ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

旭川名物の肉料理「新子焼き」を食べて旭川の夜を満喫しましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

北海道の旭川市に訪れたならば、食べておきたい「肉料理」の名物があります。

庶民のごちそう旭川名物と銘打たれた「新子焼き」(しんこやき)です。

手軽に食べられる名物肉料理ですので、旭川に出張・観光に行った際には是非食べてみてください。

 

f:id:salesconsultant:20181122152529p:plain

 

新子焼きが食べられるお店は、旭川市内に複数有ります。「新子焼きの会」加盟のお店がおすすめ。

 

新子焼きは旭川にて戦後から食べられている、肉料理となります。戦後にたんぱく質の供給源として比較的安価な鶏肉を食べる文化が発達し、その中で「新子焼き」という名称で、若鶏の半身に濃いめの味付けをして食べる料理が定着しました。

味付けはお店ごとに異なっているのがまた楽しみの一つです、店によっては照り焼きタイプ、店によってはオリジナルソースとそれぞれの味付けが有りますが、鶏の半身の素焼きであることは共通しています。

 

昔からある料理なので多くの料理店で食べることが出来ますが、はじめて食べるのであれば、新子焼きに力をいれている⇒新子焼きの会に所属しているお店をおすすめします。

f:id:salesconsultant:20181122153134p:plain

 

エリア 店名
旭川中心部 居酒屋 いさお
旭川中心部 イタリアンバール ピッカンテ
旭川中心部 三代目 かん太郎
旭川中心部 旬肉と旬菜 とはち
旭川中心部 焼鳥専門 ぎんねこ
旭川中心部 鳥忠
旭川中心部 焼鳥 らんまん
神楽・神楽岡 とり直
大町・春光 吉鶏亭
永山・末広 とり丸亭

出典:新子焼き提供店 | 旭川名物「新子焼き」の会

 

新子焼きの会に所属しているお店の多くは、旭川の中心部に固まっているので、利用がしやすいと思います。それぞれの特徴は、新子焼きの会公式HPに飛ぶと、使っている味付けの特徴などが書いてあるので、分かりやすいと思います。

 

1946年創業 焼き鳥らんまんにて「新子焼き」を食べまくる

どのお店もおいしいですが、今回ご紹介するのは、「焼き鳥らんまん」です。

このお店、1946年創業と古くから旭川にて営業しており新子焼きが看板に書いてあるのを見ても分かる通り、いい味出してます。

 

f:id:salesconsultant:20181122163232p:plain

 

地方の飲み屋という感じのお店で、カウンター席がほとんどです。テーブル席は人席だけありますが、あまり大人数で利用するには向いていないと思います。

地元の人が飲みに来ていますので、出張・観光での利用の際には余り目だ達騒がず、新子焼きに向き合って食事する事をおすすめします。

 

らんまんの新子焼きは一人前でも結構なボリューム。

お店は女性店主一人で切り盛りしていますので、オーダーは最初の段階でまとめてしてしまう事をお勧めします。

また、新子焼きは大きめの若鶏の半身を素焼きにしていきますので、提供時間が結構かかりますので注意が必要です。

 

今回も初回のオーダー時に新子焼き含めて数品オーダーしましたが、新子焼きの提供が一番最後でした。タイムマネジメント要注意です。

 

 

f:id:salesconsultant:20181122163302p:plain

 

らんまんさんの新子焼きは一人前でも結構なボリュームがありました。かなり大きめにカットされた鶏の半身に濃いめの味付けのソースがたっぷりかかっていて、肉と脂の旨味を存分に楽しむことが出来ました。

ビールに合わせてガツガツと食していき、気づいたときには半分は無くなっていました。

 

f:id:salesconsultant:20181122163326p:plain

↑大きめにカットされた鶏肉は食べ応え十分です。

 

半分ほど食べ終わったときにお店の人からお勧めされるのは、味にアクセントをつけるための大量胡椒投入です。

これでもかと、ソースの部分に胡椒を投入していきます。

f:id:salesconsultant:20181122163351p:plain

画像で見るとたくさんの胡椒が投入されているように思えますが、お店の人的にはこれでも少ないという事です。肉に直接かけてしまうとむせてしまいますので、ソースに投入してその後ソースに胡椒を溶いていくのがポイントです。

 

f:id:salesconsultant:20181122163413p:plain

しかし、なかなかコショウがソースに溶けるという事は有りませんので、ここは根気よく溶いてください。ここで手を抜くと本当にむせることになりますので。

コショウを投入すると本当に味にピリリとアクセントがついて、更にジャンキーなB級グルメと変貌し、飽きることなく食べ進めることが出来ると思います。

 

らんまんはその他のメニューもおいしかったです。

 

新子焼きの提供には時間がかかりますので、その間の時間を保つためには他のメニューのオーダーも必要です。

らんまんでは他のメニューもおいしかったです。

 

特に美味しかったのは、ベーコン。かなりの厚みがある切り方でおいしく食べることが出来ました。 

f:id:salesconsultant:20181122163523p:plain

 

味付けは初代の店主の方のタレを忠実に守って、味を引き継いでいるとのことです。タレは販売もされているので、新子焼きの味付けが気に入ったら購入して帰っても面白いと思います。

 

 f:id:salesconsultant:20181122163439p:plain

 

 

旭川に足を運んだら、食べたい肉料理が数点ありますが新子焼きはその中の一つとしておすすめの料理です。多くのお店が提供しているので、今回ご紹介したらんまんさんだけでなく、自分のお気に入りのお店を探すのも楽しいと思います。