ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

鹿児島空港で「キビナゴ」をつまみに一杯 米米麦麦はちょっと飲むのにもおすすめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鹿児島空港にて、鹿児島県で良く食べられる魚「きびなご」をつまみながら、一杯飲めるお店があります。

空港のレストラン街にある「食膳 米米麦麦」(こめこめばくばく)です。

このお店では、焼酎を飲みながら鹿児島県特産のキビナゴを食べたり、地鶏のタタキなどを楽しんだり。食べようと思えば黒豚のとんかつなども楽しめます。

 

f:id:salesconsultant:20181016111826p:plain

 

米米麦麦は鹿児島空港3階にある食事処。一番奥に有るお店です。

鹿児島空港で地元食材「キビナゴ」が楽しめるお店、「米米麦麦」さんがあるのは、国内線のターミナルビル3階にあるレストラン街です。

鹿児島空港のレストラン街は3階に上がればすぐに見つかると思うので、問題ないのですが、米米麦麦さんは一番奥の方に有るお店なので、見つけるのが少し大変かもしれません。

f:id:salesconsultant:20181016114151p:plain

特徴的なお店の名前なので、店の前に行くとすぐにわかると思います。

営業時間は、10:00-最終出発便30分前 (オーダーストップ)と公式ページには記載されていますが、鹿児島空港の最終便は現時点だと、羽田行きの20:40頃になっていますので、20時ぐらいまでは入店できる。と考えて良いかと思います。

 

米米麦麦を営業しているのは、鹿児島にて複数のホテルを運営する、いわさきグループになり、このいわさきグループは「キッチンさつま」というお店も鹿児島空港内で運営しています。

 

鹿児島の空の玄関口、鹿児島空港にあるいわさきホテルズのレストランの一つ。
客席からは霧島連山を背景に飛行機の離発着がご覧いただけます。
本場黒豚とんかつと豊富な丼物、郷土料理をお楽しみいただけます。

出典:いわさきグループHP

 

謎の魚「キビナゴ」は鹿児島県ではポピュラーな地元の魚

キビナゴという魚は、海沿い且つ暖流が流れている地域にお住まいの方以外だとなかなか聞かない魚だと思います。

実は本州中部以南の海沿いのエリアではキビナゴはとれているのですが、なかなか名前を聞かないのは、体長約10cm程の小さい魚のため、痛みが早く水揚げされたエリア以外に流通しないからです。

鹿児島県・高知県・長崎県などでまとまった漁獲高があるため、これらの地域に行くと地元の漁港で獲れた魚として楽しめる魚です。

 

鹿児島県 = キビナゴ

 

というイメージが有りますが、漁獲量の総量でいうと、長崎県なども多くの水揚げがあり、それほどまでに飛び抜けているわけではありません。

ただし、鹿児島県に属する島である「甑島」はキビナゴの漁獲量が非常に多く、日本一の漁獲量をうたっていたりします。

そのため、鹿児島県=キビナゴのイメージが生まれたのかもしれません。

 

キビナゴの旬は夏場。しかし、冬もうまい。という事で一年中おいしい。

キビナゴの旬は一般的には夏を中心に考えらえます。夏に鹿児島に行くのであればご当地・旬というゴールデンコンビの状態のキビナゴを楽しむことが出来ると思います。

しかし、冬にキビナゴを食べても独特の身のしまりもあり、それはそれで非常に美味しいです。

結論、どの季節に鹿児島に行ってもキビナゴは楽しめる魚なのかなと思っています。

 

米米麦麦鹿児島空港店では焼酎とキビナゴの刺身で飛行機を待ちましょう。 

キビナゴを楽しむためのお酒は?と聞かれたらそれは鹿児島県。芋・麦含めて焼酎がおすすめです。 

米米麦麦さんには多くの焼酎の用意も有りますので、お好みの銘柄をお好みの飲み方で楽しんでみてください。

鹿児島に住んでいたことがありますが、多くの地元の方は「お湯割り」が多かったです。お湯割りの作り方は一つコツがあり、お湯から入れるのが常識(鹿児島県では)です。

間違っても焼酎から注いでしまうと、地元の人に避難されますのでご注意ください。

 

キビナゴの刺身は酢味噌で食べることが一般的です。

f:id:salesconsultant:20181016112755p:plain

米米麦麦でも酢味噌がデフォルトでついてきます。

 

キビナゴは小さな魚なので、包丁を使って料理するわけでなく、手で腹を割って・・・と素手調理も一般的です。 

f:id:salesconsultant:20181016112816p:plain

そう聞いていたのですが、いつも食べるキビナゴの刺身は本当に素手で調理したのか?と思うほどにきれいな刺身として出てきます。

このきれいなキビナゴに酢味噌をたっぷりつけて食べるのが、とてもおいしく焼酎が進んでしまう理由です。

 

何よりうれしいのはキビナゴは安い魚。安心料金で鹿児島空港でのグルメを楽しめる。

キビナゴは地の魚でご当地で食べておきたい素材の一つな訳ですが、これが驚くほど高価なモノであれば手が出せません。

しかし、うれしいことにキビナゴは非常に安価な魚であり、ご当地物なのに安価に食べることが出来てしまいます。

米米麦麦さんでも安価に提供していますので、ちょっと空港で時間を潰したい。お腹いっぱいだけど、最後の鹿児島グルメを堪能したい。というような時にも安価な素材なため、非常に頼みやすいです。

是非ご当地グルメの一つとして、鹿児島県に行ったのであればキビナゴを楽しんでみてください。

 

 

 

黒豚、キビナゴ、鶏飯と鹿児島空港グルメ恐ろしいです。全て食べたくても全部はお腹的に無理だと思いますので、何度も鹿児島空港にグルメ探訪に訪れるというのも有りかもしれません。