ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

激太りライオンショー ウラジオストクで太った猛獣をみて楽しい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロシア連邦の都市、ウラジオストクにはサーカスがあり観光の一つの目玉として楽しむことが出来ます。 

f:id:salesconsultant:20180606220120p:plain

 

サーカスがある場所までは市街地から少し離れています。

私は、ウラジオストク駅から、宿泊していたアムジットホテルからタクシーを利用して移動しました。

料金はウラジオストク駅からサーカスまでは400ルーブル。

アムジットホテルからサーカスまでが310ルーブルでした。

 

↓その他にもウラジオストクにて利用したタクシー代金をまとめております。

開催は不定期なので要注意。当日券はかなりの行列になるので早めの購入が重要

このウラジオストクのサーカスですが、専用の会場があるにも関わらず毎日開催しているという訳では無いようです。タイミングが悪いと1ヵ月ほどの休演期間もあるということなのですから、ウラジオストク旅行最中に見ることが出来ないかもしれません。

しかし、反対に開演しているとなればこれは「ラッキー」ですので、是非ウラジオストク観光に盛り込んでみてはいかがでしょうか。

2017年12月に会場の改修も終了したという事で、非常に綺麗な設備の中で見ることが出来ます。トイレも綺麗でした。

 

↓同じロシア連邦のイルクーツクのサーカス会場とはトイレは大違いです。


私は、ロシア語はわかりませんし、旅行代理店も通していない個人旅行だったので、チケットの手配も自分でしなければなりませんでした。

サーカスの開演時間ではなく、当日券の売り出しがAM11:00にあることを会場について把握したので、その時間まで待ち当日券を窓口で購入しました。

実は、サーカスを見たのが、2017年の最終公演日だったらしく、そのせいか当日券の販売もAM11:00前から結構な列が出来ており、ようやく購入できた。という状況です。

窓口の人は完全に英語は話せませんので、コミニケーションに苦労しましたが、指差し会話帳などを駆使してチケットは購入できました。

 

 ↑ロシア語圏内はボディーランゲージと、この指差し会話帳ですべて乗り切っています。単語が分かるので何とかなるようになります。

ちなみにチケットの購入にはクレジットカードが便利です。現金でのやり取りをしている人が少ないので、相手もクレジットカードが便利なのだと思います。

VISAかMasterCardを準備していってください。サインではなく基本的に暗証番号入力ですので、暗証番号も忘れずに!!

 

ウラジオストクのサーカスは猛獣使いがメインだがそれ以外の演目も楽しい

ウラジオストクのサーカスは最終的には猛獣使いがメインの演目となりますが、それ以外も楽しいです。むしろ私はその前の演目のほうがスリル有り、笑いありで楽しかったです。

f:id:salesconsultant:20180606220206p:plain

綺麗な女性達が出てきての演技は非常に良かったです。きれいな女性が4人出てきていろいろな踊りを見せてくれます。うむ、これ楽しい。 

勿論踊り以外にも馬や犬を使ったかわいらしい演目を時間をかけて堪能できる構成。素晴らしく良い。動物を見ているだけで癒されるわけです。

f:id:salesconsultant:20180606220233p:plain

 サーカスにつきものと言えばピエロです。この道化師がいないとサーカスとは言えません。

このウラジオストクのサーカスのピエロはメイクもバッチリで本当のピエロでした。笑いを巻き起こしながら、それでいて進行をしっかりと考えた内容は非常に質の高いものでした。

f:id:salesconsultant:20180606220359p:plain

ピエロの演目でそのサーカスの質が分かると個人的には思っているのですが、途中失敗ながらも有りながら、(わざとなのか?)締めるべきところを締めてピエロは去っていきました。

名残惜しいぐらいが丁度よい塩梅なのでしょう。

 

 ウラジオストクサーカス名物の激太りのライオンは見ているだけで癒される。

このウラジオストクサーカスを一躍有名にしたのは、なんといっても激太りのライオンたちです。これは野生を忘れているな。と心配になるほど、自然界にはいないであろうフォルムをしているわけです。

とにかく太っています。

f:id:salesconsultant:20180606220446p:plain

↑超デブ。超かわいい。

ウラジオストクサーカスの猛獣使いであるこの男の人は、体が不自由です。

f:id:salesconsultant:20180606220525p:plain

 歩くこともつらそうな感じで出てきます。一応その理由を交通事故として紹介VTRが出てくるわけですが、見れば見るほど本当なのか?と不安になります。

本当は、猛獣にやられてしまったのではないかと思う訳ですが、考えすぎでしょうか?

しかし、猛獣たちを見るとそれは杞憂であることが分かります。というのも、本当にデブで、このライオンたちは満腹であろうから猛獣使いは襲わないだろうと理解するからです。

f:id:salesconsultant:20180606220547p:plain

 ↑こんなデブなライオンたちは中々見ることは有りません。このライオンたちに襲われるという事は想像しにくいですね。

いや、一度襲っているから敢えて太らせているのでしょうか。真相は闇の中ですが、とにかくデブなライオン達を見るだけで心が和みます。

 

f:id:salesconsultant:20180606220627p:plain

ウラジオストクに遊びに行った際には、是非サーカスに行くことをお勧めします。(他の観光地すぐに飽きるので)

サーカスでは日本で見ることが出来ないような太ったライオンたちを堪能でき、それがこのサーカスの癒しポイントであり、楽しさでもありますので。

 

 

太っているってそれだけで空気を和ます力が有りますよね。これほどに太ったトラやラインを見ることはありませんので、それだけでもこのサーカスに足を運ぶ価値は有ると思います。

チケットが本当に入手しづらいので早めの当日券の購入をお勧めしますし、ロシア語が分かる方は事前購入をしたほうが良いと思います。