ゆらゆら。まったり。

出張族のためのマイル情報、ホテル情報、肉情報を。JGC修行にも役に立つかもです。

【レオパレス】出張族にはどうなのか?ホテルレオパレス博多【宿泊】

レオパレス?って思った人は出張族が利用するホテルグループにまだまだ詳しくない可能性有り。出張を常にしている出張族からすると、レオパレスというのは賃貸ではなく同会社が運営するホテルレオパレスのイメージのほうが強いはずです。

そして何より、賃貸物件のあの悪評からは考えられないほど、ホテルレオパレスの評判は良かったりします。今回、博多駅近くのホテルレオパレスに久しぶりに泊まってきました。

なぜ久しぶりかって?人気で予約が取れないからです。

f:id:salesconsultant:20170907233400p:plain

 少数精鋭。まだまだ少ない展開、そして高評価ながら微妙な感じが良い

公式HPを見ると、札幌、仙台、名古屋、博多での展開ですね。このうち、今回の博多と仙台には宿泊したことが有りますが、どちらも綺麗な内装で非常に良かったです。実は以前は他にも岡山があったのですが、ここはNGでした。普通のビジネスホテルの設備で、博多などに慣れた人が「おっレオパレスが空いている」といって予約したら確実にギャップを感じて、他の地域でのレオパレスを利用しなくなる可能性がありました。他ブランドになったということで、一安心です。

ホテルグループは一定の価格帯にて食事もインテリアもサービスも同質だからこそ安心して利用できます。手放したのは良い判断だったと勝手に評価してます。

よくわからない評価をたくさん受けているのもポイントが高いです。

ずっと、このホテルの評価を見ると書いてあったのが、「日経トレンディのホテル格付け福岡編でNo.1を受賞」でした。いつのデータかというと、2012年!!さすがに古い。

今回フロントに掲げられている評価ポイントが変更されてました。

f:id:salesconsultant:20170908123108p:plain

じゃらん OF THE YEAR 泊まって良かった宿大将 九州エリア 101~300室部門 第2位 とのことです。すごく微妙ですがなんかすごそう。

f:id:salesconsultant:20170908123711p:plain

どうですか、2012年の1位と去年の2位です。評価は受けているが微妙な感じはしませんか?でも宿泊すると非常に良いのです。

運が良いとアップグレードもある

今回、部屋をアップグレードしてくれたようです。通常はもっと狭い部屋ですが、ツインのデラックスルームとなりました。無駄に広いのがうれしいです。

f:id:salesconsultant:20170908124035p:plain

↑ちょっとわかりにくいですが、テレビ前には延長コードが既に用意してくれてました。広めの部屋だとうれしいサービスです。私は使ったことは有りませんが、有料でシューズポリッシュのサービスもあるようです。翌日にはきれいに磨き上げておいてくれるようです。

f:id:salesconsultant:20170908124313p:plain

↑広い部屋。ハリウッドツインではなく、普通のツインでした。

水回りはレベル高い

水回りの設備は非常にレベルが高いように感じました。

f:id:salesconsultant:20170908124420p:plain

一点誤解が内容にお伝えしておくと、このホテルは使っている部材のほとんどは「安い」部材なんですよね。気になる人は気になる。

f:id:salesconsultant:20170908124614p:plain

例えば、床材がまたまたクッションフロアだったり、トイレの仕様設備がワンランク下だったりと気になる点は気になるのです。でも宿泊の値段の割には非常にきれいだな。と感じるのと、通常宿泊だけ目的の人は設備云々ってあまり気にしていない人が多いです。そこまで気にしないと思うのでこれでよいのかもしれません。

f:id:salesconsultant:20170908124541p:plain

f:id:salesconsultant:20170908124802p:plain

お風呂の蛇口は「たまってるな~~」と感じるタイプ。内装はタイル張りで高級感有。ここにはお金かけていると思います。シャワーもグローエ等を使っていて、個人的には非常に好みです。頭頂部に刺激を与えておきたい年ごろになってますからね。

f:id:salesconsultant:20170908124459p:plain

この部屋の最大の特徴は全面ガラス。

非常に開放感があります。いきなり空中という作りではなく、出れませんがバルコニー的な部分に植物などもあるので、非常に気持ちがいいです。ただ眺望は良くないです。向かいのビルからみられてしまう可能性はあります。それでもこのレベルでガラスがあって外が見えると開放感がありますね。

