ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【出張土産】薫り高き飛騨山椒は一度は体験してほしい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出張につきものと言えば、家族・会社への出張土産。

このお土産というモノはかなり個人的なセンスを要求される、高難易度ミッションですが、久しぶりに「これは出張土産として良いな」というモノに出会いました。

それは、岐阜県の飛騨高山地方に行った際に出会った、「飛騨山椒」です。

この飛騨山椒、各種調味料を体験している中でも、トップレベルで香り高き調味料で、もしかしたら好みが出るかもですが、はまる人には劇ハマりの調味料なのではないかと思います。

 

f:id:salesconsultant:20180708110100p:plain

 

お土産に喜ばれるのは、飛騨牛とのコラボ商品。肉と山椒の2つでリスクヘッジできる

個人的には、「飛騨山椒」自体が一番お土産として喜ばれると思ったのですが、調味料は好き嫌い激しい事が多く、どうしても好みがでます。

最初は、ネームバリューが高い飛騨牛の力を借りるのが、リスクを低減する方法だと思います。

値段も手ごろな、飛騨牛のサラミ・ベーコンなどをお土産とするのも一つの手です。

 

この飛騨山椒が自分に合うかどうかは、サラミでチェック。

とても香りが強い山椒ですので、好き嫌いがあるかもしれません。まずは、自分の口に合うかどうかをチェックしてみてください。

私も、このサラミを買って帰り、ついていた飛騨山椒の香りに脳天を撃ち抜かれた一人です。

 

 

 

「あずさ屋」というお店のサラミに飛騨山椒はついております。サラミとベーコンがラインナップとしては用意されていますが、私のおすすめは「サラミ」です。ベーコンは少し硬いと感じる人がいるとおもいます。

ただ、ベーコンも味としては一級品。非常に美味しいので、ベーコンを食べる場合は、少し温めるなどして柔らかさを感じられるようにして食べるのが良いと思います。

 

飛騨山椒の購入は公式HPが便利、ただし購入数制限があるのでお早めに

飛騨山椒自体を、大量に手に入れたい場合はもちろん、飛騨山椒単体を購入するのが良いです。

 

f:id:salesconsultant:20180708112421p:plain

出典:http://hidasansyo.com/

 

飛騨山椒は現在品薄状態のため、なんと1家族2本しか購入できない、購入制限がかかっています。詰め替えなどは販売休止中です。

 

伝統的な製法で作っているため、手間もかかるでしょうし半永久的に存在するものなどありませんので、いつ食べられなくなるか分かりません。

 

こだわりの飛騨山椒。レベルの違いには理由があった。

飛騨山椒がなぜ他の山椒と香りがこれほどまでに違うのかを調べてみたところ、公式HPにその理由が列挙されていました。

  • 高度と気候
  • 天日干し

この二つがこだわりのポイントのようです。

 

高度と気候が重要 かなり限定されてしまう生産量

公式HPを読むと、飛騨山椒として出せる山椒が取れるエリアはかなり限定的です。

 

飛騨の山椒は古来より山と土と水に恵まれたこの地域で自生していた香りの強い優れた品種で、代々地元の人々によって、大切に守られ育てられてきました。高度、800m程度、上下100m半径5km範囲の限られた土地で栽培された山椒のみが高い香りを産み出してくれます。他の土地に移植してもこの香りはでません。土地、水、気温、霧(湿度)など、さまざまな偶然が積み重なった自然の恵みです。

出典:http://hidasansyo.com/

 

この生産地が限定されている事が出荷量制限にもかかってくると思いますが、万が一この周辺の気候が変動したら、それこそ飛騨山椒は無くなってしまう可能性もある訳ですね。

 

手間をかけた天日干し 機械乾燥では飛んでしまう香りもがっちりキャッチ

また、もう一点のこだわりとして挙げられていたのが「天日干し」です。

 

乾燥機を使うと色はキレイに仕上がりますが、飛騨山椒独特の「すばらしい香り」は飛んでしまいます。 この一手間かけた天日干しによって深い緑色をした良い香りの山椒になるのです。

天日干しされ山椒は、種と皮を分け皮のみを杵と石臼でつき粉にします。

 

この21世紀。劇的なテクノロジーの進化により、人類史上未曾有の体験を日々しているわけですが、そんな時代でも昔ながらの「天日干し」 太陽の力を最大限に活用しています。

天日干しを良しとしているモノはたくさんあり、干物だったり木材の乾燥だったりとこだわりの高い会社などは、今も天日干しにて仕上げている場合が多いです。

個人的な推察としては、やはりゆっくり水分が飛ばせる。という点が天日干しのメリットで、機械乾燥の場合一気に温度を上げ下げ出来るため、感想は早いですが温度上昇の速度も急激です。ゆっくりしっかり抜くことの出来る天日干しは、その点にメリットが有りそうです。

 

また、もう一つ良いなと思ったのが石臼にて粉にしている点です。石は熱伝導率が低いですので、山椒を粉にする際にに器具自体の温度が摩擦熱などで上昇することが押さえられます。

という事は、山椒の温度も上がりませんので結果香りが飛んでしまう事を防げているはずです。たぶんですが。

 
山椒は英語で「Japanese pepper」 日本を代表する香辛料の一つです。

この山椒ですが、英語ではJapanese pepper とも呼ばれます。中国の山椒とも一味違う日本の山椒ですが、英語ではこのような呼び方をされているのはしりませんでした。

独特の香りがありますので、日本に遊びに来た外国人の方達のお土産としても人気となっているようです。


Japanese pepperと呼ばれているのであれば、その魅力を私達が語れなければなりません。山椒をもっともっと食べても良いと思います。

 

関東地方・北海道からの岐阜県 飛騨高山地方への出張ルート

 

飛騨高山地方への出張は難儀します。電車での移動は名古屋からでも特急電車で約2時間かかるからです。

名古屋までの移動時間 + 飛騨高山地方への移動時間 合計で4時間~5時間かかる移動ルートになることもあり得ます。

そんな時便利なのが、飛行機移動+レンタカー移動。岐阜県 飛騨高山地方への移動は富山空港経由が便利です。

f:id:salesconsultant:20180708110426p:plain

富山空港へのアクセスは、羽田空港・新千歳空港から「ANA」にて飛行機が飛んでおります。

そこからレンタカーにて1時間40分かかりますが、そう移動時間としては短縮できるはずです。出張ルート検討の参考にしてみてください。

注意点としては、山越えのルートとなるので、冬場は死ぬほどに雪があり走行自体が困難になりますので、このルートを取るときは冬以外にしてください。

 

 

 

香りが強いので、脂分の多い肉料理などに使うのがおすすめです。

これいける!となったら、鰻や他のモノに使ってもおいしく食べられると思います。

個人としては最近、外食以外は全ての食べ物にかけてます。

 

 

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。