ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【地元の空港を応援しよう】2016年と2017年の空港利用者数比較

スポンサーリンク

スポンサーリンク

国土交通省航空局から、全国の空港利用者数の統計データを出してくれています。

全国各地に有る空港の利用者数を2016年と2017年で比較してみました。飛行機利用者数の実態が分かると思いますので、是非データは確認してほしいと思います。

そして、地元の空港を応援してもらえればと思います。

f:id:salesconsultant:20181005172141p:plain

 

↓データを直接確認したい方は、「空港利用者数データ」にお進みください

 

【なんと、28,433,433倍】最多利用客数は羽田空港、最少利用客数は下地島空港

最多利用客数は羽田空港

国内最多の利用客数を誇るのは羽田空港です。利用客数は国内線・国際線を合計すると、「85,300,301人」もの人々が年間利用をします。

日本の人口が1.27億人ですので、全人口の約67%の人々が利用しているような数値になります。(もちろん、重複利用を含むわけですが)

国内線と国際線の割合では、約80%が国内線となる国内線メインの空港と言えるが羽田空港の特徴です。

 

最少利用客数は下地島空港。なんと利用客数は年間で3人。

反対に、年間の利用客数最少の空港は、沖縄県宮古島市の下地島にある「下地島空港」です。

利用客数が年間でなんと3人しかいません。むしろこれでも良い方で、2016年のデータでは、年間利用客数が0人であったため、データ集計に名前すら掲載されていませんでした。

下地島空港の利用客数が少ない事には理由があり、この空港は現在では航空会社の離発着の訓練をする空港になっています。

一般的な航空機が運航していないため、この利用客数になっているのだと思われます。

 

羽田空港と下地島空港の利用客数は約28,433,433倍もの差があります。

最多と最少の利用客数を比較してみると、約28,433,433倍もの差が有るのは非常に面白いです。

同じ、「空港」というくくりで分けてもそれは全く別物ですね。

 

下地島空港は三菱地所が開発することが決定しており、今後は空港が整備されて行くことは間違いないので、この様な状況は2018年~2020年の間に改善されていくと思われます。

 

年間利用客数は、約二千万人増加 航空業界の未来は明るいかも?

比較データを見てみるとわかるのですが、2016年と2017年を比較すると、各空港の利用客数はおおむね増加しています。

増減数を合計すると、2016年から2017年では利用客数が「19,786,640人」増加していることが分かります。

約2,000万人にも及ぶ人々が、一年の間で空港を多く利用したことになります。

航空会社の未来は明るい?かもしれません。

f:id:salesconsultant:20181005185955p:plain

 

年間利用客数が減少した空港は、全国で3空港のみ

残念なことに、年間の利用客数が減少した空港も有ります。しかもそれが日本全国の空港でたった3空港だけなので、減少した空港は少し危機感を持つのではないでしょうか。

 

利用客数が減少した空港

空港名 2016年 2017年 増減
旭川空港 1140822 1122505 -18317
富山空港 589193 574950 -14243
三沢空港 246635 236126 -10509

 

利用客数が減少してしまった空港は

  • 旭川空港
  • 富山空港
  • 三沢空港

の3空港でした。

 

旭川空港の利用客数減少の理由

ワースト1の減少数となってしまったのは、北海度の旭川空港です。

利用者減少に対しては、日経新聞電子版にて理由らしきものが述べられていました。

 

道北の空港が振るわない。旭川空港の1月の乗降客数は前年同月比7.6%減。2016年6月以降、8月を除いて前年割れが続く。国際線の相次ぐ休止が主因だ。稚内空港は健闘するが、規模の大きい旭川空港の伸び悩みが道北の広域観光に水を差している。

出典:日本経済新聞  2017/3/7 日系電子版

 

確かに、2016年と2017年の国際線の利用客数を比較してみると、約88,000人減少していますので、痛手は有ったように思います。

 

富山空港の利用客数減少の理由 

 

日経新聞に富山県の発表がニュースとして掲載されていました。

 

富山県は15日、富山空港の2017年度の利用者数(チャーター便を含む)が16年度比0.2%減の56万3672人だったと発表した。昨年12月から今年2月にかけて大雪などの悪天候で国内線の欠航が増加したことが響き、3年連続の利用者減となった。

