ゆらゆら。まったり。

JALマイルの情報を!出張族の為の情報を!飛行機搭乗のお得情報を!お届けします

危うく間違えるところだった!ANA スカイコイン使うときの注意点

今回GWの旅行はことごとくJAL便に嫌われてしまっていたこともあり、AMEXのポイントを移行してのANAマイルも結構たまっていましたし、いつかは使わなければならないマイルでもありましたので、今回は珍しくANAを利用してみることにしました。 

結局は特典航空券で旅行したのですが、途中まで特典航空券が取れることに気づかず、ANAスカイコインによる決済を考えてました。AMEXから移行したANAのマイルが結構ありまして、スカイコインに変換して使ってしまおうと考えたわけです。結論を言うと、自分で情報をまとめておきながら、いつも使っているJALeJALポイントとの基本的な違いを理解しておらず「えっ」となってしまったのでその事を記しておきたいと思います。

 

 

 何が問題となったのか?

どこに引っかかったかというと、スカイコインを使える範囲です。今回の旅行は同乗者もいたのでそちらの分の旅費も私が払う予定でした。

いつものJALなら・・・

 いつもJALでeJALポイントにてこういった支払いをするときは、私の分の航空券代金にも、同乗者の航空券代金にも私のeJALポイントが充当できます。今回の費用が仮に12万円(一人6万円)、私の保有しているスカイコインが8万ポイントある場合で考えてみます。

JAL→eJALポイントの場合

  代金 eJALポイント 負担必要分
60000 -60000 0
同乗者 60000 -20000 40000

まあ簡単な話ですが、同乗者の文にも私のeJALポイントが適用できます。普通に使えるのでこれまで特に意識したこともなかったです。それが・・・

ANA→スカイコインの場合

  代金 スカイコイン 負担必要分
60000 -60000 0
同乗者 60000 0 60000

という事で、同乗者の分には基本使えません。 

 f:id:salesconsultant:20170330144426p:plain

 詳しくは↓をみてやってください

 しっかりまとめておいたのにも関わらず、初歩的な違いに気づいておりませんでした。ちなみにJALのeJALポイントも二親等以内という表現がありますが、サイト上で二親等以内であることを証明を求められることもありませんし、一緒に飛行機に複数回違う同乗者と乗ってもとがめられたことは有りません。このあたりは緩い感じがJALの良いところです。

スカイコインのほうも親族として登録したら使えそうです。親族でない人を親族として登録したらそれはそれでダメですのでご注意ください。ANAスカイコインを利用するときには対象となる金額が限られているという事をしっかりと肝に銘じて利用してください。

関連記事