ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【超便利】プラチナカード保有によるコンシェルジュサービス徹底利用

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プラチナカードの特権であるコンシェルジュサービスは超絶便利です。

 

今までの人生にてこのサービスを利用してこなかったことを後悔しております。

 

なぜなら本当に人生における一番重要なリソースである、「時間」を有効活用できるようになるからです。コンシェルジュサービスを持っているのと持っていないのでは大きな差が生まれると感じております。

 

f:id:salesconsultant:20171118235202p:plain

 

私が、コンシェルジュに依頼したことをお伝えさせていただきます。如何に時間短縮及び、アウトプットの質が向上したかを確認してみてください。 

 

 コンシェルジュに頼んでみた事

①飲食店の予約

これは本当に重宝します。日時と場所とある程度の予算を伝えたら、コンシェルジュから「提案」もしてくれます。

 

この仕事には、そのコンシェルジュサービスに蓄積された独自のデータベースが有るようで、食べログ等の外部のサービスを参考にしているわけでなく、これまで上顧客へ行ってきた情報提供の蓄積を元に、私にもおすすめを教えてくれます。

 

非常に信頼感のある情報だと感じております。

 

 

日々、うまいものを求めているほうだとは思いますが、さすがに一人で調べるのは限界があります。コンシェルジュをうまく使う事により、一気に世界が広がりました。

 

いままで検討候補にも入っていなかった、本当に実力のある飲食店を提案してくれるわけですから、プライベートでの食事でも仕事での会食も、店選びが非常に楽になりました。

 

しかも、提案内容が気に入ればそのままコンシェルジュの方に頼んで、予約まで進めることが出来ます。また、個人では予約困難な店もコンシェルジュ経由なら予約取得できることも多々あるようです。この点だけでも価値ありますよね。

 

食事のお店選びで一番面倒なのが、おいしそうな店を見つけ予約を入れようと連絡したにもかかわらず、人気店だったりするとその日は予約で一杯で結局再度店選びしなければならなかったりします。

 

その点、コンシェルジュを通していると、そもそも希望日程に空いている店を調べて提案してきますので、そのまま予約を取っておいてもらう事も可能です。便利この上ないです。

 

確認しようがないので、不確かな情報で勘弁してほしいのですが、たぶんですが、コンシェルジュ経由で予約取得している事は、相手のお店にもわかりますので、一目置かれている場合もあります。

 

私の少ない経験でも、ウェルカムドリンクなのか一杯スパークリングワインがふるまわれたことが有りました。これまでそういった事は無かったので、勝手にコンシェルジュ経由での予約だからだな。と思い込んでおります。

 

こういった自分で行うと多大な時間が掛かってしまう事を代行してくれる、そしてそれが自分で行うよりも質が高いというのがコンシェルジュサービスの大きなベネフィットだと思います。

 

②ホテルの予約

私は基本的にはポイントサイト経由でホテル予約サイトを利用しています。ですので、通常はコンシェルジュにホテルを予約してもらう事は有りません。

 

このサービスが真価を発揮するのは、ホテルが取れないような繁忙期の場合です。

 

2017年のプロ野球日本シリーズは福岡ソフトバンクホークス 対 横浜DeNAベイスターズでした。ちょうど、ソフトバンクホークスがホームゲーム、つまり福岡市にて試合をする際に私も福岡出張で博多駅周辺に宿泊する事になっておりました。

 

皆さん予想がついている通り、この時、全く博多駅周辺にてホテルを確保することが出来ませんでした。それは少し離れた、天神・中州にも波及しており、言ってしまえば福岡市全域のホテルが既に満室という状況であり、途方に暮れておりました。

 

通常、こういった状況になった場合、ホテルや宿泊施設に直接電話して部屋の空きがあるのか、無いのかを確認する方法を取ります。WEB上には出していない部屋などがある場合があるからです。ただこれは、時間もかかるし、部屋を確保できる確証も無いですし、非常に大変な作業となります。

 

