいったという話を書いたと思いますが、シンガポールではまだまだ他の肉料理を喰らっております。JGC修行、SFC修行にてOKA-SIN修行を行い、折角シンガポールに行くことも多い、飛行機好きの皆様には是非この肉骨茶(バクテー)を食べてもらいたいと、強く強く主張します。タッチ修行もいいですが、せっかくなら観光、特にグルメは楽しんでいただきたいのです。

この肉骨茶(バクテー)は自信を持ってお勧めできます。南国の豚肉料理という感じがなんだか沖縄料理みたいな雰囲気を醸し出しており、そして味付けもシンプルだからこそ変な癖もないですし、何と言っても一緒に食べるものが「米」という事で非常に愛着の湧く食べ物だからです。

f:id:salesconsultant:20170822002921p:plain

肉骨茶(バクテー)とはいったい何なのか?

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもある。

はい、wikiさんありがとう。

簡単言うと、スパイシーなスープにて豚のあばら肉を煮込んだ料理です。

どうですか?聞いただけでうまそうじゃないですか?とても味の濃いスープにて煮込まれた豚肉は大げさではなく、蕩けます。やわらかいです。食べ応えがあります。そして非常においしいです。

白バクテーと黒バクテーがある。それ以外にもある。

このバクテー自体はシンガポールにしかない食べ物ではないです。もともとはマレーシアに中国人が持ち込んだものが始まりなどと言われております。他の料理と同じようにところ変われば、料理の細かな部分は変わってきます。シンガポールにて食べることのできる肉骨茶(バクテー)は、主には白バクテーに分類されるのだと思います。「白」とはスープが澄んでいて、まあ黒くないという事ですよね。

対してマレーシアのほうの肉骨茶(バクテー)は黒バクテーといわれることが多く、スープが黒いです。

他にも魚介を入れ込んだものや、イスラム教徒の人のために鶏を使ったチクテーというものも有ったりします。

シンプルが故にうまい。肉とニンニクとスパイスの味です。

具はシンプルです。「豚肉」です。後は店によってはニンニクがゴロっと入ってます。そのまま入っていない店でもニンニクの味付けはほぼすべての店がしていると思います。豚肉とニンニク。。。ごくり。そこにスパイス。。。ごくり。やはり思い出しただけでもよだれが出ます。

お店によってスープの色なども違います。

 

f:id:salesconsultant:20170822002826p:plain

↑すごくシンプルな肉骨茶(バクテー)

豚肉以外の具が入ってません。この骨にかぶりつきながら食べるのです。

f:id:salesconsultant:20170822002151p:plain

↑ちょっと黒めのスープの肉骨茶(バクテー)

黒バクテーほどではないですが、色味が少しついてます。濃厚な味付けのスープがまた一段と米を進ませます。

f:id:salesconsultant:20170822003902p:plain

 ↑肉肉しい肉骨茶(バクテー)

テーブルの中央あたりにある茶色のものは、「ヤオティオ」です。ヤオティオは揚げたパンと言いますでしょうか、そのようなものです。こいつがまた憎い仕事をします。これをスープに浸してみると。。大量のスープを吸い込みます。それをそのまま口に持っていけば口の中はバクテー自体の味とヤオティオのうまさが絡み合って、通常食べるだけの味わいではないものが体験できます。非常においしいと思います。

米と豚肉とヤオティオとニンニク。これをシンガポールでは朝から楽しむことが出来ます。そうなんです。この高カロリーな食事をシンガポールでは朝から皆さん楽しんでいるわけですよ。非常に贅沢な習慣ですよね。朝ごはんは軽く・・・なんて言っている日本国民に見せつけてやりたい事実です。これぐらい朝から食べないと経済大国は維持できないというわけですね。

そして、更にうれしいことが有るのですが、この肉骨茶(バクテー)はスープは少なくなったら無料で継ぎ足してくれます。どんどんどんどん食べても食べても減らないスープなんです。肉、スープ、米、ヤオティオという順番でガツガツ食べたいると、スープがヤオティオによって吸収され少なくなったりします。それでもお店の人に言えば継ぎ足してくれますし、店によっては勝手に入れてくれたりもするのでとてもうれしいのです。

どうせなら、マレーシア修行も組み込んでみてはどうですか?

シンガポールにて白バクテーを腹いっぱい食べたら、毎日毎日朝飯でバクテーを食べていればきっとこう思うはずです。

「黒バクテーも食べてみたいな」と。そうなったら是非マレーシア修行を組み込んでみてください。正直に言うと、シンガポールから移動すればジョホールバルなどにも行けますので、そこで食べれないことは無いのです。でもせっかく修行をしている都市などであれば、次回の修行先をシンガポールからそっとマレーシアに変更しても問題はないはずです。(正確に言うと、FOP PPとの兼ね合いですけどね)

でもかなりの確率で白バクテーを食べた後は、黒バクテーも食べたくなるはずですので、食べに行くことになると思います。私がそうでしたから。

まとめ

  • 肉骨茶(バクテー)はうまいです。
  • シンガポールは白バクテー。
  • 朝から、バクテー食べれることが出来ます。
  • スープは注いでくれます。最高。
  • きっと、黒バクテーと食べ比べがしたくなります。

「肉」食ってます。

 

出張族はANAよりJALだと勝手に思ってます。

↓狂気。どこまで行けるか実験中。ダイヤモンドを超えるメタルに挑戦

↓新幹線利用もお得に

↓出張の楽しみ。朝食ランキングをまとめあげてみた