ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

出張で食べるべき長野県のソウルフード「あっぷるぐりむ」の旨ハンバーグ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長野県にて複数店舗展開をしている、ご当地ファミレスに「あっぷるぐりむ」があります。

折角、出張や観光で長野県を訪れているならば、その土地のモノを食べなければ勿体有りません。ランチ営業もしている「あっぷるぐりむ」さんが非常に利用しやすいご当地グルメですので、長野県に行ったときには比較的容易に食べることが出来ると思います。

 

f:id:salesconsultant:20180921125143p:plain

 

長野県の名物とも言える、庶民の味「旨ハンバーグ」 

あっぷるぐりむの名物と言えば、「旨ハンバーグ」

確実に食べておきたい、日本の名物ハンバーグの一つと言えると思います。

静岡の「さわやか」、群馬・栃木の「フライングガーデン」等の有名ローカルハンバーグは有りますが、どちらも生焼けタイプのハンバーグだと思います。

あっぷるぐりむのハンバーグはご当地ハンバーグとしては逆に珍しい、しっかりと焼き上げているタイプのハンバーグとなります。

 

↓旨ハンバーグの雄姿

f:id:salesconsultant:20180921125212p:plain

 

こだわりのハンバーグはお店で焼き上げる。ソースは好みが分かれる甘めのソース 

作ったものを湯煎で温め直して提供するお店が多いなかあっぷるぐりむのハンバーグは店内にて一枚一枚シェフが焼いてくれています。

湯煎の場合と違い、その場で焼くと肉汁がとじこめられるので旨ハンバーグを割ってみると肉汁ほとばしる仕様です。

また、とにかくハンバーグが柔らかいので、箸でハンバーグを割ることも簡単にできます。

たっぷりかかったソースと肉汁に絡めながらおいしく食べることが出来ます。

 

f:id:salesconsultant:20180921125236p:plain

 

ソースはオリジナルソースなのですが、この味には好みが分かれるかもしれません。私はもう少し塩分が欲しいタイプなのでテーブルの食塩を追加してしまいます。

ハンバーグ自体が大きい作りなので、味に変化を持たせたい場合なども、チャレンジしてみてください。

 

デブには厳しい。ライス大盛無料の罠。

あっぷるぐりむのサービスではライス大盛無料というデブには厳しい罠があります。

ライス大盛無料というサービスは多くの飲食店でも提供されていますが、あっぷるぐりむの場合は産地限定のお米にこだわり、その上で大盛にしてくれます。

これが、またハンバーグとの相性が最強のため、肥満の方には大敵の炭水化物を大量に摂取できるシステムが出来上がっています。

 

あっぷるぐりむは長野・新潟・富山で展開しているので、訪れやすいご当地グルメです。

あっぷるぐりむのハンバーグを楽しむ場合は、実は長野県だけでなく、その他には新潟県・富山県にも店舗がありますので、そちらでも楽しむことが出来ます。 

他県にもまたがるご当地ファミレスは珍しいです。しかも、新潟県・富山県というチョイスが渋くて良いです。

 

都道府県 店舗名 住所
長野県 長野運動公園店 長野市石渡30-1
長野県 長野栗田店 長野市栗田西番場333-1
長野県 長野小島田店 長野市小島田頤気沖986-1
長野県 FC佐久店 佐久市中込大塚3005-1
長野県 アリオ上田店 上田市天神3-5-1 アリオ上田1F
新潟県 三条店 三条市須頃3-7
新潟県 上越北店 上越市下源入橋向215-1
富山県 富山呉羽店 富山市茶屋町512-1

 

ただし、新潟、富山共に店舗数が少ないために、かなり食べることの出来るエリアが限定されます。

やはり、食べるためには長野県に訪れた際に食べてしまうのが良いと思います。

長野県でも長野市、上田市、佐久市と新幹線沿線の都市にしか有りませんので、松本市等の特急電車利用の都市では楽しむことが出来ませんので、ご注意ください。

 

 

ご当地ファミレスである「あっぷるぐりむ」は長野県に仕事で行ったならば、食べておきたいお店となります。

個人的な経験でいうと、長野県北部出身の方とは、このあっぷるぐりむの話題で、一回は盛り上がることが出来ます。話のネタの引き出しの一つにもなり、その点もお得です。