ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

高雄観光におすすめなのは、絶叫マシーンがある遊園地「義大遊楽世界」

台湾の都市高雄。すごく良い都市なのですが、グルメ以外の観光スポットが非常に貧弱。と勝手に思っています。

そもそもガイドブックを購入しようとしても「高雄」という一都市でまとめている本はなかなか発見できず。

ネットにある「高雄 観光 おすすめ」で出てくる情報は、アート都市ということできれいな駅や、アート施設などがおすすめされてきますが。。。残念ながら指向に合わないという人も多くいるのではないかと思います。

そんな時は、高雄市内からは少し離れますが、日本には無い絶叫マシーンも取り揃えている「義大遊楽世界」という遊園地まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

死ぬほど怖い絶叫マシーンに乗ることもできます。

 

f:id:salesconsultant:20190118105523p:plain

 

高雄市街地から車で約30分ほどの場所に義大遊楽世界は有ります。バスも出ているようですが、タクシーを利用して行くことにしました。料金は約500TWD

 

この義大遊楽世界は高雄市街地からは少し離れた場所にて営業しています。そのため、高雄市内のおすすめ観光スポットといった情報にのることは少なく、あまり日本人が訪れていない高雄での観光スポットとなります。

 

市内からバスも出ていますが、バス停までの移動と、そこでの待ち時間、帰りも同じように待って、乗って、ホテルまで戻るという事が少し大変だな~、と感じたので思い切ってタクシーで移動してしまいました。

 

タクシーを利用した場合、高雄市内からの移動は時間で約30分、料金で約500TWDでした。日本円で2,000円以下の料金で何も考えないで移動できると思えば安いモノだ。と満足しています。

 

義大遊楽世界はなぜかギリシャがコンセプト。山の中にそびえるギリシャ神話からとびだしたオブジェは圧巻且つ、違和感あり。

 

義大遊楽世界はなぜかコンセプトが「ギリシャ」です。

これは、開設した台湾の大富豪がギリシャの風景に感動し台湾の子供たちにも見せてあげたいからというものだそうです。

 

f:id:salesconsultant:20190118151248p:plain

↑超巨大トロイの木馬

 

高雄では超がつく有名企業の社長さんで、台湾野球の球団も保有しています。義大遊楽世界内にいるサイのマスコットキャラクターは、野球チームにも登場しているので、台湾の人からするとおなじみのキャラクターなのだと思います。

 

f:id:salesconsultant:20190118105523p:plain

 

 

義大遊楽世界の最大の楽しみは「怖いアトラクション」絶叫マシーンから、お化け屋敷まで怖さが売りのアトラクションが並びます。

 

敷地面積は広いのですが、義大遊楽世界自体は、小さな子供が遊べるようなエリアも有ったり、ショーを楽しむようなエリアもあり、乗り物自体の数は少ないです。数は。

しかし、その数少ない乗り物たちは、厳選された絶叫マシーンもあり、また幸か不幸か人が少なくてすぐにアトラクションを利用できるので、その満足感は高いです。

 

前後不覚 平衡感覚がなくなってからも回り続ける天旋地轉(Booster)はすごく怖い

 

私が、義大遊楽世界で最高に気に入ったのは、天旋地轉(Booster)というアトラクションです。

 

f:id:salesconsultant:20190117150250p:plain

 

これは表現が難しいのですが、長い棒の両端に座席が用意されていて、その棒がグルグル回されるというアトラクションです。

もちろん座席に体は固定されますが、足はフリー。もっと言うと、席自体も開店するため、途中から棒も回るし席も回るし、という前後不覚自分がどこを向いているかもわからなくなるアトラクションなんです。

 

f:id:salesconsultant:20190119154051p:plain

出典:【外国人限定】高雄:義大遊楽世界・割引入場チケット - KKday

 

これ、すごく怖くて楽しいです。ジェットコースター(ローラーコースター)などだとどんなに回転したとしても、足の方向がわかっているので結論、今自分がどちらの方向に頭を向けているかがわかります。

ということで、怖くないのですが、この天旋地轉(Booster)途中から全くどこを見ているのか分からなくなり、それが恐怖を募らせます。

 

天旋地轉(Booster)で怖いのは、待機している時。地上18階の高さで足をぶらぶらさせながら待ちます。

 

アトラクションが動いているときも怖いのですが、この天旋地轉(Booster)で最高に怖いのは、「待機」なんです。

 

