ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

出雲空港にて島根和牛を食べる「出雲の國 麺家」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

島根県にある出雲空港では、空港グルメにて島根和牛を食べることが出来ます。全国の肉を食べ歩く際に空港にて、その土地の肉を食べることが出来るのは、とてもうれしいです。

島根観光・出張にて島根和牛を食べていない場合は出雲空港で堪能してみはいかがでしょうか。

f:id:salesconsultant:20180926212654p:plain

 

島根和牛は年間出荷頭数2,300頭ほど。流通量は少なめのお肉です。

島根県を代表するブランド牛である、島根和牛は年間出荷頭数が2,000頭ほどですので、流通量の少ないブランド牛と言えます。

 

ブランド名 年間出荷頭数 飼育地
隠岐牛 144頭 島根
葉山牛 250頭 神奈川
石垣牛 500頭 沖縄
能登牛 700頭 石川
もとぶ牛 1,200頭 沖縄
おきなわ和牛 1,600頭 沖縄
しまね和牛 2,300頭 島根
神戸ビーフ 3,000頭 兵庫
松坂牛 4,055頭 三重
近江牛 5,000頭 滋賀
但馬牛 5,500頭 兵庫
長崎和牛 10,000頭 長崎
飛騨牛 11,000頭 岐阜
宮崎牛 13,000頭 宮崎

出典:JAしまね資料 及び 国産牛肉でイキイキ生活

関東に住んでいるとしまね和牛をスーパーで見ることはほぼありませんので、やはり折角ご当地に言ったのであれば堪能しておきたい牛肉であることは間違いありません。

観光・出張などで島根県に赴いた際に、タイミング良くしまね和牛を食べる機会があれば良いのですが、なかなか他の名物・グルメを堪能していると、一般的には肉の優先順位が下がり、ご当地牛を食べない事も多いかと思います。

そんな場合でも、出雲空港ではしまね和牛を使った料理の提供が有りますので、非常に心強いです。

 

出雲空港にてしまね和牛を食べることの出来るお店は、「出雲の國 麺家」さん。

出雲空港にはレストランが2件ありますが、その中でしまね和牛を食べることが出来るのは、「出雲の國 麺家」さんになります。

この「出雲の國 麺家」さんは出雲空港の二階に有るのですぐに見つかると思います。出雲空港自体が大きい空港では無いので、迷う事は無いと思います。

店名からわかる通り、この「出雲の國 麺家」さんは麺を主に食べることのできるお店ですが、空港グルメにありがちな状態で、多品種を扱っているので、つまみもあり酒も飲めれば、定食的なメニューもあり、もちろんラーメン・蕎麦なども食べることの出来るお店です。

とにかく、空港でまとめて名物が食べられるお店は重宝します。

 

出雲の國 麺家にて食べられるしまね和牛はしまね和牛丼、和牛カレー、そして「焼鉄」

出雲の國 麺家にてしまね和牛を堪能しようとすると、複数メニュー有って非常に悩むと思います。

一番そそられるのは、「しまね和牛丼」

簡単に済ませたいなら「しまね和牛カレー」

しかし、ここでは聞きなれないメニュー名の「焼鉄」を是非頼んでみて下さい。焼鉄が何かというと、ただの野菜炒めですが、名前と共に名物を食べてる感がでますので、非常に良いと思います。

 

f:id:salesconsultant:20180926212746p:plain

↑出雲空港で食べることが出来るしまね和牛をつかった「焼鉄」

 

しまね和牛を120g使った!と書いてあるのですが、120gと聞くとなんだか少ない気がして非常に心配でしたが、食べてみると野菜の量に負けないぐらいのボリュームは感じましたので、適量だったのだと思います。

味は濃いめ。上に乗っている卵をといて丁度良い味付けでした。

 

焼鉄には全く関係ないと思いますが、島根県は由緒ある鉄の県

この出雲空港にて食べることのできる焼鉄とは全く関係ないと思いますし、焼鉄で使われている鉄板も100%に近い確率で使われていないと思いますが、島根県はたたら製鉄という技法にて鉄が作られ続けてきました。

 

日本古来の製鉄法である「たたら製鉄」。
出雲の地では今でも世界で唯一、たたら製鉄の炎が燃え続けています。

出典:しまね観光ナビ 

 

ちなみに、私はこのたたら製鉄の技法にて鉄をつくったことがあるのですが、ふいごで風を送り続けないといけない、このたたら製鉄の技法は興味本位で手を出したら後悔することになります。非常にきつい肉体労働でした。

 

焼鉄にてしまね和牛を食べることにより、島根の特産である「しまね和牛」と「鉄」を同時に堪能できるメニューは無理やりダブルミーニングと捉えれば、他のメニューを圧倒する楽しさです。

 

島根県の特産品でもある「しじみ汁」も追加オーダー出来ます。

なんとプラス200円も取られるのですが、島根県の特産品であるしじみ汁も追加することが出来ます。

島根で食べていない場合は、頼んでみても良いのではないでしょうか。

f:id:salesconsultant:20180926212835p:plain

しじみが取れるのは、松江市に有る日本最大の汽水湖の宍道湖になります。出雲で松江の特産品。。。と固いことを考えていると日本全国なかなか名物料理は食べきれませんので、ベストではないですがベターな選択肢として割り切って注文してください。

 

「出雲の國 麺家」では、しまね和牛以外にも名物料理・特産品を食べることが出来ます。

しまね和牛には食指が動かない人がいると思いますが、「出雲の國 麺家」ではしまね和牛以外の名物料理・特産品も食べることができますので、選択肢は多いです。 

 

出雲と言えば出雲そば。ユニークな提供スタイルである、割り込蕎麦の形式で蕎麦も提供してくれます。

f:id:salesconsultant:20180926212807p:plain

 

そこまでお腹が空いていないという人は、是非「飛魚野焼き」を食べてみてください。

f:id:salesconsultant:20180926214726p:plain

飛魚と書いて、この場合は「あご」と読みます。とびうおの事ですが、この飛魚野焼きは島根県の名物です。

メニューには大社町の名前が付いていますが、大社はかまぼこにてこれまた美味しんぼに取り上げられていた町です。美味しんぼ押しをしている訳では無いのですが、名物であることはわかっていただけると思います。

 

出雲空港を訪れた際には是非、「出雲の國 麺家」にてしまね和牛を焼鉄で食べ、余裕がある人はその他の名物も食べてみてください。

 

 

何といっても島根県には短い期間ですが住んだことがありますので、思い入れがあります。しまね和牛は中々他の都道府県にて見ることが少ないので、(人気が無い?)島根県にて食べておくのが正解だと思います。