ゆらゆら。まったり。

出張をより楽しくするための情報サイト。ご当地グルメから元祖・発祥グルメのお店、飛行機のマイル情報から、お得な宿泊予約方法などをお伝えします。

岡山名物デミカツは、まさかの帝国ホテルが元だった?味司野村の濃厚デミカツは食べておいたほうが良い

全国津々浦々出張していると美味しいモノがあります。

岡山に出張した際には、確実に食べておきたい地元の名物グルメのひとつとして「デミカツ」を上げることができます。

このデミカツ、各地に点在する変わり種カツ丼の一種で、味付けはデミグラスソースを使っているというハイカラな食べ物です。

それもそのはず、デミカツの大元になっているのはあの帝国ホテルの料理だったりします。 

岡山名物のデミカツ丼元祖・発祥のお店「味司 野村」にてデミカツ丼を堪能してきました。

 

f:id:salesconsultant:20201214175059p:plain

 

デミカツ丼はその名の通りカツにデミグラスソースがかかった異色カツ丼

 

岡山県民以外はデミカツ丼と言われてもイメージしにくいと思いますが、この料理はその名の通りカツにデミグラスソースがかかったシンプルな料理です。

 

f:id:salesconsultant:20201214175154p:plain

 

多くの方がカツ丼と聞くとカツが卵でとじられた料理を想像すると思いますが、日本各地にはソースで味付けされたいわゆるソースカツ丼が「カツ丼」の称号を得ている場所が多数あります。(ex 福井市 駒ヶ根市 会津若松市 等)

 

このデミカツ丼もかかっている「ソース」は異なりますが、ソースカツ丼の一種としてカウントされてもよいご当地グルメかもしれません。

 

お店によっては、デミカツ丼・ドミカツ丼・洋風カツなどと呼び方がことなるので、実際に食べに行った際にはご注意ください。

 

 

帝国ホテルで食べたデミグラスソースの味に感動してできたデミカツ丼

 

このデミカツ丼は自然発生的に岡山の地で生まれたわけではありません。

 

メニューを考えたと言われている味司野村の初代店主が帝国ホテルでデミグラスソースを食べたのをきっかけに、地元の皆にも食べてほしい!と奮起して考案したメニューです。

 

初代店主が帝国ホテルのドミグラスソースを食し、「その味を地元の人たちに食べてほしい」という思いから誕生したそうです。 

出典:岡山観光WEB

 

デミカツ丼はお店の創業時からのメニューであったようですので、1931年から提供されていることになります。

 

90年以上のもの長い期間岡山で愛され、そして地元グルメとして定着していったようです。

 

超濃厚なデミカツ丼は今食べても美味しい!岡山でのデミカツ丼は味司野村はおすすめです。

 

日本各地の元祖・発祥グルメの店を食べ歩いていますが、元祖・発祥だからといって美味しいわけではありません。

正直、生まれたままの味に固執するがあまり、時代遅れの味付けで美味しくない店もあります。

 

しかし、この味司野村のデミカツ丼は、超濃厚デミグラスソースの味わいに加え全体的にもバランスが取れていて非常に美味しい料理でした。

 

f:id:salesconsultant:20201214175214p:plain

 

カツとご飯の間には茹でキャベツがひかれており、味がぼけてしまうのでは?と不安視していましたが、食べてみるとこのキャベツがあるからこそ、濃厚デミをこれまで賭けていても食べられるのだなと納得させられてしまう構成です。

 

カツもロースとヒレ、そしてサイズも、子ども(2/3サイズ)・孫(ハーフサイズ)と用意されているので、出張時の昼食としてガツっと食べたい!といった要望にも適していますし、グルメ観光時に小さいサイズだけ食べたい!という希望にも適しています。

 

個人的には岡山名物のえびめしは美味しいと思ったことがないので、岡山の地元グルメを堪能したいのであれば、このデミカツ丼を強く推したいです。

 

そしてせっかく岡山にてデミカツ丼を食べるのであれば、誕生の元となった味司野村にて元祖・発祥グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

\ Follow me!! /