アトラクションの構造上、棒の両端にある座席に順に人を乗せていかないといけません。

という事で、先発組は座席に座った後一度上まで運ばれて、そこで「待機」します。

高さ地上18階建てのビルの高さほど。(約50m) 時間にすると約10分ほど。

 

f:id:salesconsultant:20190118151356p:plain

風が吹けば、座っている席は固定されていないのでぶらぶらして傾きます。これが本当に怖い。。

また、この怖い経験は先発組だけかというとそうではありません。後発組はアトラクション終了後に同じ体験をすることになります。

終了して早く解放されたいのに、ずっと約50m程の高さで待機される。これは本当に嫌な気分です。

私は、どちらも体験しましたが後発組のほうが嫌でした。 

 

f:id:salesconsultant:20190118152536p:plain

乗降の手続きの時間、片方の座席は上空で待つことになるわけです。

 

私の少ない語彙だと伝わらないと思います。現地のyoutuberが動画に収めてくれているので、見てみてください。

 

↓乗っている人の動画がありました。

 

メンテナンス中のアトラクションなどもあるので、事前情報が重要です。 

 

義大遊楽世界にて楽しみにしていたアトラクションは、先ほどご紹介した天旋地轉(Booster)と、極限挑戰(Big Air)という二つの絶叫アトラクションだったのですが、極限挑戰(Big Air)は、残念ながらメンテナンス中で乗ることができませんでした。

f:id:salesconsultant:20190118152849p:plain

 

f:id:salesconsultant:20190118152928p:plain

 

こちらもすごく怖そうなマシーンなので、絶叫マシン好きとしてはチャレンジしたかったので残念です。

メンテナンス中だったりすると折角の義大遊楽世界の楽しみも半減してしまいますので、グーグル翻訳などを駆使しながら公式HPにて、アトラクションの運行情報は押さえておいたほうが良いと思います。

 

義大遊楽世界のアトラクション。水系のアトラクションは要注意。服だけでなく靴まで濡れます。

 

楽しい高雄の遊園地義大遊楽世界なのですが、注意すべきアトラクションが2つあります。

それは、水系のアトラクションです。

スプラッシュマウンテンのようなアトラクションと、ゆっくり流れながら水をかけられるアトラクションの二つがあるのですが、どちらもかなり濡れます。

 

f:id:salesconsultant:20190118152812p:plain

 

 

f:id:salesconsultant:20190118152459p:plain

 

画像を見てもらうとわかる通り、レインコートを着ていないと確実に服がぐしょぐしょになります。そして、見落としがちですがどちらも服だけでなく、靴もずぶぬれになりますので、濡れ対策でレインコートを買うならば、同じ売店で販売しているサンダルなども購入し、履き替えたほうが良いです。

私は、どちらも購入しないで突っ込んだのですが、アトラクションの監視員のかたにまずは止められました。

台湾の言葉がわからなかったので、そのまま静止を振り切ってアトラクションに乗った結果、、、服・靴・下着すべてが濡れてしまいました。

 

アトラクションの横に全身ドライヤー(3分、100TWD)があり、2回乾かすために入りましたが、無駄でした。

結局、併設しているアウトレットモールまで戻り、服と靴と下着をすべて買い替える羽目となりましたので、ご注意ください。

 

義大遊楽世界は乗り物酔いが弱い人はつらいかも。すべてのアトラクションが長くて内臓にくる。

とにかく、とにかく義大遊楽世界なのですが乗り物酔いに弱い人は、注意が必要です。

日本にもあるアトラクションで、「これなら乗れるだろう」と思ってのってみても、台湾のレベルは段違いに強烈です。

 

例えば、この振り子型に揺られる船のアトラクションですが日本にもよくあるアトラクションだと思います。 

f:id:salesconsultant:20190118152630p:plain

まあ、空いているから乗るか。ぐらいの軽い気持ちで乗ると、恐ろしいことになります。全然アトラクションが終わらないのです。

最高到達点だと思われる振れ幅がずっと続いていきます。この長さは日本に比べて体感3倍は長いです。 

 

ようやく降りたときに、このアトラクションに嘔吐袋が用意されているのを発見し、台湾の遊園地のレベルの高さを再認識しました。

 

f:id:salesconsultant:20190118152706p:plain

 

義大遊楽世界は遊園地だけでなく、ショッピングモールなどもあり一日遊べる楽しい場所です。

私の目的が絶叫マシーンだったので、ご紹介するのは遊園地エリアだけですが、一応義大遊楽世界のことをお伝えしておくと、この遊園地のエリアのほかにも、台湾最大級のショッピングモールが併設されていたり、大型観覧車があったり、さらには超怖いお化け屋敷があったりと、まだまだその魅力は語りつくせておりません。

 

閉館時間が17時までと早く閉まってしまうので、朝早くから夕方までの時間をフルに使って楽しむのが良いと思います。

 

 

 

高雄の観光に飽きたら、義大遊楽世界に行きショッピング、そして遊園地と一日遊んでみるのも良いと思います。人がいないのですぐにアトラクションに乗れるのが良くも有り、不安になる点です。。