出典:日本経済新聞  2018/5/15 日系電子版

 

冬場の天候不良を理由に利用客数が減少したというニュースですが、それであれば3年連続の利用者減少の理由とは合致しません。

多くの空港が利用客数を伸ばす中で、悲しい現実ですので是非、空港運営に力を入れていただき、利用客数を伸ばしてもらいたいです。

 

 

三沢空港の利用客数減少の理由 

三沢空港は2017年5月11日(木)〜7月4日(火)まで、三沢空港発着便が全便運休していましたから、利用客数が減ってしまっても仕方ない年だったと思います。

反対に二カ月間の閉鎖があったにも関わらず、利用客数が約10,000人ほどしか減少していない事が驚きです。

 

空港利用客数伸び率で比較してみると頑張っている空港が見えてくる。

全体的に空港利用客数が増加している中でも、大きく客数を伸ばしている空港たちが有ります。

 

伸び率が昨年度比で110%以上の空港をピックアップしてみました。

 

表:空港利用客数2016 2017年伸び率

空港名 2016年 2017年 増減 伸び率
粟国空港 1505 1908 403 127%
北九州空港 1330777 1638783 308006 123%
丘珠空港 205297 250884 45587 122%
多良間空港 36892 44188 7296 120%
萩・石見空港 121232 141738 20506 117%
山形空港 262474 305577 43103 116%
佐賀空港 639304 740585 101281 116%
神戸空港 2696167 3109042 412875 115%
神津島空港 21090 24234 3144 115%
壱岐空港 30287 33937 3650 112%
三宅島空港 23140 25749 2609 111%
奥尻空港 10099 11235 1136 111%
岩国空港 435071 483004 47933 111%
関西空港 25128787 27886816 2758029 111%
屋久島空港 168020 185912 17892 111%
熊本空港 2986686 3303242 316556 111%
利尻空港 41932 46022 4090 110%

 出典:平成28 29年(暦年)空港別順位表 を統合及び加筆

 

地元の人の足となっている空港ももちろん利用客数が増えるのは嬉しいのですが、それ以上に県を代表する空港が利用客数が増えている場合は、観光客やビジネス客の誘引が図れているという事になりますので、非常にうれしく思います。

 

表中に青で色付けしましたが、

  • 萩・石見空港(島根県)
  • 山形空港(山形県)
  • 佐賀空港(佐賀県)
  • 岩国空港(山口県)

等は、ある程度の規模も有りそして今回利用客数を伸ばしている空港です。地方創生という視点で見ても価値ある数字だと思います。

特に佐賀空港は年間利用客数を10万人以上増加させており、愛称である「九州佐賀国際空港」の名に恥じないように頑張っているのではないでしょうか。

 

 

空港利用客数が2,000万人も増加しているという事実がうれしいですね。地元の空港にも年に一度は帰って利用して、地域の活性化に貢献したいものですね。

 

 

 

空港利用者数データ 

表:2016年、2017年空港利用者数比較 (単位:人)

