ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【2018年最新版】2017年を終えての朝食日本一決定!朝ごはんフェスティバル王者が決まる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

遂に2017年の朝ごはんフェスティバルの王者が決定しました。

2017年9月29日からスタートしていたこの企画、ファーストステージ、セカンドステージと熱い戦いが繰り広げられ、ようやく王者が誕生したようです。

f:id:salesconsultant:20171222202130j:plain

 

ファーストステージ

セカンドステージ 

 

ファイナルステージの審査方法は?

ファーストステージはweb投票、セカンドステージは一般の方々の投票+専門家、と審査されてきましたが、ファイナルステージの審査方法は、プロの料理人などによる評価となっていたようです。

f:id:salesconsultant:20171222203017p:plain

この方々に、シェフ自ら料理をサーブしながら説明をして、食べてもらうようです。その上での審査という事で、既にホテルの朝食という域を超えています。そんなシチュエーションにて朝食食べることってなかなか無いですからね。

試食タイムでは、各シェフが制限時間10分の中で、2品の朝ごはんをサーブしながら自ら料理について説明。今回のメニューのポイントや朝ごはんにかける思い、そして自身の宿泊施設や地元のエリア、地元の食文化のすばらしさについて、熱をこめて語りました。

また、セカンドステージまでは料理は1品でした。このファイナルステージから新た+1品され、計2品での評価となります。この追加料理も評価のポイントになりそうです。もはやセカンドステージまでの戦いはなんだったのか?とおもう人もいそうですが、ルールはルールです、計2品の熱い戦いを楽しみたいと思います。

 

 

追加の一品一覧

宿泊施設名 1品目 2品目
ホテルイン鶴岡  烏海山伏流水で煮込んだ芋っこぼた餅汁 山形の秋から冬を彩るだし
箱根湯本温泉 箱根 家紋  富士山ポークと下仁田葱の香味汁 花紋流季節替わりの錦木盛り
淡路島洲本温泉 海月館  島の朝鍋スープ~鯛と島野菜の鍋スープ 島たまねぎとしらす海鮮ちらしごはん
ホテル 季の座  三重の旬材・伊勢海老ふんわり出し巻き 干物バイキングからの『炙り混ぜご飯』
磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘  メイプルサーモンとホタテの木の実焼き 生湯葉と旬の魚介の朝粥
ホテル イル・パラッツォ  モンブラン仕立ての明太子ポテサラ 水炊きと茶碗蒸しのHYBRIDスープ

多くの宿泊施設が、2品目はご飯系のモノを入れてきていますね。

山形県代表 ホテルイン鶴岡⇒山形の秋から冬を彩るだし

兵庫県代表 淡路島洲本温泉 海月館 ⇒島たまねぎとしらす海鮮ちらしごはん

三重県代表 ホテル 季の座 ⇒干物バイキングからの『炙り混ぜご飯』

福島県代表 磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘 ⇒ 生湯葉と旬の魚介の朝粥

と4宿泊施設がご飯ものをぶち込んできています。

対して

神奈川県代表 箱根湯本温泉 箱根 家紋 ⇒ 花紋流季節替わりの錦木盛り

福岡県代表 ホテル イル・パラッツォ ⇒ 水炊きと茶碗蒸しのHYBRIDスープ

とこの2宿泊施設はスープやその他の変わり種で勝負してきてます。

果たして、勝負にどのような影響を及ぼしたのでしょうか?

朝ごはんフェスティバル2017の王者は

f:id:salesconsultant:20171222202325p:plain

優勝は、福岡県代表のホテル イル・パラッツォでした!

ポテサラとスープという異色のコンビで全国制覇を果たしております。ユニークな作戦で勝者になるのはとても良いですね!

 

f:id:salesconsultant:20171222202520p:plain

モンブラン風に仕立てられたユニークなポテトサラダは、ホテルのパティシェが開発を担当したもので、繊細な美しさが特徴です。フランス料理の「フォン・ブラン」作りの技法で鶏ガラや野菜をじっくり煮込んだ水炊きスープは、茶碗蒸し、ポン酢ジュレとともにグラスの中で層をなし、きれなグラデーションを作り出しています。

 勝手な推測でいうと、この2品目が非常に強力な気がします。是非食べてみたい料理ですので、さっそく2018年1月に予約を入れておきました。食べて勝手に評価をしてみたいと思います。

その他の順位

準優勝

淡路島洲本温泉 海月舘
「島の朝鍋スープ~鯛と島野菜の鍋スープ」
「島たまねぎとしらす海鮮ちらしごはん」

 

第3位

箱根湯本温泉 箱根 花紋
「富士山ポークと下仁田葱の香味汁」
「花紋流季節替わりの錦木盛り」

 

第4位

磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘
「メイプルサーモンとホタテの木の実焼き」
「生湯葉と旬の魚介の朝粥」

 

第5位 

ホテルイン鶴岡
「鳥海山伏流水で煮込んだ芋っこぼた餅汁」
「山形の秋から冬を彩るだし」

 

第6位

ホテル 季の座
「三重の旬材・伊勢海老ふんわり出し巻き」
「干物バイキングからの『炙り混ぜご飯』」

 

まとめ

  • 朝食フェスティバル2017は福岡県の優勝で幕を閉じました
  • これまでの結果に反映して最新版の朝食ランキングを作成します。
  • 全部食べたい

 

 

↓かなり便利。是非。

www.yuramatayuramata.com

↓JALの修行にはやはりJALカードがあったほうがいいのですが・・・

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。