ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【空港で食べた美味しいモノ】2018年空港で食べた美味しいグルメをランキング形式で発表します

2018年も多くの空港グルメを堪能しました。

超個人的ランキングになりますが、2018年空港で食べた美味しいモノをランキング形式でお伝えしたいと思います。

 

f:id:salesconsultant:20181220115751p:plain

年間ランキングなので、訪れた空港限定。そして食べた時間帯やコンディション位によっても美味しさの基準が変わるところが、悩ましくもあり楽しいところです。

 

 

 

第一位は松山空港で食べた、「じゃこ天」

栄えある一位を獲得したのは、愛媛県松山市にある松山空港で購入して食べた、じゃこ天となります。

 

f:id:salesconsultant:20181219221138p:plain


このじゃこ天は購入して食べる時間が重要なのですが、それは「朝一番で購入する」という点です。

朝早くに購入すると、じゃこ天がまだ温かくてそれがとても美味しいんです。

松山空港の朝一番の飛行機に乗るときには非常に心が躍ります。

 

松山空港にはじゃこ天以外でも「鯛めし」が美味しいのですが、2018年は食べていないのでランクインしてません。食べていたらランクインはしていた空港グルメだったと思います。

 

↓朝からじゃこ天を食べて人生の幸せを感じましょう。

 

第二位は長崎空港で食べた、「極み丼とクジラのコンボ」

長崎空港を利用すると高頻度で食べているのが、「しょうぶ」というお店での、極み丼とクジラ料理です。

この二つは、空港グルメの中でトップレベルで楽しい時間となることは間違いないです。

 

f:id:salesconsultant:20181219221813p:plain

 

極み丼に至っては、雲丹といくらと大トロが一度に食べることが出来て、おいしくないはずがありません。

長崎空港だと、近隣にある協和飯店のちゃんぽんも美味しいのですが、空港内にあるお店ではないので、除外しています。空港内の牡丹でちゃんぽんも勿論おいしいですが、少し足を延ばして協和飯店まで行くと更に長崎グルメが堪能出来て良い気持ちになります。

 

↓くじらは好みがわかれる食材ですが、私は大好きです。全国No.1の長崎県で食べてみましょう。

 

↓長崎空港から近い場所にチャンポンの美味しいお店もあります。

 

第三位は熊本空港で食べた、「あか牛のステーキ、ハンバーガー」

熊本空港では、あか牛を食べることができます。このあか牛たちが三位を獲得しました。

いつも私たちが食べている黒毛和種ではなく、あか牛は褐毛和種という品種になります。高知県と熊本県で食べることができるのですが、そんな牛さんが空港で食べることができるなんて、本当に素晴らしいです。

 

取り扱っているお店は二つあり、いきなりステーキ熊本空港店ではあか牛のステーキ、空福亭では、あか牛のハンバーガーを食べることができます。

f:id:salesconsultant:20181219222827p:plain

 

↓あか牛を食べに熊本空港に行く。という選択肢も有りです。

 

 

第四位は羽田空港で食べた、「りんごの自動販売機」

朝ごはんとして利用することが多いのが、羽田空港に置いてあるリンゴの自動販売機です。

f:id:salesconsultant:20181219223230p:plain

飛行機の中で寝てしまって、口の中が少し気持ち悪いな。という時にも利用しています。

季節によっては、カットされた柿が売っていたりと面白い自動販売機です。

 

↓羽田空港は面白い自動販売機がたくさんあって困ります。

 

第五位は新千歳空港で食べた、「札幌シーフーズの寿司」

新千歳空港は寿司屋がたくさんあって、寿司が好きな私としては本当に最高の空港の一つなのですが、その中でも2018年に限定すると札幌シーフーズさんの寿司がランクインします。なぜなら他のお店に2018年行っていないからです涙。

 

f:id:salesconsultant:20181219223658p:plain

 

↓少しわかりにくい場所にあるので、場所などを確認してみてください。

 

第六位は徳島空港で食べた、「肉吸い」

徳島県の料理ではないのに、何故か徳島空港で食べることの出来る肉吸いが六位にランクインします。何故ここで?という感じが好きなんですよね。

肉吸い自体は大阪発祥の料理です。

f:id:salesconsultant:20180520005938p:plain

基本的に肉が好きなので空港のグルメでも肉が上位に入ってきてしまいます。

 

↓お酒を飲みすぎた後の利用が最高に良いです。

 

第七位は福岡空港で食べた、「ビーフバター焼き」

福岡県のB級グルメ「ビーフバター焼き」が福岡空港で食べることができます。

ご飯をつけないで、ビーフバター焼きのみを食べることが多いですが、しっかりとした味付けは濃い味が好きな私はとても好みです。

 

f:id:salesconsultant:20180128233530p:plain

 

安価に手軽に食べることができるのも好ポイントです。福岡空港では、寿司を食べるのか、ラーメンを食べるのか、ビーフバター焼きを食べるのかいつも悩みますが、肉の魅力にてビーフバター焼きを食べてしまうことが多いです。

 

↓福岡県の複数店舗で食べることができますので、福岡観光に合わせて食べてみてください。

 

第八位は宮崎空港で食べた、「ガンジスカレー」

 

美味しいモノが多い空港として有名な宮崎空港ですが、その中で空港カレーNo.1の呼び声も高い、「ガンジスカレー」がランクインします。

 

宮崎空港でガンジスカレーを食べることのできるお店は3つありますので、3ガンジス決めようと思っていたのですが、お腹いっぱいで2ガンジスしかできませんでした。

 

f:id:salesconsultant:20181121151529p:plain

 

↓特徴的な味付けですので、好みはわかれるかも!?宮崎空港に立ち寄った際には、確実に1ガンジスは決めてみてください。

 

第九位は鹿児島空港で食べた、「鶏飯」

 鹿児島空港で手軽に食べることのできる鶏飯が九位にランクインしました。

 

580円で食べ放題という空港グルメとしては考えられない値段で提供されています。セルフサービスなので、自分に合った「鶏飯」を作ることができるのも楽しいポイント。

何度か利用していますが、二日酔いの朝のご飯にもスープ多めにしてゆったりと食べることが出来ます。

 

f:id:salesconsultant:20181013194700p:plain

 

 ↓朝からお腹いっぱい食べたい人は鹿児島空港の鶏飯は本当におすすめです。

 

第十位は長崎空港で食べた、「地獄炊き」

長崎空港から二つ目のランクインした料理は、五島列島名物の地獄炊きです。 

乾麺のうどんを茹で上げて、あご出汁と生卵のスープに着けて食べる料理です。

とにかく熱い。夏に食べることはお勧めしませんが、寒くなってきた季節に食べると最高に美味しいです。

f:id:salesconsultant:20181220113311p:plain

 

 ↓長崎空港美味しいモノ多くて悩みます。体を温めたいなら地獄炊きは最高です。

 

10位までご紹介させていただきましたが、この他にも那覇空港で食べるポーたまや、空港食堂のご飯たち、青森空港でのポークジンジャーやホタテ料理。まだまだたくさん美味しいモノが空港で楽しめました。

食べたタイミングや訪れた空港によってランキングが劇的に変わってしまうのが面白いところです。

 

 

地域ごとの名物グルメを楽しめる空港飯は本当に楽しいです。皆さんも各空港での自分のランキングがあると思うので、是非教えてほしいです。