ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【元祖の店がすぐそこに】鳥取のご当地グルメ 牛骨ラーメンを楽しむ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出張や観光の楽しみと言えば「グルメ」。特にその土地ならではの名物料理などを食べるのは大きな楽しみの一つです。

鳥取県には名物となっているラーメンが有るのはご存知でしょうか。

醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、そして豚骨ラーメン。そのどれでも無いラーメンスープとして、牛骨ラーメンが鳥取県の一部の地域ではメジャーなラーメンです。

 

f:id:salesconsultant:20180924144104p:plain

 

牛骨ラーメンが楽しめるのは、鳥取県でも倉吉市付近。

鳥取県名物と言っても過言では無い牛骨ラーメンですが、日常的に食べることのできるエリアは実は限られています。

鳥取県の中でも梨博物館で有名な「倉吉市」付近が牛骨ラーメンのメッカです。

ただ、この牛骨ラーメン食べられる倉吉市、鳥取県の中でも行きづらいエリアとして有名です。

 

鳥取県の中での大きな都市、米子市・鳥取市からどちらからも車で約1時間はかかります。

また、鳥取県は米子市と鳥取市に空港が有りますので、飛行機でのアクセスも容易ではないため、かなり交通の便が悪いエリアなんです。

 

f:id:salesconsultant:20180924144639p:plain

 

倉吉市周辺の三朝町・琴浦町などの市町村にも牛骨ラーメンの有名店は複数ありますが、それでもやはり主要な都市からは遠いです。

なかなか鳥取県に出張・観光にて訪れる際に倉吉周辺には行くことが無いと思いますので、牛骨ラーメンを食べることは結構難易度の高いグルメとなってしまいます。

 

米子市に牛骨ラーメンのルーツ有り。元祖のお店で堪能できれば牛骨ラーメンの良さも分かるはず。 

牛骨ラーメンはご当地グルメとして食べてみたいけど、倉吉周辺までは流石に。。。と思っている方には朗報です。 

実は鳥取県牛骨ラーメンの元祖と呼ばれているお店は、米子市に存在します。

米子市であれば、米子空港もあるため、関東からなら飛行機でのアクセスもしやすい都市ですし、電車・列車での移動であっても特急電車移動を考えても、倉吉市とは比べ物にならないほど交通の便の良い年と言えます。(あくまでも倉吉市との比較です)

 

鳥取牛骨ラーメンの元祖は「満洲味」 満州から持って帰ってきた秘伝の味

米子市にある鳥取牛骨ラーメンの元祖のお店は「満州味」さん。

この満州味の創業の方が戦後満州から引き揚げてくるときに、牛骨ラーメンの着想を持って帰ってきたようです。

この 「満州味」から始まった牛骨ラーメンの流れが、倉吉当たりのお店のルーツとも言われているようですので、鳥取の牛骨ラーメンの元祖と言って差し支えないと思います。

 

とにかく民家。見た目が民家。看板が無いとわからない「満州味」の外観

この「満州味」なにがまずユニークかというと、その外観。完全に民家です。

看板がかかっていなければ分かりません。

f:id:salesconsultant:20180924143435p:plain

 

f:id:salesconsultant:20180924143457p:plain

地元の人に愛されている飲食店ってこんな作りのところが多いですよね。

「満州味」も良くある民家の内装をコンバージョンして飲食店に用途変更しています。 

 

ラーメンを頼むとそれが牛骨ラーメン。メニューには特に書いてないですがスタンダードという事。

「満州味」にて牛骨ラーメンを頼もうと思うと、メニューをみて困惑すると思います。

なぜなら、「牛骨ラーメン」という表記が無いからです。

思わず他のメニューがあるのではないかとテーブルをまさぐってしまうと思います

 

f:id:salesconsultant:20180924143544p:plain

しかし、安心してください。これは「満州味」で出てくるラーメンは全てが牛骨ラーメンなので、特に明記されていなくても牛骨ラーメンがデフォルトで出てきます。 

 

牛骨ラーメン650円は驚異の物価。鳥取県の物価の安さに感謝です。

「満州味」にてラーメンを頼もうと思うと、650円という料金に驚きます。

この驚きは、もちろん絶対値として料金が安いな!と思うのと同時に、牛骨ラーメンという名物料理を食べに来ているにも関わらず、この値段で良いのか?と頭が若干混乱するからだと思います。

 

しかし、ここは鳥取県。物価はかなり安い県に入ります。この650円という価格設定でも十分に利益が出るのでしょう。

 

「満州味」の牛骨ラーメンは濁っている系。牛骨ラーメンとしては珍しいかも。

牛の骨で取ったスープの多くは透き通っているスープだったりするのですが、「満州味」では、その後に割っているモノなどの関係でしょうか、濁っている系のラーメンとなります。

(多くの牛骨ラーメンの店では透き通っているスープも出てきます。)

 

ドンブリがテーブルに運ばれてきた瞬間に感じるのは、牛の脂の良い匂いです。動物にはそれぞれ独特なにおいが有りますが、この匂いは嗅ぎなれた匂いです。完全に牛さんです。

ラーメンと牛の匂いが脳内でリンクしないので一瞬混乱しますが、ラーメン自体をみれば美味しそうなラーメンですので、心が落ち着きます。

f:id:salesconsultant:20180924143624p:plain

さっぱりしているが、コクも有るのが牛骨ラーメンの特徴でしょうか。

イメージとしては、焼肉屋で食べるテールスープをもう少し煮込み味を濃くして、塩分や他の調味料で整えているといった感じがします。

一口目はさっぱりしている感じもうけましたが、食べ進めると風味も含めて結構ヘビーです。味としては濃いという印象にどんどん変貌していきました。

また、脂が浮いているため非常に熱いまま食べることもできますので、寒い日などには非常に良いラーメンだと思います。

食べ始めると、一気に食べてしまい。その後に汗が出てきます。おいしい。

 

折角、鳥取県に足を運んだのであればご当地グルメや名物は一つでも多く食べたいと思います。この鳥取県牛骨ラーメンも鳥取名物の一つですので、機会があるときには必ず食べておかなければならい肉料理の一つと言えます。

 

 

全国にはまだまだおいしい肉料理があります。食べきるために各地への出張・旅行を計画的に組んでいく必要があります!