ゆらゆら。まったり。

出張をより楽しくするための情報サイト。ご当地グルメから元祖・発祥グルメのお店、飛行機のマイル情報から、お得な宿泊予約方法などをお伝えします。

【お腹にいくらでも入る魔法がかかっている】福島円盤餃子の元祖「満腹」で魔法でとろとろに溶けてしまいましょう。

福島市が誇るご当地餃子「円盤餃子」

この円盤餃子が生まれたお店といわれているのが「満腹」です。

国民的アニメサザエさんにも登場した、まさに福島円盤餃子の代名詞となってもいる満腹にて生まれた姿の円盤餃子を味わい、歴史の深さを堪能してきました。

 

f:id:salesconsultant:20200807224909p:plain

 

福島円盤餃子の元は満州にあり。闇市上がりのたたき上げの味。

 

元祖の店は現地にいってみると、これまでのさまざまなメディアに取材された過去の素晴らしい情報が店内掲示板として貼られたりしています。

 

満腹でも日時不明ですが、朝日新聞いよる満腹の歴史を取り上げた記事が貼られていました。

 

f:id:salesconsultant:20200810144738p:plain

1933(昭和8)年から20年間、夫の仕事の関係で旧満州に住んだ。終戦後、福島市に引き揚げたが仕事がない。生活に行き詰った時、満州の人が食べていたきつね色の焼きギョーザを思い出して焼き、市中心部にあった闇市で出してみた。
満州からの帰国者が「懐かしい味」と店を囲み、福島に住んでいた人が「珍しい」と常連客になった。
その後、福島市内に同じような専門店が増えたという。

出典:朝日新聞

 

ご存知の通り中国では餃子といえば水餃子が普通であり、焼き餃子は一般的ではありません、多くの餃子有名地は満州からの帰国者によって餃子が普及したという説は有力説としてありますが、それらのエリアで皆同じく水餃子ではなく、焼き餃子が普及したのは非常に面白い現象です。

 

中国でいうところの鍋貼(⇐焼き餃子のようなモノ)のほうが日本人の食生活および口にあったという事でしょうか。

 

とにかくこの満腹さんでも満州の味を日本で展開し、なんといってもそれを闇市ではじめたという点に歴史を感じてしまいます。

 

f:id:salesconsultant:20200807224949p:plain

 

サザエさんにも登場した満腹。記念のセル画が店内に飾られています。

 

福島の餃子といえば満腹は外せない!という元祖の店として最高の立場を手に入れた満腹ですが、さらに素晴らしいことに国民的アニメのサザエさんにも登場したようです。

 

f:id:salesconsultant:20200810141953p:plain

 

26年4/7に放送された国民的アニメ・サザエさんの一幕では、一家が訪れる餃子店のモデルにもなりました。
なお、サザエさん出演記念でセル画を頂きました。それを店内で見ることができます。

出典:元祖円盤餃子満腹

 

サザエさん一家が訪れる餃子店のモデルとなったようですが、きっとサザエさんたちも素晴らしい円盤餃子に舌鼓をうったと思われます。

 

元祖円盤餃子は思ってた以上に小ぶりだった。しかし!このサイズが魔法のサイズでいくらでも食べることができる恐ろしき食べ物だった。

 

実際に満腹の餃子を食べてみると、、、、一番驚いたのは餃子1個あたりのサイズです。

 

小さいとは聞いていましたが、思ってた以上に小ぶりな餃子でした。 

 

f:id:salesconsultant:20200807225035p:plain

 

餃子、ちっさいな~。と思ったわけですが、このサイズが魔法のサイズと気づくのは食べ進めて中盤あたりに入ったころでしょうか。

 

適度なサイズ感でリズムよく食べ進めることができ、またくどくない味付けのこの餃子はいくらでも食べることができるのです。

メニューを見て1人前30個と書かれていた際には、これは食べきれるのか?と不安になりましたが、実際食べてみると30個ぐらい無いと食べた感じがしないのです。

 

f:id:salesconsultant:20200810142016p:plain

 

焼き餃子だけではお腹が満たされないため、途中で水餃子を追加して食べてきました。

 

f:id:salesconsultant:20200810142039p:plain

 

しかし!私的には水餃子を追加するのであれば、個人的には焼き餃子のハーフを追加したい!残念ながらハーフの設定がないので断念しましたが、お店には作って欲しいメニューです。

 

元祖円盤餃子の満腹さんでは、元祖ならではの歴史を感じると共に、美味しい餃子を堪能することができました。

福島駅からも歩いていける距離ですので、福島市出張の際には満腹の餃子を味わってみましょう。

\ Follow me!! /