  空港名 2016年 2017年 増減 前回順位
1 羽田空港 80,121,680 85,300,301 5,178,621 -
2 成田空港 36,578,845 38,631,558 2,052,713 -
3 関西空港 25,128,787 27,886,816 2,758,029 -
4 福岡空港 21,994,977 23,796,849 1,801,872 -
5 新千歳空港 21,311,918 22,718,612 1,406,694 -
6 那覇空港 19,671,846 20,973,087 1,301,241 -
7 伊丹空港 14,923,678 1,5597,777 674,099 -
8 中部国際空港 10,842,736 11,446,244 603,508 -
9 鹿児島空港 5,372,961 5,617,997 245,036 -
10 仙台空港 3,110,363 3,370,493 260,130 -
11 熊本空港 2,986,686 3,303,242 316,556 12
12 宮崎空港 3,074,788 3,170,368 95,580 11
13 長崎空港 2,967,421 3,165,385 197,964 -
14 神戸空港 2,696,167 3,109,042 412,875 16
15 松山空港 2894786 3028693 133,907 14
16 広島空港 2,851,514 2,975,385 123,871 15
17 石垣空港 2,421,529 2,505,886 84,357 -
18 高松空港 1,844,518 1,998,087 153,569 -
19 大分空港 1,812,639 1,900,229 87,590 -
20 函館空港 1,744,680 1,791,083 46,403 -
21 小松空港 1,705,320 1,779,221 73,901 -
22 宮古空港 1,530,296 1,664,038 133,742 -
23 北九州空港 1,330,777 1,638,783 308,006 25
24 岡山空港 1,437,121 1,524,217 87,096 23
25 高知空港 1,408,326 1,478,110 69,784 24
26 秋田空港 1,233,827 1,322,221 88,394 -
27 青森空港 1,072,554 1,167,436 94,882 28
28 旭川空港 1,140,822 1,122,505 -18,317 27
29 徳島空港 1,059,428 1,113,367 53,939 -
30 新潟空港 993,148 1,016,991 23,843 -
31 山口宇部空港 945,021 1,008,048 63,027 -
32 出雲空港 897,181 940,426 43,245 -
33 名古屋空港 870,058 902,066 32,008 -
34 女満別空港 768,990 824,715 55,725 -
35 奄美空港 695,804 760,241 64,437 36
36 釧路空港 715,737 742,279 26,542 35
37 佐賀空港 639,304 740,585 101,281 -
38 静岡空港 616,384 671,582 55,198 40
39 帯広空港 621,100 669,361 48,261 38
40 米子空港 616,910 658,823 41,913 39
41 茨城空港 605,944 655,668 49,724 -
42 富山空港 589,193 574,950 -14,243 -
43 岩国空港 435,071 483,004 47,933 -
44 花巻空港 421,825 432,507 10,682 -
45 鳥取空港 376,322 400,576 24,254 46
46 庄内空港 386,178 398,400 12,222 45
47 山形空港 262,474 305,577 43,103 -
48 久米島空港 254,949 259,837 4,888 -
49 福島空港 249,568 254,199 4,631 -
50 丘珠空港 205,297 250,884 45,587 52
51 対馬空港 232,619 246,097 13,478 -
52 三沢空港 246,635 236,126 -10,509 50
53 根室中標津空港 202,701 206,304 3603 -
54 八丈島空港 191,270 204,360 13,090 -
55 稚内空港 190,076 199,401 9,325 -
56 屋久島空港 168,020 185,912 17,892 57
57 徳之島空港 170,258 172,789 2,531 56
58 能登空港 163,196 168,609 5,413 -
59 五島福江空港 133,968 143,215 9,247 60
60 大館能代空港 133,968 142,956 8,988 59
61 萩・石見空港 121,232 141,738 20,506 62
62 松本空港 121,991 132,454 10,463 61
63 南紀白浜空港 117,377 128,442 11,065 -
64 与那国空港 99,395 103,489 4,094 -
65 調布飛行場 96,772 102,729 5,957 66
66 沖永良部空港 98,801 100,630 1,829 65
67 与論空港 84,628 88,591 3,963 -
68 喜界空港 78,609 83,613 5,004 -
69 種子島空港 76,687 82,936 6,249 -
70 オホーツク紋別空港 70,070 75,190 5,120 -
71 天草空港 60,720 61,261 541 -
72 隠岐空港 58,312 59,656 1,344 -
73 南大東空港 45,719 482,42 2,523 -
74 利尻空港 41,932 46,022 4,090 -
75 多良間空港 36,892 44,188 7,296 -
76 壱岐空港 30,287 33,937 3,650 78
77 新島空港 33,406 33,684 278 76
78 但馬空港 30,929 32,300 1,371 77
79 大島空港 26,680 26,960 280 -
80 三宅島空港 23,140 25,749 2,609 -
81 神津島空港 21,090 24,234 3,144 -
82 北大東空港 19,299 19,648 349 -
83 奥尻空港 10,099 11,235 1,136 -
84 粟国空港 1,505 1,908 403 -
85 慶良間空港 493 505 12 -
86 下地島空港 0 3 3 -
  合計 291,676,224 311,462,864 19,786,640  

出典:平成28 29年(暦年)空港別順位表 を統合及び加筆