ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【肉】徳島に関係ないが徳島空港には肉吸い専門店がある【徳島】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

徳島空港での空港飯は悩みます。お店の数は少ないのですが、徳島ラーメンを食べるのか、それとも「肉吸い」を食べるのかという究極の二択が待っているからです。

肉吸いは徳島と全く関係ない食べ物ですが、空港で食べようと思うと徳島空港しか提供していないはずです。折角、「肉」を食べる機会として捉えるのであれば、「肉吸い」にチャレンジしてみても良いと思います。 

f:id:salesconsultant:20180520003938p:plain

 

肉吸いとは肉うどんのうどん抜きという奇妙奇天烈なメニューです。

肉うどんから派生して出来た食べ物が肉吸いです。肉うどんのうどん抜き。なんとも甘美な響きです。

元々は大阪、難波のお店が発祥のようです。

難波千日前にあるうどん屋「千とせ」(ちとせ)が発祥とされる。

1980年代後半に吉本新喜劇の俳優である花紀京が出番の空き時間に店を訪れ、二日酔いで軽く食事をしたかったために「肉うどん、うどん抜きで」と注文し、当時の店主がそれに応えたことから誕生した。その後はクチコミで世間に広まり、店一番の人気メニューとなった。ダウンタウンや明石家さんまといった芸人が「うどん屋なのにうどんを出さない店」とテレビやラジオで言及したことが宣伝となり、千とせは名物店となっていった。吉本新喜劇でも多くの芸人が食べていることもあり、吉本芸人の間には「千とせに行けば売れる」というジンクスも生まれている。

出典:Wikipedia 

という事で、全く徳島には関係ないのですが、空港改装後だと思いますが、肉吸い専門店という事で、「肉吸い専門店」というお店がオープンしました。すごい店名ですよね。

この肉吸い専門店に行く際には絶対に迷う事が無いと思います。そもそも徳島空港自体に飲食店が少ないですし、そして何よりとても目立つ標識が有るからです。

f:id:salesconsultant:20180520004846p:plain

↑とてもとてもわかりやすい床に書かれた道案内。

このとても目立つ道案内はすぐに見つかりますので、そのまま進めば肉吸い専門店に到達できます。

 

なんと肉吸い専門店では肉吸い以外も食べる事が出来る。

この肉吸い専門店では、なんと肉吸い以外のメニューも食べることが出来ます。

f:id:salesconsultant:20180520005116p:plain

なんと、肉うどんを食べることが出来るようですね。しかし、ここまで来て肉うどんを食べるのはなんだかもったいない気持ちがしてくるから不思議です。

ここはしっかりと肉吸いを食しましょう。

 

f:id:salesconsultant:20180520005014p:plain

↑イメージは肉うどんのうどん抜きと有りますが、イメージではなく完全な肉うどんのうどん抜きです。安心してください。

 

肉吸いだけだと少し寂しい。豆腐トッピングかたまごかけご飯のプラスオーダーをお勧めします。

f:id:salesconsultant:20180520005938p:plain

今回私は、食事と食事の間だったこともあり、肉吸い単品でオーダーしましたが、一つの食事として完結させるのであれば、肉吸い単品では少し物足りない量かも知れません。

発祥が二日酔いの時の肉うどんのうどん抜きという事を考えても、かなりあっさりとした食事量であることは、問題ないのですが物足りません。

お店のおすすめにあるように、たまごかけご飯を追加でつけたり、かなり味付けの濃いスープですので、豆腐などをトッピングしても良いと思います。

味としては、とても甘いスープに肉が浮いているだけですが、この簡素さが良い料理だと思いました。お酒の〆に最適な量だと思うので、空港で飲みすぎた人などにも良い料理です。

 

肉吸い目当てというよりは阿波牛目当てというのが正しい答えかも知れない。

徳島空港の新名物としようとしている肉吸いですが、徳島らしさはどこで出そうとしているかというと、阿波牛を使っている点という事です。 

ちなみに阿波牛を調べてみると、

ブランド定義:阿波牛とは、徳島県内で飼育された血統明確な黒毛和種で、(社)日本食肉格付協会の格付規定によるA5、A4、B5、B4規格のものをいう。

年間出荷頭数:1,700頭

 とありますので、年間出荷頭数で考えると貴重な牛と言えます。

  肥育地域 年間出荷頭数
隠岐牛 島根 144頭
葉山牛 神奈川 250頭
石垣牛 沖縄 500頭
能登牛 石川 700頭
土佐和牛 高知 1,086頭
伊賀牛 三重 1,600頭
阿波牛 徳島 1,700頭
神戸ビーフ 兵庫 3,000頭
松坂牛 三重 4,055頭
近江牛 滋賀 5,000頭
但馬牛 兵庫 5,500頭
長崎和牛 長崎 10,000頭
飛騨牛 岐阜 11,000頭
宮崎牛 宮崎 13,000頭

↑神戸ビーフより出荷量は少ないです。

全く徳島と関係ない肉吸いですが、この阿波牛を食べる。という観点だけでも徳島空港にて肉吸いを食べる価値は有ります。

 

 

肉吸いという謎の言葉に引き寄せられ徳島ラーメンと比較してこちらのお店にてオーダーする人も多いと思います。今回ご紹介したようにかなりあっさりとした食事となりますので、ガッツリ食べたい派の人は注意してください。

お酒の後であれば最高です。

 

 

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。