以前はそのような事をしていましたが、今の私の場合は、すぐにクレジットカードのコンシェルジュのデスクに電話をかけ、博多駅周辺にてホテルを探してほしい事をを伝えました。行ったことはたったこれだけです。コンシェルジュの方は、私にコールバックすることを約束してくれましたので電話を切り、その間PCにて仕事を進めておりました。

 

約10分ほどでしょうか、コンシェルジュからコールがありました。話を聞いてみると、ANAクラウンプラザホテル福岡にて1部屋確保できたという連絡でした。その部屋は喫煙可能な部屋という事で、その点だけ気に入りませんでしたが、料金も超繁忙期にもかかわらずリーズナブルであったため、すぐにそのホテルにて宿泊予約を取ってもらいました。

 

チェックインすると、関係あるかどうかわかりませんがクラブフロアの部屋であり、非常に満足した宿泊となりました。

f:id:salesconsultant:20171118233906p:plain

f:id:salesconsultant:20171118233946p:plain

↑今にして思えば非常に格安にて超繁忙期にホテルを確保できただけですごいことですが、なんとクラブフロアでの宿泊で部屋も広々でした。

 

この体験は私がどれほど努力しても獲得できなかったはずです。それを電話一本で私のために優秀なコンシェルジュが動いてくれて、結果を出してくれる。

 

本当に素晴らしいサービスだと思います。時間の節約という一番重要なミッションを達成しつつも、コストの削減も手伝ってくれるとは恐るべしです。

 

③旅行のアドバイス

私は、2018年の年始はロシア連邦のウラジオストクで過ごそうと計画しています。今まで複数回海外での年越しをしてきてますが、流石にロシア連邦は初めてです。全くどうなるかも皆目見当もつきません。

f:id:salesconsultant:20171119111144j:plain

特に不安なのがレストランの予約です。WEBにて情報を調べると英語は話せない、英語表記は無いというのが基本らしいので、どうやってコミニケーションを取っていいのか、その段階から不安しか有りません。

 

そのような時にもコンシェルジュサービスは有効活用できます。現地でのおすすめのレストランを調べてもらう事が出来ます、もちろんこちらの費用感覚を伝えればそれにあったレストランたちをピックアップしてくれ予約も手伝ってくれます。このアドバイスだけでも非常に価値が有りますよね。

 

例えばトリップアドバイザーなどをみて自分自身で情報を調べることもできますが、その情報が本当に価値があるものなのかどうか、体験してみないとわからないと思います。

 

その点、コンシェルジュサービス経由であれば、そこに至ったナレッジがある訳ですから、ある一定の安心感は有ると思います。

 

私は今回、ホテルと航空券の手配は自分でしましたが、思えばその段階から提案してもらっても良かったのかな?と思っています。上級者の方はそのような段階からコンシェルジュに相談し、自分自身では到達できない情報などを手に入れた後にルート決定したり、手配してもらっているようです。

 

④ギフトの手配

普段、本当に贈り物などしないのですが、たまたま親族に祝い事がありました。本当は時間を取って駆け付けるのが一番なのはわかっているのですが、仕事と重なりそれは断念。ギフトを送ることにしました。

f:id:salesconsultant:20171119111247j:plain

こちらもコンシェルジュの方と相談して、祝い事にあったものを提案してもらいそれにしました。

親類からは驚かれました。気が利く男に成長したかと・・・本当はコンシェルジュのおかげですが、賞賛の言葉はそのまま受け取っておくことにしました。

 

プラチナカードのすすめ

対象年齢はアラサー以上だと勝手に思ってます

もっと以前からこのサービスの存在を知っておけば・・と思う事が多々あります。

具体的にはこの様なコンシェルジュサービスを徹底活用することによって価値を高めることが出来始める年代は、私的にはアラサーと呼ばれる時期からではないかと思います。

会社の中でも仕事になれ、仕事そのものよりもダンドリする能力を見られ始めたり、人によっては部下がついたり、OJT担当を任されたりと、一生懸命仕事だけしていればよい時期は終わり、人と人の調整や教育指導を求められる瞬間があると思います。

そのようなタイミングはプラチナカードによるコンシェルジュサービスを活用すべきタイミングといえます。

 

例えばですが、このような事を人に頼まれたり、企画しなければならないとしたらどうですか?

