ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【肉】韓国残酷物語 韓国でチキンを食べるときには人の一生に思いを馳せる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

起承転鶏

 

韓国の嘘か本当かわからない話です。

f:id:salesconsultant:20170919003745p:plain

 

韓国では、大人になった場合の選択肢が過労死するか、餓死するか、チキン店になるしかないという悲しき物語です。

 

既にこの話は2013年ごろから話題になってましたので、さほど新しい話ではありませんが、先日ソウルに遊びに行ってきた際に、チキンを食べて思い出してしまいました。

 

どこに進学しても死ぬのが面白い

このフローチャート。眺めれば眺めるほど面白いんですよね。

 

まず、階層がバラバラで並べて良いものなのか、違うものなのかわからないものが並んでます。

 

経済&経営学系、人文学系は次の階層は職業的なものが記載されています。(CEOや作家、そして無職など)しかし、工学系では何故かその階層は「過労」です。

 

工学系には職業は無く過労しかないという表現でしょうか。(言われたらそんな気がしてきましたが。)

 

そして最高に面白いのは、理系⇒自然科学系に進んだら選択肢は有りません「餓死」しかないようです。

 

他の選択肢は有りません。大学で自然科学系に進んだら無職になることもかなわず、過労をする事も出来ず、そのまま餓死に一直線という未来しか有りません。

 

まあこれは冗談だとしても韓国に行くとチキン店が多いことに間違いは有りません。

 

ソウルでもチキン店にてチキンをむさぼり食べてきました。

チキンはチキンさほどバリエーションは無い

f:id:salesconsultant:20170919003401p:plain

唐揚げ的な食べ方をさせる店も、フライドチキンの様な食べ方をさせる店も、あるにはあるのですが、チキンを揚げていることに変わりは無く、結構飽きる食べモノです。

 

f:id:salesconsultant:20170919003507p:plain

f:id:salesconsultant:20170919003310p:plain

このお店は、ポテトが添えて有りチキンだけを食べ続けることにならずに、食べ進めやすかったです。

 

実際食べ進めてみるとわかるのですが、チキンってそんなに大量に、そして毎日食べることは難しいんですよね。

 

一説によると世界中のマクドナルドよりも、韓国だけでのチキン店が多い

 世界中にあるマクドナルドの店舗数は

海外投資データバンクさんの資料を見てみると、約30,000店舗が存在している様子

 

世界各国のマクドナルド店舗数と売上成長余地

 

一方、韓国のチキン店ての店舗数を見てみると、

 

韓国・公正取引委員会が2016年に発表した資料によると、全国に存在するチキンのチェーン店舗数は2万4453店。

 

まず、補足できるチェーン店の数にて約25,000軒が存在を確認できます。

 

ここに、統計にカウントされていない個人商店などが入ってくるため、推計では40,000店ほどのチキン店が存在していることになるようです。

 

韓国のチキン店はどれぐらいの供給過多か?

マクドナルドと単純に比較することは出来ないと思いますが、今回は同じファーストフードという事を鑑みて、人口に対しての店舗数の割合を比較してみました。

 

マクドナルド等のデータは先ほどご紹介した、海外投資データバンクさんのデータを引用させていただきます。

 

結果・・・

人口10万人当たりの店舗数はチキン店が78店舗、マクドナルドが0.47店舗とかなりの差が出てます。

 

  店舗数 人口(万人) 10万人当たり店舗数
韓国(チキン) 40,000 5,125 78.13
韓国 243 5,125 0.47
日本 3,686 12,700 2.90
アメリカ 13,381 30,580 4.38
イギリス 1,250 6,090 2.05
フランス 1,161 6,170 1.88
ドイツ 1,361 8,260 1.65
香港 200 700 2.86
中国 850 134,000 0.06

 

他の国とも比較しています。マクドナルドの本家本物とアメリカですら、人口10万人当たりの店舗数は4.38店です。

 

対して、韓国のチキン屋や人口10万人あたり、78.13店ですので、どれほどに数が飛び抜けているかが分かるとおもいます。

 

 

これは供給過多という言葉で表せないほどの密集です。開業して7割が廃業するといわれているようですが、その理由もわかります。要はすでに需要に対して供給量が多すぎるのですね。

 

 

韓国に遊びに行ったら、是非チキン店に行ってみてください。

 

鶏肉を楽しむのもそうですが、たぶんですが、次に遊びに行ったときにはそのお店は無くなっている確率が高いです。どんなに、このお店おいしいな!と思っても次に来た際には店は無い。自然と肉を味わう姿勢が変わるはずです。そして倒産していくこのチキン店の人たちはその後どんな人生を歩むのか。。。

韓国ではチキンを食べるときには人の一生に思いをはせながら噛みしめてみてください。

まとめ

  • 韓国ではチキン店がたくさんありますが、次回訪れたときにはほぼ無くなってます。
  • 若者の失業率10%越え。行き着く先がチキン店のようです。
  • マックを余裕で超える出店率。

 

↓かなり便利。是非。

www.yuramatayuramata.com

↓JALの修行にはやはりJALカードがあったほうがいいのですが・・・