ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

ANAビジネスジェット利用時にマイル使用可へ。10万マイル一口で最大10口利用可能。

ANAと双日が出資する、ANAビジネスジェット株式会社のサービス利用時に、ANAマイルが利用できるようになりました。

1口:10万マイルから使用可となり、利用は最大10口まで出来るようですので、100万マイルを一気に使うことが出来るサービスです。

f:id:salesconsultant:20190801153557p:plain

出典:ANAビジネスジェット

 

ANAビジネスジェットは、ANA51%・双日49%が出資して作られたチャーター便専用の会社。

 

ANAビジネスジェット株式会社は2018年7月2日にANAと双日が出資して作った会社となります。

 

メインの事業としては、航空機のチャーターを専門に扱う会社で、

 

日本から海外へのチャーター便運航   ⇒ グローバルチャーター

海外空港から他の海外空港への乗継運航 ⇒ エリアチャーター

日本国内の空港間運航 ⇒ 国内チャーター

 

の3種類の利用の仕方があります。

 

f:id:salesconsultant:20190801155142p:plain

利用によりANAのマイルが貯まるサービスも開始されたので、 

 

ビジネスジェットご利用時もマイルが貯まります|プレスリリース|ANAグループ企業情報

 

ANAのマイルが使えるようになったことにより、マイルが貯まる・使えるという体制が整いました。

 

 

ANAビジネスジェットの料金は当たり前だがすごく良い値段。羽田ー下地往復で1,200万円。

 

気になる料金ですが、チャーター専用の会社という事もあり、その都度値段が違うようで、正確に知るには見積をしてみないとわからないです。

 

他のサイトに料金の一例が書かれていましたのでご紹介させていただきます。 

 

ビジネスジェットの費用は、

グローバルチャーターでボンバルディア社グローバル6000などを使用した場合、

東京-ハワイ往復で2000万円から。

エリアチャーターでホンダジェットを使い、シカゴ→コロンバス→デトロイト→シカゴとフライトした場合、ANA便の運賃に加えて200万円から、

国内チャーターで羽田-下地島往復の場合で1200万円からとなっている。

出典:Aviation Wire

 

内容を見てみると、羽田ー下地島の往復で何と1,200万円から。東京ーハワイの往復が2,000万円から 。となっています。

 

あまりに金銭感覚が離れすぎていることと、ビジネスでこういったチャーター機を使ったことも勿論ないので、これが高いのか安いのかも分かりませんが、とにかく1,000万円を超える利用料だということは理解できました。

 

この利用料に対してマイルを使って支払いが可能となった訳です。

 

マイルを使ってANAビジネスジェットの料金を支払う方法は、ギフトカードに変更してから使用する。残金分は「現金またはクレジットカード払い」がとても気になる!

 

あまりこの制度を使うような人は、ブログなどで情報収集しないと思いますが、、一応使い方を書いておくと、

 

・ビジネスジェットを予約する。

・マイルをeギフトカードに交換する。

・ANAビジネスジェット側に電話orメールでクーポンコードを伝える。

・利用金額がクーポンコードの料金を超えたら、現金もしくはクレジットカードで払う。 

 

という流れになります。

 

すごく気になるのは、最後の部分。現金またはクレジットカードでお支払いください。

という文字。

 

f:id:salesconsultant:20190801155107p:plain

 

クレジットカードで支払うことが出来るのですね。大量にお金を使ってマイルを貯めたい人には非常に良いサービスだと思います。

 

 

 

世界中を仕事で飛び回り飛行機に乗りまくる人にとっては、価値あるサービス向上なのかもしれません。楽しそうだなと、うらやましいです。