  • 忘年会の幹事。予算5,000円で25人で入れる店を探さないといけない。
  • 上司から接待の依頼を受けた。和食で個室が利用できる店を3日後までに調べて予約もしておかないといけない。
  • 急な出張を言い渡されたが、その時点でホテルが既になさそう。どうにか宿泊施設を確保しないといけない。
  • 異性とデート。美味しい肉が食べたいといわれたが、そもそもそういったお店の知識が無い。どうしよう。
  • 母の日を忘れていた。遠くに住んでいる母にプレゼント送りたい。その手配を急がなければ。

どうでしょうか、面倒な依頼だったり、困った状況だったりしてますが、日常生きている中で私達にも十分にあり得るシチュエーションですよね。

 

これ、仕事もこなしながら自分で対応しようとすると本当に「時間」を浪費してしまうんですよね。

 

この時間の浪費が本当にもったいない訳です。仕事でも高品質でのアウトプットを期待されている中で、新たにこのようなタスクが割り振られるわけです。ここで乗り切れるかどうかが、次のステップに直結するわけですね。

 

しかし、これらは全てコンシェルジュに依頼すれば解決する内容です。

 

しかもそれが自分自身で頭を悩ませて導き出した回答よりも、素晴らしかったりするからすごい訳です。わざわざ自分でやる必要もないのです。

 

このような「優秀な秘書」を雇用しようとすると一体いくらかかるのでしょうか?秘書の平均年収を調べてみると、一般的に秘書の方の年収は400万円~500万円支払われているようです。さすがにこれを全てクレジットカードのコンシェルジュがあるからといって、その費用分得してますという暴論を言うつもりはないですが、最大限の利用をすれば、それほどの価値にもなり得るという事です。24時間365日サポートしてくれるこのサービスを作り上げようと思えば、それ相応のコストが必要ですよね。

 

賢いコンシェルジュ利用による時間短縮は本当に私たちの活動を捗らせてくれますので、一度使うと無くてはならない存在となります。

 

実は、後輩・部下に見られているクレジットカード

余談ですが。

会食の会計を立替える、部下・後輩とご飯に行き支払いを行う。このような場面は多くの方が経験するところだと思います。もっと言うと、友達との食事、久しぶりに会う同級生との食事、ママ友同士でのランチの会計。など人前でクレジットカードを出して会計をする事は私たちの日常生活の中で多々あります。

そんな時、多くの人があなたの手元を見て、クレジットカードを確認しているのはご存知でしたか?

こちらの動画は、世界の半分のカード決済を担っているVisaカードが作っている動画です。

 

 

この実験では、参加者の頭にカメラ等をつけ以下の事を調べています。

  • どこを見ているか?
  • その際の集中力はどうなっているのか?

要はこの二点を可視化することにより、凝視していたり興味深くなっているものを抽出しようという試みですね。

結果を簡単に書いておくと、

f:id:salesconsultant:20171119083249p:plain

「先輩の支払いシーンを見ていた後輩は100%」という事で、確実にあなたの手元は見られています。どんなクレジットカード使っているかなどは確認されていますね。この実験動画はクラシックカード(一般カード)とゴールドカードの比較でしたが、プラチナカードであれば更に見られるのではないでしょうか。

 

まあ、だから何だという話なんですが、どうせ見られるなら一目置かれるようなクレジットカードを使っていたほうが良いなという話しでした。 

 

プラチナカードのデメリットは2点

プラチナカードの年会費は高い(場合が多い)

様々なメリットを持つプラチナカードはその高機能が故に、年会費が高めに設定されている事が多いです。

例えば私が保有しているクレジットカードの中にAmericanExpressプラチナ・カードが有ります。

 

このクレジットカードの年会費は何と140,400円です。14万円を超える年会費。。。かなり躊躇しますよね。

全てではないですが、プラチナカードの多くが年会費数万円~というレベルなのが現実です。いくらコンシェルジュサービスが使えるからといって、この金額を負担するのは大変です。大きなデメリットの一つといえると思います。

