ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【肉】那覇の食彩酒房 まつもとにて本当のアグー豚のしゃぶしゃぶ堪能

スポンサーリンク

スポンサーリンク

沖縄県の那覇市は食文化の宝庫です。

新しい味をしる、かなりのチャンスですから沖縄の肉文化を堪能すべく、鉄板焼き(牛)、てびち(豚)、ヤギ汁(ヤギ)などの有名な店に必ず訪れて肉を食べてきましたが、その中でも最高においしかった、沖縄的な肉を喰らえる店をお伝えします。

 

出張族の方は那覇の接待に是非使ってみてください。

 

f:id:salesconsultant:20180810013900p:plain

那覇市と言えば、食べるのはアグー豚。旨味が違った。

大体この店の話をしようとすると、この部分で止まります。

 

「あぐー豚とか食べたことあるし」「あぐー豚ってそれほどでもないよね」 多くの方の感想があぐー豚否定的意見に寄っていますね。

 

これは、あぐー豚の展開の仕方が悪いと個人的には思っているのですが。まあ言ってしまうと世に出ているあぐー豚はかなり品質に差があるものが多数あるという事です。

 

那覇の焼肉屋で食べてもそれほどの感動もなく、どちらかというと幻滅する方向で感想を持ち、特にあぐー豚うまいという気持ちになることなく、生きてきました。

 

私にあぐー豚のうまさを強烈に植え付けてくれたのは、「食彩酒房 まつもと」という店です。

 

 

この食彩酒房 まつもとは全ての那覇を訪れる人、アグーを楽しみたい人は必ず一度は訪れてみてほしいです。

有名なお店ですので、かなり込み合います。予約必須ですのでお気をつけてください。

 

とにかくうまい。食彩酒房 まつもとでたべる、沖縄の地のモノ。

お店で出てくるものは、ちょっとレベルが違うのでおいしく食べることが出来ます。

 

まずは、もずく酢とこの海ブドウにて軽く喉を潤します。

f:id:salesconsultant:20170903180637p:plain

↑でかい。大きいタイプと通常のタイプの海ブドウがあった。大きいタイプは少しえぐみもあるが、弾力・味はこれまで体験したことないレベル。

 

f:id:salesconsultant:20170903180823p:plain

ビールはもちろん、「オリオンビール」沖縄に来ているなと痛感します。

 

このビールとともに海ブドウをプチプチ、もずく酢をずるずるとしながら、本命の登場を待ちます。

 

まだかまだかと待っていると、ようやく出てきました。肉の華が。本当に薔薇が咲いたのではと勘違いする美しさです。肉にて大輪の花が咲いているなんて、相当にうれしい光景です。

 

脂身がおおいな・・とげんなりした人もいると思いますが、これは安心していただきたいです。全くくどくなかったです。最後の〆の雑炊にこの汁たちが吸い取られても、脂質の口当たりの悪さを感じることは無かったのがすごいです。

 

 

f:id:salesconsultant:20170903131408p:plain

↑肉がようやく来たと思ったら・・・

f:id:salesconsultant:20170905232730p:plain

↑き、きれいだ。花です。すごい、肉で華が咲いている。肉花です。あぐー豚の肉花はピンクと白の割合がきれいですね。

f:id:salesconsultant:20170903131326p:plain

↑この様な素晴らしい花に出会えることが出来て幸せです。最高の贅沢かなと思います。

 

この肉花を、鍋にずどんと鎮座させると・・肉花がハラハラとほどけていきます。

 

このまま入れるの?と驚いたのですが、入れてしまえばきれいに散っていき、お肉が鍋の中に溢れます。このお店・・・しゃぶしゃぶのお店です。

 

急いで食べてください。食べごろの厚さにカットされた肉にはすぐに火が通りますので、タイミングよく食べることが出来ます。

 

 

一口、一口食べただけで、必ずこういうと思います。「う、うまい」。ポイントはどもってしまうぐらいうまいという点ですね。そこからはノンストップです。肉、野菜、肉、と食べつづけ気づけば鍋は空になっていると思います。

 

 

最後の〆の雑炊は理解を超えたおいしさ

とにかく鍋を腹いっぱい食べますので、正直もう〆の雑炊とかどうでもいいやと思ってしまうかと。鍋を見ると今まで食べてきた豚肉からあふれ出た油が層を作るほど出てますので、この油を食べるのはきついな。と思うはずです。

 

 

騙されてください。

 

 

騙されたと思って、雑炊は一口は食べてください。油っぽい感じはしないと思います。いや、しないと断言しておきます。それほどにサラリとスルスルと胃の中に消えていく雑炊です。これは。もう食べられない!とギブアップ寸前だったのに、ぺろりと一人前食べきってします。そんな不思議な感覚を味わえます。

 

 

まとめ

  • 修行、出張とわずこのしゃぶしゃぶはどうやってでも食べてほしい。
  • うますぎて食べているときの写真忘れた。
  • 近くに2号店も出来た様子。儲かってるね。
  • あぐー豚なめていた人は、悔い改めてください。

↓肉

↓狂気。どこまで行けるか実験中。ダイヤモンドを超えるメタルに挑戦

↓新幹線利用もお得に

↓出張の楽しみ。朝食ランキングをまとめあげてみた