ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【完全無料】JALの欧米線(ハワイ除く)では、自由にお菓子を食べることが出来るスカイオアシスが便利

顧客囲い込みのため各航空会社それぞれに面白い取り組みをしていますが、JALの欧米線(ハワイ除く)の飛行機にもおもしろいサービスがあります。

それが、エコノミー席・プレミアムエコノミー席に搭乗している人にはうれしい、完全無料で自由に食べてよいお菓子達「スカイオアシス」です。

実際にスカイオアシスを利用してみての感想をまとめています。

 

f:id:salesconsultant:20190709195253p:plain

 

スカイオアシスの開始時期は不明ですが、2015年12月に改良され利用しやすくなった。

 

JALスカイオアシスの開始時期は正式なプレスリリースなどは発見できませんでしたが、個人ブログや掲示板の書き込みを読み漁ってみると、2008年にはサービスとして認知されていたことがわかりました。

 

全然知らなかった。。。

 

その後、2015年12月に改良が加えられ、現在の形でのスカイオアシスになっているようです。

 

国際線の一部の長距離路線では、プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスにおいて、 お客さまにご自由にお取りいただけるセルフサービスコーナー「スカイオアシス」をご用意しております。

 

これまでも様々な種類をご提供してまいりましたが、12月下旬よりチョコレート系のお菓子など、特に人気の高い種類のお菓子をより多くのお客さまにお選びいただけるよう、数量を増やしました。


また外国人のお客さまにもお喜びいただけるお菓子を取り入れるほか、中身がわかりやすいように日英併記のパッケージに変更いたしました。 さらに個包装に和柄を採用し、また和モダンのボックスにてご用意することで、お客さまに一つ一つ手に取っていただき、目でも楽しんでいただけるようなデザインでおもてなしを表現しております。機内でのひとときを、どうぞお楽しみください。

出典:JAL プレスリリース

 

過去の個人ブログを読み込んでみると、以前はファーストクラス・ビジネスクラスに搭乗している人のブログにも登場してましたが、現在では公式にプレミアムエコノミー席及びエコノミー席へのサービスとして記載されていますので、サービス対象の変更はあったように思います。

 

ファーストクラス・ビジネスクラスにはお菓子など食べなくても更なるサービスが既にあるわけですから、飛行機は移動手段!と割り切り費用をかけないタイプの人にはうれしい対象変更ではないでしょうか。 

 

スカイオアシスの対象路線はハワイを除く欧米線

スカイオアシスは国際線すべての路線に設置してあるわけではありません。

 

設置してあるのは、ハワイを除く欧米線となりますのでご注意ください。

 

f:id:salesconsultant:20190709210802p:plain

出典:JAL公式HP

 

 

お菓子だけではなく飲み物も飲み放題のスカイオアシス。

プレスリリースなどの情報では、スカイオアシスは「お菓子」の提供について言及されていることが多いですが、実際に利用してい見るとジュースなどの飲料も自由に飲むことが出来ました。

 

 f:id:salesconsultant:20190709195253p:plain

 

水やジュースなどもそのまま置いてありますので、コップに注いで自席に持ち帰ることが出来ます。

 

お菓子だと良いですが、飲物を飛行機内で持ち運ぶのは緊張しますね。

 

スカイオアシスの設置場所はギャレー部分。CAの人が食事やドリンクを用意する場所です。

 

スカイオアシスが設置されているのは、ギャレーと呼ばれる、わかりやすく言うとCAの人たちが何か作業している場所です。

 

機内食の用意したり、いかついワゴンのようなものでドリンクの用意をしていたりとなんだか近寄りがたい場所なわけですが、、、安心してください、スカイオアシスの利用をアナウンスされるのは機内食の提供などが終わり、皆が落ち着いてからです。

 

提供路線が欧米線という事で、長距離・長時間の飛行になりますので、落ち着いたタイミングを見計らって機内でもアナウンスが入ります。

 

ギャレーの場所ですが、私はプレミアムエコノミー利用だったためエコノミー席との間にある場所でスカイオアシスを利用しました。

 

過去の個人ブログを読み込んでみると、後方にもスカイオアシスが設置されていると読み取れる記述があったので、たぶんですが最後方にもあるかもしれません。

 

f:id:salesconsultant:20190709205100p:plain

※機材によって異なるはずなのでご注意ください。

 

提供されるお菓子は市販されているモノ。ビジネスクラスなどで提供されているドライ納豆は無かった。

どんなお菓子があるのか見てみましたが、提供されているのは日本国内で一般的に市販されているお菓子たちでした。

 

JALの機内でビジネスクラスなどで提供されているドライ納豆などのお菓子たちは置いてありませんでした涙。

 

JAL ドライ納豆、あられミックスの製造元と関係性 - ゆらゆら。まったり。

 

代わりにと言っては何ですが、よくラウンジなどで置いてあるJALオリジナルのせんべい・あられは有りました。

 

とはいえ、市販のお菓子でも十分にありがたいです。私は小枝を食べましたが、無料で自分のタイミングで食べることが出来たので非常にハッピー。とても良い気持ちで利用できました。

 

 

 

長距離の飛行機移動はエコノミークラス症候群も怖いので積極的に運動と水分はとりたいところ。スカイオアシスを利用すれば、機内を歩きますし水分も取れますし一石二鳥です。他の人に迷惑にならない範囲で利用してみましょう。