ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【楽天VSじゃらん】海外ホテル予約での大きな違い。ポイントの使い方に差が有ります。

宿泊先を自分で手配していくタイプの出張族であれば、ホテルの予約を楽天トラベルやじゃらんにて実施することが多数あると思います。

この楽天トラベルとじゃらんを利用すると、手配したホテルの宿泊代金に対して

楽天トラベル:1%の楽天スーパーポイント

じゃらん:2%のPontaポイント

がバックされるため、宿泊が多い方であれば、チャリンチャリンとポイントが貯まっているのではないでしょうか。この貯まった楽天スーパーポイントやPontaポイントを使って、海外旅行におけるホテル手配において、大きな差がありますのでご紹介します。

f:id:salesconsultant:20171115084307p:plain

 

サービスの差が海外ホテル手配で出てくる?

当たり前ですが、二つとも似たサービスではありますが、別のサービスですので細かい点では利用範囲が異なります。

国内で利用している分にはキャンセルポリシーぐらいしか差を感じないのですが、これが海外ホテルの手配となると若干様相が異なります。明らかに差がある点が目立ってきます。

相違点はポイント利用の範囲

私が大きな差だな・・・と感じているのはポイント利用の可否になります。

結論をお伝えすると、楽天トラベルは海外ホテルの予約に対して楽天スーパーポイントの利用は出来ません。反対にじゃらんは、海外ホテルの予約に対してでもPontaポイントを使っての決済が可能です。

これは出張にてポイントを獲得している我々からすると非常にうれしいです。役得的に手にしているポイントが、自身の海外旅行を充実させる原資として使えるなんて非常にうれしいです。

旅行に対してのポイント利用。という観点で考えると「じゃらん」に軍配が上がります。 

〇:「じゃらん」は海外ホテルの予約にもポイントが使える

 

更にある「じゃらん」のストロングポイント

下の画像は、「じゃらん」にて海外のホテルを予約して決済した際の画面のスクリーンショットです。

この画像で楽天トラベルとの差を感じた方もいると思います。

f:id:salesconsultant:20171115082704p:plain

何が優れているかというと、「じゃらん」では、一滞在当たりの決済に対して30,000円を超えてのポイント利用が出来ます。

この画像で言うと、ポイント利用は34,800円分まで使えてます。残額の7,744円がクレジットカード請求になっているのは、サービス料部分だからです。それ以外の宿泊費に該当でする金額は、ポイントがあるだけ充当できるようです。

〇:じゃらんは宿泊代金であれば、ポイントを制限なく使えるようです。

対して楽天トラベルは、そもそも海外ホテル分には使えませんが、国内利用でも1滞在当たり最高30,000ポイントしか利用できないです。これは大量にポイント保有しているだろう出張族からすると寂しい事実です。

一度に大量にポイント消費できるというのはメリットです。

こと、海外ホテルの予約及び決済時のポイント利用については、楽天トラベルに対してじゃらんが圧倒的に有利といって間違いないと思います。

 

海外ホテル予約時のポイント利用においては、じゃらんの圧倒的勝利です。

f:id:salesconsultant:20171116220103p:plain

 

出張族が楽天スーパーポイント、Pontaポイントをさらに貯めるには?

出張を繰り返す出張族の皆さんどのようにポイントを貯めていますか?

どちらのポイントを貯めるにしても(私はずっと楽天スーパーポイントを貯めていて、2017年だけPontaを貯めています)、普通にサイトにアクセスして予約を行い、ポイントをそれぞれ1~2%付与されているという人が多いのではないでしょうか?

またはあまりマイルには興味は無いが、惰性でJAL・ANAの公式サイトから楽天トラベル、じゃらんにアクセスしてマイルを獲得している人もいるのではないでしょうか。

現金還元派の方にお勧めしているのは、ポイントサイトのハピタスからの楽天トラベル・じゃらんの利用です。

ハピタスを利用すれば、時期によって異なるのですが、

楽天トラベル:0.6%~2.4%

じゃらん:0.6%~4.8%

のポイントバックを受けることが出来ます。

2%ポイントバックだとしたら

仮に8,000円のホテルを2%ポイントバック時に予約したとすると、160円分のポイントが1泊で楽天スーパーポイント、じゃらんポイントに「プラスアルファ」されて付与されます。このサイトを通さないで予約する意味が分からないんですよね。

月に15泊出張したとして、2,300円分のポイントが返ってくる計算です。年間で・・・27,600円。おいしいです。 

そこにプラスして、

楽天トラベルなら、8,000円×15泊×12ヵ月の1%で14,400楽天スーパーポイント

じゃらんなら、8,000円×15泊×12ヵ月の2%で28,800Pontaポイント獲得できます。

じゃらんの場合はなら、合計して「56,400円分」のポイントバックとなりますので、非常に大きいと個人的には思っております。もちろんANAマイルが好きな人はソラチカルートに乗せても良いと思いますが、個人的には現金還元にて旅の諸経費に当てたりして楽しんだりもしております。

↓出張族ならハピタスは必須 。登録是非。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

全然関係ないですが、スターウッド系・マリオットホテルの宿泊予約もハピタスからでポイントバックが有りますので、プラチナチャレンジを行っている人も確実に利用したほうが良いですね。 

まとめ

  • 海外ホテル予約のポイント利用に限定すると確実に「じゃらん」の勝ち
  • また、国内利用にて30,000ポイントを超えての利用も「じゃらん」なら可能
  • 宿泊予約時にはハピタスかませてプラスアルファが出張族としてもおいしい
  • SPG、マリオットの予約もハピタス経由で公式HPに飛ぶことをお勧めします。

↓JALの航空券をJAL HPで買うのは損です。3クリックで得します。

 JALカードが作れない人向けの記事

↓クレジットカード、マイル、出張についてなど書いてます。是非登録ぽちっと。