ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【300円での新幹線の旅】 博多駅から博多南駅はわずか8分300円にて新幹線に乗れます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新幹線といえば交通の要として飛行機と並ぶ主要移動手段の一つです。速度に応じた料金設定がなされていますので、長距離の新幹線移動ともなれば、高額な移動手段にもなったりします。

その新幹線に一駅だけの移動ですが、わずか300円で乗車できる区間が有るのはご存知でしょうか?

博多駅と博多南駅をつなぐ区間はわずか8分の乗車時間とはなりますが、300円で新幹線に乗ることが出来ます。

 

f:id:salesconsultant:20181129220832p:plain

 

博多南駅までの新幹線は地元の人の交通手段として開放されているようです。

新幹線なのにたった300円で乗ることのできる博多南までの新幹線は、もとはと言えば、新幹線の車庫に向かう回送線だったようです。

その回送の新幹線を見ていた地元の人が、乗せて欲しいという要望を上げ、車庫に戻る移動の新幹線を解放してくれたようです。

博多南駅は福岡市ではなく、春日市に所在するのですがこの新幹線移動が便利なため、ベットタウン化も更に進み、多くの人の足を支える存在となっています。

 

博多南駅では並んだ新幹線たちを見ることが出来ます。あまり見ない風景は圧巻です。

 

博多南駅は元々新幹線の車庫を兼ねていましたので、駅に降り立つとあまり見たことの無い風景を見ることが出来ます。

並んだ新幹線たちの姿です。

 

f:id:salesconsultant:20181129221705p:plain

↑夜に訪れた写真ですが、昼に訪れても新幹線たちは並んでいるようです。

 

普段、多くの出張族が利用している新幹線ですが、交通の拠点として多くの新幹線が行き来する、東京駅や新大阪駅でもこのような姿を見ることは無いと思います。

複数の新幹線が並ぶ姿は非常に壮観です。新幹線好きにはたまらない風景を見ることが出来ると思います。

 

博多南駅構内には自動販売機が一台だけ。それ以外はありません。トイレはかろうじて男女兼用のモノが一つだけあります。

 

この博多南駅、本当に乗り降りするだけの駅ですので、面白いくらいに駅構内には何も無いので注意が必要です。

 

f:id:salesconsultant:20181129222600p:plain

 

ホームも一つしか無く、そこに博多行きも博多南駅着の新幹線も飛び込んできます。

 

 

唯一存在しているのは、コカ・コーラ社による自動販売機のみです。

f:id:salesconsultant:20181129222704p:plain

 

この自動販売機が無ければ本当に何もない駅となってしまうので、辛うじて人が乗り降りする駅なのだと思い出させてくれます。

 

トイレは駅のホームには無いので注意が必要です。改札口近くに男女兼用のトイレが一つだけ有ります。

一日10,000人以上が乗降する駅らしいのですが、非常に設備としては不安な作りだと感じました。

 

博多南駅に運行している新幹線はその都度違うようです。行きと帰りで違う新幹線が堪能できるかもです。

車庫からの回送電車の利用ですので、乗るたびに新幹線が異なるのも面白いところです。

この日は博多駅⇒博多南駅は、「さくら」でしたが、帰りの博多南駅⇒博多駅は「ひかり」でした。

f:id:salesconsultant:20181129223019p:plain

 

f:id:salesconsultant:20181129223049p:plain

 

私は特に乗り物の種類は詳しくないのですが、それでも違った新幹線で小旅行気分を味わえるのは気分が良いです。新幹線好きの人にはたまらないのではないでしょうか。

 

短いといっても新幹線の路線。普通運賃のみでは利用できませんのご注意ください。

8分間の新幹線と言っても、新幹線は新幹線です。普通運賃のみでは利用できませんので、ご注意ください。

 

という事で、博多ー博多南間は青春18きっぷのみでは利用できません。300円の内、100円は特急料金となっています。

 

終点博多駅の新幹線に要注意。そのまま博多南駅に連れていかれることがあります。

特に、夜の時間帯になると注意が必要なのですが、「さくら」「みずほ」などの新幹線に鹿児島中央駅、熊本駅などから乗車した時には「博多駅終点」にお気を付けください。

そのまま回送電車になる場合、乗車したままだと博多南駅にそのまま連れていかれてしまいます。終点だからと言って全員新幹線から降ろされることなく、そのまま博多南駅に進んでいきます。

 

私も、熊本駅から読書していたらそのまま博多南駅だったという残念な結果でした。

 

博多~博多南駅の車内アナウンス・進行方向が面白い。喫煙ルームも喫煙不可、進行方向は逆向きのまま進みました。

通常の新幹線の運行と少し異なった部分があったので、ご紹介させていただきます。

 

シートの向きとは逆方向に進む新幹線を体験できる。

 

特急電車などでは有りますが、座席の向きが進行方向とは逆向きのまま進む新幹線に乗ることが出来ました。

新幹線で逆向き走行は初めての事だったので、かなりのカルチャーショックを受けました。

 

喫煙ルームも喫煙不可!という新しい車内アナウンスを聞くことが出来る。

乗車していた新幹線が「さくら」だったため、新幹線車内に喫煙ルームがあったようでした。もちろん通常運航の際には使えるのだと思いますが、博多ー博多南間の車内放送では、「喫煙ルームも含めて禁煙です」という、聞いたことが無いアナウンスが流れました。

帰りの「ひかり」には喫煙ルームが無かったのか、このアナウンスは聞くことが出来ませんでしたので、喫煙ルームがある新幹線車両にて博多ー博多南間を運行するときにだけ聞けるアナウンスなのかもしれません。

 

 

300円で新幹線に乗れるこの区間は、子供を新幹線を体験させてあげるにも最適な区間かもしれません。通常の新幹線とはことなったレアな体験も出来ますので、新幹線に乗りなれている人にも体験してもらいたいですし、福岡観光に合わせて乗ってみるのも楽しいかもしれません。