インビテーションが必要

プラチナカードのデメリットの二つ目としては、欲しい時に手に入れることが出来ない。という問題が有ります。

通常はその下のゴールドカードなどで利用実績を積み、「この人はプラチナカードを持つのに値する人だな」とカード会社が認識し、そこからインビテーション、つまり特別オファーがあって初めてプラチナカードを作る事が出来るようになります。

つまり、コンシェルジュサービスをすぐに使って、時間短縮、ハック生活したい。と今思ったとしても手に入れるまでには険しい道が残っているという訳です。これでは全く意味が有りません。コンシェルジュサービスを活用して、人生を豊かにするのはいま始めたいわけですから。

このインビテーションが来ないとプラチナカードのステータスにチャレンジできないというのは大きなデメリットだと考えられます。

インビテーション無しでもAMEXのプラチナカードは持てる!  

インビテーションが来るまで待つことは出来ない!すぐにコンシェルジュサービスを利用したい!というわがままな人におすすめなのは、AmericanExpressのプラチナ・カード保有者からの紹介というルートです。

実は、プラチナ・カード保有者からの紹介であれば、インビテーションが来なくともプラチナ・カードの審査を受けることが出来ます。

 

年会費14万円払ってでも、最高峰のコンシェルジュサービスを受けたいんだという方は是非ご連絡ください。

AmericanExpressの営業担当に依頼し、紹介でのプラチナカード保有を進めることが出来ます。

 

 

①空港ラウンジの利用 

海外の空港ラウンジ

海外の空港でもこのアメリカン・エクスプレスカード は価値を発揮してくれます。プライオリティパスというラウンジ専用のカードが付帯してくるからです。このプライオリティパスを持つことにより、海外の空港にある1,000以上のものラウンジを無料で利用できるようになります。

 

 

アメリカン・エクスプレス、プラチナ・カードに付帯するプライオリティパスの会員ランクは、最高レベルの「プレステージ」となります。

 

このプレステージ会員になるためには、通常であれば年会費399$必要です。1$≒100円として簡易計算すると約40,000円もの年会費が必要な資格です。この会員資格をクレジットカードの年会費だけで手に入れることが出来ます。

 

しかも、プラチナカードのすごい点は、カード保有者だけでなく同行者も1名無料で空港ラウンジが無料利用できる点です。これは、通常最高ステータスのプレステージ会員を持っていてもあり得ないサービスなので非常に価値が有ります。

 

ちなみにですが、AmericanExpressのゴールドカードではこのプレステージ会員資格は手に入れることが出来ません。AmericanExpressのゴールドカードの場合は、2回を超える利用の場合は、都度27$を支払わなければなりません。如何にプレステージ会員資格が希少性のあるものか理解いただけると思います。

国内でのクレジットカード利用ラウンジ

全国36カ所にある国内線の場合でのクレジットカードラウンジも、もちろん利用できます。場所によってはアルコールも飲み放題、マッサージチェアもある、専用タブレットでエンターテイメントも楽しめるラウンジです。国内旅行の利便性がグッと高まります。

↓羽田空港のPOWER LOUNGE 広々としてきれいなラウンジ。こちらも無料で利用できるようになります。

f:id:salesconsultant:20171119203303p:plain

↓中部国際空港のラウンジ キリンのビールが二種類飲み放題。

f:id:salesconsultant:20170916190635p:plain

f:id:salesconsultant:20171119203558p:plain

広島空港のラウンジ「もみじ」では冷えたグラスにキンキンのコーラをついで飲むこともできます。もちろん無料。

f:id:salesconsultant:20170520163840p:plain

鹿児島空港、熊本空港、福岡空港のラウンジでは焼酎の飲み比べが出来たりと、国内旅行が充実することは間違いなしです。

 

等々様々な特典があります。全部活用するのが難しいぐらいですが、意識的に活用しようとすれば、便利なものたちなので無くてはならないサービスになったりします。

プラチナカードによるコンシェルジュサービスを獲得したい方は、是非チャレンジしてみてください。

連絡先

yuramatayuramata@yahoo.co.jp