※すごく注意なのが、冬場にこのタイプの部屋に泊まると、非常に寒いです。震えながら過ごすことになります。基本安普請です。断熱はあまり効いてません。そして何より空調がかの有名なレオパレス仕様。途中で切れます。寒いです。

 

 朝食は是非付けたほうが良い

少し料金を追加しても朝食はつけたほうが良いと思います。なぜかというと、「これぞ博多」というものが堪能できます。出張で地方都市に行く場合、あくまで仕事ですので、プライベートの観光のように好きな店にいって好きな名物を食べる。という事は自由にできません。今回でいえばせっかく博多に来ているのに、何も博多っぽい物食べてない!という悲しい現象が起きる可能性があります。

この朝食を食べてもらえれば、その不安は払しょくされます。博多っぽい物が網羅されています。

なんと、朝からとんこつラーメンも食べられるのです。自分で麺をゆでるタイプなので、どうぞどうぞ、バリカタでも超合金でも粉落としでもどのゆで方でもいいので好きに食べてください。ちなみに私はやわらかめが好きです。

f:id:salesconsultant:20170908124953p:plain

朝からこのようなものまで。もつ煮です。流石にもつ鍋としては提供されてませんが、博多名物の「もつ」も食べることが出来ます。

f:id:salesconsultant:20170908125028p:plain

どうですか、この油は。朝から最高です。

f:id:salesconsultant:20170908125110p:plain

写真を撮り忘れたので、全体写真からですが、「明太子」もフリーで食べることが出来ます。どうぞどうぞ、お好きな分食べてください。

f:id:salesconsultant:20170908125211p:plain

これ以外にも、うどんも食べることが出来ます。博多の〆といえば豚骨ラーメンをイメージされる方が多いですが、藪のかつ丼を食べるか、鰻を食べるか、うどんを食べる。という選択肢も有名な〆の候補です。うどんは「うろん」と発音されます。折角博多に来ているのであれば、このうろんも食べたいところです。コシを重要視する讃岐うどんとは異なり、福岡のうろんはやわらかめがデフォルトです。やわらかいほうが好きな私としては嬉しい限りです。

f:id:salesconsultant:20170908124852p:plain

もちろん、フルーツもあります。ライチは食べるのが面倒ですね。パイナップルがおいしかったです。

f:id:salesconsultant:20170908125327p:plain

コーヒーも部屋に持ち帰れるように準備されてます。この場で飲んでもいいですし、部屋で飲んでも大丈夫です。至れり尽くせりですね。うれしい気遣いです。

とにかく朝食は満足度高いと思います。部屋数の問題ですかね?時間の問題ですかね?非常に空いていて快適に朝食を食べることが出来ました。

勝手に総評

駅から徒歩3分という立地、隣がコンビニ、反対方向の隣には24時間資料印刷が出来るキンコーズという条件。そして朝食のレベルの高さ。これだけも非常に評価の高いビジネスユースに向いたホテルだと思います。今回たまたまアップグレードしてもらい部屋が広かったですが、個人的には狭めの普通の部屋でも十分です。むしろ空調に弱点があるので、狭い部屋のほうが出張族としては便利かもしれません。

本当に冬場の寒さだけ改善してくれれば、(大きい部屋じゃなければ大丈夫ですが)とても過ごしやすいホテルだと思います。

まとめ 

  • 予約が取れるようであればおすすめです。
  • 朝食もレベル高し。出張族の気持ちをよく理解してくれている。
  • 内装はしょぼさがあります。ただ、これは気になる人だけの話ですね。
  • 非常におすすめ

↓狂気。どこまで行けるか実験中。ダイヤモンドを超えるメタルに挑戦