ゆらゆら。まったり。

JALマイルの情報を!出張族の為の情報を!飛行機搭乗のお得情報を!お届けします

【結果】デルタ航空「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」を実際にやってみました

長崎の波佐見温泉というところに来ております。いやーー良いところですね。近くには世界的に有名な陶器の会社「白山陶器」があるのですが、私の家の食器も表参道のお店で買い揃えた白山陶器のものです。高くてビビりましたが。

 

以前に、デルタ航空の「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」に実際に応募してみました。

salesconsultant.hatenablog.com

2017/1/17に行いまして、その後どうだったかなと思いデルタ航空のサイトにアクセスると・・・

 

f:id:salesconsultant:20170122093158p:plain

加算されてました!

今回は試しに4フライト分しか送ってませんでしたので、その分である500マイル×4の2,000マイルが加算されてました。うれしす。FAX送るだけでマイルをくれるなんて最高です。

前回も書きましたが、本当に貼り付け欄が小さくて、このまま貼ってFAXしてよいのか不安になります。貼り付け欄に収めようとすると1枚しか貼れないので、流石にそれは面倒だなと思い、今回は下のように欄をはみ出して2枚貼ってFAXしました。

f:id:salesconsultant:20170122094503p:plain

結果は加算されていましたので、多少飛び出していても大丈夫のようです。

また、もう一点迷った箇所がありました。それは、出発地ー目的地の箇所です。注意書きにも書かれているのですが、この書類はすべて数字かローマ字で書いてくれとされてます。日本語で書いてしまうと加算対象になりませんので注意が必要です。その際に、この「出発地ー目的地」欄は、例えば羽田空港なら「HANEDA」と書くべきなのか、「HND」といった空港の略称でいいのか悩んだのです。結果私は略称で書きました。

(↓各空港の略称はこちらの記事で確認してください↓)

salesconsultant.hatenablog.com

羽田ー関空なら、HNDKIXといった形で書きましたが、それでOKだったというわけですね。良かった。このキャンペーンは、最下層底辺のような私だと5,000マイルで終わりです。(10フライト分) それが、シルバーメダリオンやゴールドメダリオンなら20,000マイル(40フライト分)まで加算されます。

ご存知の方が多いようにAMEXが出しているデルタアメックスカードを作ると、通常版でシルバーメダリオン、ゴールドカードだとゴールドメダリオンになることが出来ます。もう少し、詳しくメダリオン会員になるべきなのかどうかは考えてみたいと思います。