ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

新幹線で食べられる最強のボリューム 肉の万世のお肉2枚カツサンド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新幹線の中で食事をすることは多くあると思いますが、なぜか駅弁と共に多く販売されているのが「カツサンド」です。

ある種新幹線の中での定番メニューな訳ですが、この新幹線カツサンド界において最強のボリュームを誇るのが、肉の万世が販売している「弐万かつサンド」です。

このカツサンドは肉を二枚も挟んでしまっているという、食べ盛りの学生が喜びそうな圧倒的なボリューム感と食べ応えのある商品です。

 

f:id:salesconsultant:20181004222409p:plain

 

最強のカツサンドを販売する肉の万世は関東で展開する外食企業

このボリューム最強のカツサンドを購入できるのは、新幹線の駅でも東京駅や品川駅などの関東の駅になります。

販売元の「肉の万世」が関東で多店舗展開する外食企業だからです。

肉の万世は関東を中心に28以上の店舗で運営されており、東京、埼玉あたりだと認知度も高いお店です。

 

肉の万世展開エリア

東京 埼玉 千葉 栃木 福島

 

商品ラインナップとしては「肉」を中心としたメニュー構成となっており、埼玉に在住しているときは、それはそれはお世話になりました。

 

最強ボリュームカツサンドは、肉を扱っている万世さんだからこその商品なのかもしれません。

 

肉1枚カツサンドと肉2枚カツサンドの2パターンが有るので、注意が必要です。

万世がだしているカツサンドには肉が1枚のモノと、ご紹介している肉が2枚のモノと二つあるのでご注意ください。

更に、肉の部位も「ロース」の他にも「ヒレ」のカツサンドも用意されているので、購入前には、二枚なのかロースorヒレなのかを確認する必要があります。

f:id:salesconsultant:20181004224026p:plain

肉2枚タイプを選択すると必然的に部位は「ロース」となります。

個人的見解ですが、とんかつを食べに行くと最近は確実に「ヒレ」派なのですが、カツサンドにおいては「ロース」のほうが食べやすいと思っています。

万世さんの万かつサンドもヒレよりもロースのほうが美味しいと感じます。

 

弐万かつさんどの説明を見ると食べたくなってしまう。

圧倒的なボリュームを望む学生達であれば、この弐万かつサンドは本当に至極のカツサンドになるはずですが、一般的な社会人に対してはボリュームがありすぎて難儀すると思います。

しかし、万世のHPから弐万かつサンドの紹介文を読むと、確実に食べてしまいたくなるから不思議です。

 

弐万かつサンド説明文

ロースかつを2枚使用したボリューム満点のかつサンド。ロースとんかつの食べ応えをトコトンご賞味を。
衣は薄手だが、ソースの味は濃く、百人力の200倍の弐万人力。

出典:肉の万世公式HP 

 

百人力の200倍の弐万人力。完全に理解できないんです。唯一記憶の中のエピソードと照らし合わせて出てくるのは、

 

 ã¦ã©ã¼ãºãã³çè«.jpg

 

「100万パワー+100万パワーで200万パワーーーー!!」

「いつもの2倍のジャンプがくわわって200万×2の400万パワーっ!!」

「そして、いつもの3倍の回転をくわえれば400万×3の」

「バッファローマン、おまえをうわまわる1,200万パワーだーーーっ!!」

出典:キン肉マン

 

この有名な、ウォーズマンの謎理論と同じような感覚を持ってしまう万世の弐万かつサンドの説明文ですので、キン肉マンでのウォーズマンの奮闘に興奮したように、やはり謎説明により、購入したくなってしまいます。すごいマーケティングなんです。

 

とにかく、パンとカツのバランスが悪い。しかしそれが良い!万世のかつサンドは恐ろしい。

通常、この手の料理はバランスが重要なはずです。どんなに良いものをふんだんに使い、どんなに手の込んだ調理方法を駆使しても、他の食材とのバランスが取れていないと料理としての完成度は高まらないはずです。 

肉の万世の弐万かつサンドは、そのような料理業界の常識も覆します。

明らかにパンと肉のバランスがおかしく、肉をたくさんほおばっている中に、一部パンがある。程の存在感しかパンは持ちえていません。

 

f:id:salesconsultant:20181004222508p:plain

 

 

 

f:id:salesconsultant:20181004222527p:plain

 

どうでしょうか、通常且つを二枚同時に食べることはありますか?中々無いと思います。肉の万世の弐万かつサンドであれば、それが実現できます。非日常性を味わえるカツサンドですので、新幹線の中で楽しむだけなのは勿体ない程です。

 

流石肉料理専門店。カツサンドとしておいしい。カツがしっかりと「肉」です。

肉が1枚が良いのかそれとも2枚ほおばりたいのか?という点は個人的な嗜好で選んでもらえば良いですが、この万世のかつサンドは素晴らしい点が一つあります。

それは中に挟み込まれているカツがしっかりと「肉」なのです。

 

かつサンドのカツが「肉」であることが何がすごいのか?と言うと、新幹線の駅などで販売されているカツサンドの中には、肉が合成肉=くず肉をつなぎで固めた肉、の様な粗悪品が本当にたくさんあって、カツサンドを購入したからと言って「カツ」が食べられるという訳では無いという地獄の様な状況になっています。

その点、この肉の万世さんのかつサンド達はしっかりとした「肉」であり、その肉に濃いめのソースが絡んで非常に美味しく食べることが出来るのです。

どうしてもカツサンドを食べたいという場合には、外れ無しの、かつサンドだと思っています。

 

出張・観光で関東からの新幹線を利用する場合には是非、関東名物のともいえる肉の万世さんのかつサンドを食べてみてください。

 

 

新幹線の中のかつサンドは本当に「はずれ」が多くて困るのですが、量の問題を除けば肉の万世さんのかつサンドは、しっかりとしたカツサンドだと思います。

 

 

 ↓その他カツサンド情報